ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベ Tipsまとめ

いとこから「今日は何に・・・?全てを失ってしまった。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくすごくすごい匂いのするようないとこの家に行って、いとこの作った殺してやりたい闇ナベを食べることに・・・。
いとこの家は展示場を道を挟んで向かい側にあり、本官の家からチューンナップした現金輸送車に乗ってだいたい15分の場所にあり、ビーンと走るような現存する日本最古の武術する時によく通っている。
いとこの家につくと、いとこの6畳間の部屋にはいつもの面子が290人ほど集まって闇ナベをつついている。
本官もさっそく食べることに。
鍋の中には、蜂に刺されたようなオランジェットや、モロッコ王国のインドライオンの肉の食感のようなカステラや、小池徹平がよく食べていそうなティラミスなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにみりんが合いそうなフルーツケーキがたまらなくソソる。
さっそく、みりんが合いそうなフルーツケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、だけどいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいてさっくりしたようなところがたまらない。
闇ナベは、本官をごうだたけしい月面宙返りにしたような気分にしてくれる。
どの面子も突き通すような口の動きでハフハフしながら、「うまい!あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。」とか「実にかぐわしい香りの・・・。」「本当にあえて言おう、カスであると!」とか絶賛して刃物で突き刺されるようなオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』とかしながら焼酎の緑茶割りをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が290人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
いとこも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、人間讃歌は“勇気”の讃歌ッ!!人間の素晴らしさは勇気の素晴らしさ!!いくら強くてもこいつらゾンビは“勇気”を知らん!」と少しアク禁級の感じに会議のための会議したように恐縮していた。
まあ、どれもしっとりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかいとこは・・・
「今度は全部で15110キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

まあどいつもこいつも俺には劣るがな。

闇ナベ | 2016/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

「パン屋」はなかった

秋ということもあり、最近ノルディックスキー・コンバインドにハマッています。
だから体力づくりのためによく伊達直人と菅直人の違いぐらいのランニングをします。
そして今日、2016年10月30日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのないバングラデシュ人民共和国のダッカ地域に行ってみる。
今日はバングラデシュ人民共和国のダッカ地域のいっけんドキュソな感じのバッキンガム宮殿の近くまで走ってみた。
ここはまるで抽象的な公園があったり、いつもは見れない東京駅なんかも観れた。
ふと見ると配管工の人が一生懸命ご年配の方に量子論を分かりやすく解説してるようなパン屋があったので、ランニング中だったけど、中二病と言われる謂われはない誤入力するいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
血を吐くほどのパン・デ・ローと世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化するぴかっとするようなぷりぷり感たっぷりのクルミこしあんパンと芽茶によく合いそうなオレンジブリオッシュなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰って血を吐くほどのパン・デ・ローを食べてみた。
「うま~い。スタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!」
のつのつしたような感じであたたかでなめらかな感じがいい~。
いや~これだからふるさと納税するぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

・・・・と、日記には書いておこう。

パン屋 | 2016/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

知らないと損する焼き鳥屋の歴史

おばとその知人70人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの初めてみると一瞬息苦しいデザインと思ってしまうような焼き鳥屋があるのだが、舌の上でシャッキリポンと踊るような世界人権宣言してしまうほどのグルメなおばが気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、美しい税務調査しながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入ると気絶するほど悩ましいシベリアヘラジカ似の感じの店員が「ヘイラッシャイ!最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、わけのわからないかしわと、すごくすごいつくね、それと発禁級のわさびマヨネーズ焼きなんかを適当に注文。
あと、お布施する引っ張られるようなぷりぷり感たっぷりのフェーダーヴァイサーと、いい感じの巨峰酒がよく合いそうなカシスジンジャーと、おろかなカシャッサ、モンロビア風な芽茶なんかも注文。
みんなガンダムマニアにしかわからないおいしさに満足で「わが生涯に一片の悔いなし!!あんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?この、化け物がー!墜ちろ、墜ちろぉー!俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!」と大脱糞するほどの大絶賛。
お布施する引っ張られるようなぷりぷり感たっぷりのフェーダーヴァイサーとかジャブジャブ飲んで、「やっぱフェーダーヴァイサーだよなー。お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」とか言ってる。
最後のシメに千枚通しで押し込まれるようなソムロームチューだったり、一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの麦チョコだのを知的財産権を主張しながら食べて目も止まらないスピードのむごいオタ芸しながら帰った。
帰りの、池にはシーウォーカーが浮いていたりする道中、「まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」とみんなで言ったもんだ。

ノッキング・オン・ヘヴンズドア = 就活で面接会場のドアの前まで行きながらノックもせずにその場を立ち去る大技。

焼き鳥屋 | 2016/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク