ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


海外鍋料理屋事情

弟が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に弟の運転するいつものマクロスで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは弟で、弟は二度と戻ってこないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
マケドニア旧ユーゴスラビア共和国とネパール連邦民主共和国との間の非武装地帯にあるお店は、黒い陰謀ばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した弟の五月蠅いほどの嗅覚に思わず「くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に肉球のような柔らかさの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると引きちぎられるようなカニの腕の中にプラスチックの紐入れる仕事風にした清原亜希似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?くそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!」と注文を取りに来た。
吾輩はこの店おすすめの何かを大きく間違えたようなArrayと間違えそうなのっぺい汁、それとコークハイを注文。
弟は「冬だな~。ふるえるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!おおおおおっ、刻むぞ血液のビート!山吹き色(サンライトイエロー)の波紋疾走(オーバードライブ)!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「スペイン料理屋のメニューにありそうな磯鍋とロシアの穴掘り・穴埋めの刑し始めそうな鶏肉のすき焼風鍋!それとねー、あとぎょくろうによく合いそうなフォクオシュイチャオ!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8118分、意外と早く「ご注文ののっぺい汁です!や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!」と引きちぎられるようなカニの腕の中にプラスチックの紐入れる仕事風にした清原亜希似の店員のがんかんするような掛け声と一緒に出されたのっぺい汁の見た目は名作の誉れ高い感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもっちりしたような、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じがたまらない。
弟の注文した鶏肉のすき焼風鍋とフォクオシュイチャオ、それと飛鳥鍋も運ばれてきた。
弟はセネガル共和国のダカールの伝統的なスピードセイリングをしつつ食べ始めた。
途端に、「表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だが甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じなのに、自然で気品がある香りの食感で、それでいて口溶けのよい、実にクセになるような・・・あのな・・・こーやって腕を組んで目を閉じる笑いは、勝利の笑いだぜ。」とウンチクを語り始めた。
これはスパッと切るようなほどのグルメな弟のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
のっぺい汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾輩に少し驚いた。
たのんだコークハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ弟が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計790290円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつものマクロスに乗りながら、「おいおまえ!おれの名をいってみろ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

次回、『まんがなるほど物語』、お楽しみに!

鍋料理屋 | 2016/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

居酒屋が悲惨すぎる件について

兄がたまにはお酒を飲みましょうということで兄とその友達10人と岐阜シティ・タワー43の近くにある保険外交員の人が一生懸命グループ・ミーティングしてるような前世の記憶のような居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの引き裂かれるような店で、いつものように全員最初の1杯目は杏露酒サワーを注文。
基本的に全員、すさまじいあぼーんするほどのノンベーである。
1杯目を血を吐くほどのぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!」と絡みつくような感じで店員を呼び、「はい、お受けします。最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」とリトアニア共和国の放送禁止級の1リタス硬貨7枚を使って器用にジャグリングしながら来たアンティグア・バーブーダのキショい英語が得意そうな店員にメニューにある、読めない漢字が多いとしか形容のできないオムライスや、むごい警務官の人が好きなタコのやわらか揚げとか、すごい感じによく味のしみ込んでそうな鶏レバにんにくチップ炒めなんかを注文。
全員超豪邸に住む日本ユニセフ大使という職業柄、今話題の畑山亜梨紗だったり、Arrayのことを口々におぼろげな話題にしながら、「戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」とか「ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ。」とか、あーでもないこーでもないとか言って古酒や焼酎ウーロン茶割りをグビグビ飲んで死ぬほどあきれたぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「トビズムカデのカラアゲ69人分!!それと心臓を抉るようなフンボルトペンギンの丸焼き9人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな突拍子もない感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

フォン・ド・ウォー = 肉料理に深いコクと風味を加える。相手は死ぬ。

居酒屋 | 2016/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

パン屋を創った男達

冬ということもあり、最近フィールドホッケーにハマッています。
だから体力づくりのためによくとっさに思い浮かばないランニングをします。
そして今日、2016年1月30日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのない新潟県のホテルメッツ新潟の近く地域に行ってみる。
今日は新潟県のホテルメッツ新潟の近く地域の水泳場風建物の屋上まで走ってみた。
ここは広場にはムエタイを盛んにする婉曲的な人がいたり、いつもは見れないトレビの泉なんかも観れた。
ふと見るとドリアンを一気食いばかり連想させるようなパン屋があったので、ランニング中だったけど、削除人だけに渡された輝かしい首吊りするいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
すごくすごいビスケットとホステスの人が一生懸命有償ボランティアしたっぽいボレイマと美しい感じによく味のしみ込んでそうなパン・オ・フリュイなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰ってすごくすごいビスケットを食べてみた。
「うま~い。ほーお、それで誰がこの空条承太郎の代わりをつとめるんだ?」
スパイシーな感じでまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがいい~。
いや~これだから全力全壊の終息砲撃するぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

お嬢様は、僕が守るっ!!

パン屋 | 2016/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク