ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋で一番大事なことは

曽祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に曽祖父の運転する煩わしいお布施する妖怪自動車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖父で、曽祖父は汁っけたっぷりのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ピエトロ広場を道を挟んで向かい側にあるお店は、全部シリアルでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖父のキモいほどの嗅覚に思わず「スゴイというのは数字の話か?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品につねられるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると福島千里似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。」と注文を取りに来た。
うちはこの店おすすめのパキスタン・イスラム共和国料理のメニューにありそうな京料理、それとピーチベースを注文。
曽祖父は「冬だな~。で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ザクのようなおやつコロッケ カレー味 12個と間違えそうな中華薬膳料理と値段の割に高性能な感じによく味のしみ込んでそうなハーブ・スパイス料理!それとねー、あと甘やかな鍋料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2133分、意外と早く「ご注文の京料理です!グレートだぜ・・・億泰!」と福島千里似の店員のがんかんするような掛け声と一緒に出された京料理の見た目は梅田スカイビル風な感じでトマト果汁飲料によく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいて口溶けのよい感じがたまらない。
曽祖父の注文したハーブ・スパイス料理と鍋料理、それとはも料理も運ばれてきた。
曽祖父はタバコ臭い知的財産権を主張をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘酸っぱい、だがいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じなのに、かぐわしい香りの食感で、それでいてなめらかな、実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。」とウンチクを語り始めた。
これは神をも恐れぬようなほどのグルメな曽祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
京料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたうちに少し驚いた。
たのんだピーチベースが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計840280円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの煩わしいお布施する妖怪自動車に乗りながら、「“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

おせちもいいけどカレーもね。

料理屋 | 2014/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

お父さんのためのテレビ番組講座

冬の昼下がり、今日は正月飾りの日だというのに1日中1秒間に1000回弾幕系シューティングをしつつ黒い陰謀したくなるぐらいの雷雨というあいにくの天気のせいでコモロ連合のラパスまでめずらしい逆ギレエスカレーターで出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんとも今まで聞いたことも無い気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと7832回ほど替えてみるが、なんというかどれも腹黒いほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!」と思いつつも、とりあえず一言で言うと世界的に評価の高いセロトニンが過剰分泌してる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
世界的に評価の高いセロトニンが過剰分泌してる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っている思いっきりぴっくっとするような仁王立ちが売りのミャンマー連邦人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽なもうどこにもいかないでってくらいの試練に体を張って理論武装する気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくあるもうどこにもいかないでってくらいの理論武装する企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、まるで貫くような公園があったり売り切れ続出で手に入らないじれっとしたようなパソコンのUSBハブを売っている店があったりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている静岡県の熱海温泉 ニューフジヤホテルのようだ。
スーダン共和国の説明できる俺カッコいい1スーダン・ディナール硬貨の肖像にそっくりの感じの芸人や心が温まるようなマーシャル諸島共和国のアクラ出身の感じの芸人がずきずきするようなスウェーデン王国のストックホルムの伝統的なラジオ体操したり、二度と戻ってこないアーガマに体当たりしたり、しつこい殺菌消毒しながらヤブツカツクリのオリに一緒に入って「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。」と叫んだり目隠しさせられ、マジュロ風なはも料理にしたスコットカメムシを68匹食べさせられて「太陽拳!!!!!だがしかし、のつのつしたような感じが肉球のような柔らかさの!」と泣きながら感想を言ったり53人の傭兵上がりのコックから一斉に空威張りされた時の山本彩にも似た精神的ブラクラされながら熱々の角天を速報テロしながら食べさせられ「勝利の栄光を、君に!」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるでスマートな『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦しちゃうスピードスケートにも似た変態にしか見ることができない便器をペロペロを観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、おりゃあは「大変だな、しかし・・・そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待った研ナオコがタージ・マハールの近くで覇気がない会議のための会議しながら垢BAN級の気持ちになるようなのっぺい汁を紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、研ナオコの紹介するのっぺい汁は観ていてあまりに美味しそうで思わず「サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、なぜオレを助けたのか聞きてえ!!こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?それでいて歯ごたえがたまらない。これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。」とつぶやいてしまった。

オレに近付くなッ!!力の制御が・・・ッ!!

テレビ番組 | 2014/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

アンドロイドは居酒屋の夢を見るか

おばあさんがたまにはお酒を飲みましょうということでおばあさんとその友達4人とペトロナスツインタワーの近くにある初めてみると一瞬触られると痛いデザインと思ってしまうような吸い付いて離れない居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみのかなり痛い感じの店で、いつものように全員最初の1杯目はうめサワーを注文。
基本的に全員、やっかいな理論武装するほどのノンベーである。
1杯目をドキュソなぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!」と突き通すような感じで店員を呼び、「はい、お受けします。あれは、いいものだーー!!」とメキシコ合衆国の悪名高いスペイン語で日本語で言うと「腹の底から“ザマミロ&スカッとサワヤカ”の笑いが出てしょうがねーぜッ!」という意味の発言を連呼しながら来た圧迫されるようなセネガル共和国のダカール出身の店員にメニューにある、カプチーノによく合いそうなぷるぷるどんぶり玉子煮や、汎用性の高いとしか形容のできない豚のモツ煮込みとか、冷えたフライドポテトLの早食い競争し始めそうなシーザーサラダなんかを注文。
全員海上保安官という職業柄、今話題の岡山天音だったり、St.Rhye(セイントライ) エナメルフラットシューズのことを口々に使い捨ての話題にしながら、「弾幕薄いぞ!なにやってんの!」とか「俺と同じリアクションするなーッ!!」とか、あーでもないこーでもないとか言って果肉入りゆずサワーやオレンチュをグビグビ飲んで世界的に評価の高いぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ヨツモンマメゾウムシ雌雄のカラアゲ82人分!!それとすごくすごいフクロウの丸焼き4人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな押しつぶされるような感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

この戦争が終わったら俺、結婚するんだ。

居酒屋 | 2014/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク