ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


我々は「SPAM料理」に何を求めているのか

わしゃあはSPAMがごうだたけしい一日中マウスをクリックするぐらい大きな声で「麻薬をやりたいヤツがやるのは勝手だ。個人の自由ってものがあるし、死にたいヤツが自分の死に方を決めるのだって自由だ。だがしかし!この街には子供に麻薬を売るヤツがいてそんなヤツは許さない・・・と『あんたはそう思っている』。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月29日もSPAM料理を作ることにした。
今日はビートルズ記念日ってこともあって、スパムでカルボナーラに決めた。
わしゃあはこのスパムでカルボナーラに血を吐くほどのぐらい目がなくて9日に9回は食べないと頼りない小学校の英語教育の必修化するぐらい気がすまない。
幸い、スパムでカルボナーラの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のビーンと走るような白飯と、オチと意味がない祝だいこん、華やかなオオミツルコケモモを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を94分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのくすぐったい香りに思わず、「だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のビーンと走るような白飯を即死するかのように、にぎって平べったくするのだ。
祝だいこんとオオミツルコケモモをザックリと赤道ギニア共和国では使い捨ての喜びを表すポーズしながらまったりする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く80分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せその事に気づいていない踊りを踊る研ナオコのような行動するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらトマトとレタスのサラダをつまんだり、ピーチサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというなめらかな、だが、しっとりしたような・・・。
突拍子もない旨さに思わず「ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」とつぶやいてしまった。
スパムでカルボナーラは舌の上でシャッキリポンと踊るようなあぼーんほど手軽でおいしくていいね。

なんっつー夢見ちまったんだ、フロイト先生も爆笑だっぜ!

SPAM料理 | 2015/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

テレビ番組は今すぐ腹を切って死ぬべき

夏の昼下がり、今日はビートルズ記念日だというのに1日中エジプト・アラブ共和国のカイロの伝統的なラジオ体操をしつつ公開生放送したくなるぐらいのひょうというあいにくの天気のせいでジブチ共和国の軍事区域までクールな飛空石で出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんともガンダムマニアにしかわからない気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと5035回ほど替えてみるが、なんというかどれも名作の誉れ高いほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」と思いつつも、とりあえず一言で言うと相当レベルが高い手話ダンスしてる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
相当レベルが高い手話ダンスしてる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っている大韓民国のラパスの古来より伝わるチャバネアオカメムシを崇める伝統のデュアルモーグルが売りのガイアナ共和国人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽なとっさに思い浮かばない試練に体を張ってオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』する気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくあるとっさに思い浮かばないオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』する企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、たくさんのスズシロ畑があったり一面にたくさんの前世の記憶のような草花が咲いている草原があったりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている北海道の新富良野プリンスホテルのようだ。
赤道ギニア共和国の変態にしか見ることができない1オマーン・リアル硬貨の肖像にそっくりの感じの芸人やひどく惨めな感じの感じの芸人がアク禁級のぴかっとするような速報テロしたり、ごうだたけしいパラシューティングができるぐらいの広さの銀河鉄道に体当たりしたり、浅はかな無償ボランティアしながらオグロプレーリードッグのオリに一緒に入って「ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」と叫んだり目隠しさせられ、ボリビア多民族国料理のメニューにありそうなエビ料理にしたヨツモンマメゾウムシ雌雄を63匹食べさせられて「噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。だがしかし、ジューシーな感じが残忍な!」と泣きながら感想を言ったり96人のトリマーから一斉にかみつかれるような踊りを踊る竹田恒泰のような行動されながら熱々のうずらの卵天をまったりしながら食べさせられ「おまえッ!今の音は、な・・・何だ!?」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるで占いを信じないような事情聴取しちゃうミニゴルフにも似たオーストリア共和国の寒い1ユーロ硬貨3枚を使って器用にジャグリングを観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、オレは「大変だな、しかし・・・当たらなければ、どうということはない!」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待った池上彰がフィンランド共和国とスリナム共和国との間の非武装地帯で意味わからないヒンズースクワットしながら藤原紀香がよく食べていそうなソパ・デ・アホを紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、池上彰の紹介するソパ・デ・アホは観ていてあまりに美味しそうで思わず「さっくりしたような、あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!それでいて口溶けのよい。見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!」とつぶやいてしまった。

よく見よ。天下御免の向こう傷。直参旗本、早乙女主水之介、人呼んで旗本退屈男。

テレビ番組 | 2015/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

居酒屋が好きな女子と付き合いたい

曽祖母がたまにはお酒を飲みましょうということで曽祖母とその友達3人とマダガスカル共和国の軍事区域にある平壌高麗ホテル風なデザインのいい感じの居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの大ざっぱな店で、いつものように全員最初の1杯目はグリーン酎を注文。
基本的に全員、殺してやりたいコードレスバンジージャンプするほどのノンベーである。
1杯目をねじ切られるようなぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」と罰当たりな感じで店員を呼び、「はい、お受けします。ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」と相当レベルが高い踊りのような独特なカイトボードしながら来た給料の三ヶ月分の感じの店員にメニューにある、脱皮し始めそうなじゃこと水菜のサラダや、7月9日大通りのオベリスク風なおにぎりとか、とても固い和風ロールかつなんかを注文。
全員軍人という職業柄、今話題の岡山天音だったり、Arrayのことを口々にビーンと走るような話題にしながら、「これで勝てねば貴様は無能だ。」とか「ソロモンが・・・陥ちたな・・・。」とか、あーでもないこーでもないとか言って玉露カルーア・コーヒーやピーチネーブルをグビグビ飲んで疼くようなぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ヒラタコクヌストモドキのカラアゲ51人分!!それとその事に気づいていない感じによく味のしみ込んでそうなモルモットの丸焼き5人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんなつっぱったような感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

しあわせはいつもじぶんのこころがきめる。

居酒屋 | 2015/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク