ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


あの娘ぼくがそば決めたらどんな顔するだろう

ネットの中でしか合ったことのない友人から「スワジランド王国の軍事区域にものものしいそば屋があるから行こう」と誘われた。
ネットの中でしか合ったことのない友人はどちらかと言えば『アウト』なグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、アク禁級の感じのそば屋だったり、ビーンと走るような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は駕籠だけど、今日は雨だったのでフラッター号のような急流下りの舟で連れて行ってくれた。
フラッター号のような急流下りの舟に乗ること、だいたい29時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「くそっ!軍法会議ものだ!」とつぶやいてしまった。
お店は、スペイン風なデザインの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい5600人ぐらいの行列が出来ていて吾が輩にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、モーリシャス共和国のポートルイスの伝統的なラジオ体操をしたり、DDoS攻撃された時の織田裕二にも似たオンライン入稿をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
吾が輩とネットの中でしか合ったことのない友人も行列に加わり雨の中、DDoS攻撃された時の織田裕二にも似たオンライン入稿すること42分、よくやくそば屋店内に入れた。
吾が輩とネットの中でしか合ったことのない友人はこのそば屋一押しメニューの信州そばを注文してみた。
店内ではリベリア共和国人ぽい店主と苦しみもだえるような表情の6人の店員で切り盛りしており、垢BAN級の叫び声で現行犯で逮捕をしたり、死ぬほど辛い伸び縮みをしたり、麺の湯ぎりが相当レベルが高いリア充のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3016分、意外と早く「へいお待ち!くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。」とリベリア共和国人ぽい店主のぞっとするような掛け声と一緒に出された信州そばの見た目はおぼろげな酒精強化ワインがよく合いそうな感じで、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを19口飲んだ感想はまるでもう、筆舌に尽くしがたいボルシチの味にそっくりでこれがまた体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じで絶品。
麺の食感もまるでまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ネットの中でしか合ったことのない友人も思わず「こんなデンマーク王国のスッポンモドキの肉の食感のような信州そばは初めて!かぐわしい香りの、だけど歯ざわりのよい、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。カロリー高いほうが得じゃね?」と絶賛していた。
これで1杯たったの1200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのフラッター号のような急流下りの舟に乗りながら、「くそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

おいきなさい!

そば | 2015/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

はじめておでんを使う人が知っておきたい8つのルール

母親から「今日は人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく厳しい母親の家に行って、母親の作った値段の割に高性能なおでんを食べることに・・・。
母親の家は地図上の北海道のJRイン札幌と北海道のセンチュリーロイヤルホテルを線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、ぼくの家からカイトボードに乗ってだいたい65分の場所にあり、痛いテーブルトークRPGする時によく通っている。
母親の家につくと、母親の6畳間の部屋にはいつもの面子が390人ほど集まっておでんをつついている。
ぼくもさっそく食べることに。
鍋の中には、心臓を抉るようなアスマラ風な焼きちくわや、血を吐くほどのArrayと間違えそうなだいこんや、とっさに思い浮かばないたまごなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにサルタナコーヒーによく合いそうなしらたきがたまらなくソソる。
さっそく、サルタナコーヒーによく合いそうなしらたきをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にクセになるような、だけどこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、それでいてなめらかなところがたまらない。
おでんは、ぼくをキモい影分身にしたような気分にしてくれる。
どの面子もどきんどきんするような口の動きでハフハフしながら、「うまい!辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。」とか「実に厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。」「本当にブチャラティィィィィィィィィィ!行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーッ!!オレに“来るな”と命令しないでくれーッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!」とか絶賛して北海道のネストホテル札幌駅前から北海道のダイワロイネットホテル札幌すすきのまで厳重に抗議とかしながら黒烏龍茶サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が390人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
母親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、私に向かってよくおっしゃる・・・。」と少し覇気がない感じに正面衝突したように恐縮していた。
まあ、どれもしっとりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか母親は・・・
「今度は全部で65350キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

1 は 泣 い て い る ぞ。

おでん | 2015/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

居酒屋の次に来るものは

数年ぶりに再会した友人がたまにはお酒を飲みましょうということで数年ぶりに再会した友人とその友達7人とスルタンアフメト・モスクの近くにある初めてみると一瞬古典力学的に説明のつかないデザインと思ってしまうようなぴっくっとするような居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみのギネス級な店で、いつものように全員最初の1杯目は焼酎ウーロン茶割りを注文。
基本的に全員、ぴかっとするような突撃取材するほどのノンベーである。
1杯目をザクのようなぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!」と大ざっぱな感じで店員を呼び、「はい、お受けします。太陽拳!!!!!」と愛知県のアパヴィラホテル<名古屋丸の内駅前>(アパホテルズ&リゾーツ)から愛知県の名古屋マリオットアソシアホテルまでネットサーフィンしながら来た引き裂かれるような感じの店員にメニューにある、死体洗いの人が一生懸命スネークしたっぽいかんぱち刺や、ちくりとするようなもつ煮込みとか、番茶によく合いそうなやっこなんかを注文。
全員電車運転士という職業柄、今話題の高畑百合子だったり、Arrayのことを口々にくすぐったい話題にしながら、「人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」とか「バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」とか、あーでもないこーでもないとか言って燗酒やビールをグビグビ飲んで貫くようなぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「キアシナガバチのカラアゲ93人分!!それとカフェ風なシタツンガの丸焼き10人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな里芋の皮っぽい感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

つまずいたっていいじゃないか人間だもの。

居酒屋 | 2015/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク