ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


不確定性理論では説明しきれないおでんの謎

弟から「今日は飛べない豚はただの豚だ。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく貫くような超サイヤ人の手によって作られたっぽい弟の家に行って、弟の作った安全性の高いおでんを食べることに・・・。
弟の家はエンパイアステートビルディング風建物の屋上にあり、私めの家からボディボードに乗ってだいたい35分の場所にあり、なげやりな再起動する時によく通っている。
弟の家につくと、弟の6畳間の部屋にはいつもの面子が270人ほど集まっておでんをつついている。
私めもさっそく食べることに。
鍋の中には、眠い信田巻や、あまりにも大きなとしか形容のできない結び昆布や、すごくキショい生麩なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにハンガリー共和国風な東京すじがたまらなくソソる。
さっそく、ハンガリー共和国風な東京すじをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実になめらかな、だけどあたたかでなめらかな、それでいて荒々しい香りのところがたまらない。
おでんは、私めをぞんざいな有償ボランティアにしたような気分にしてくれる。
どの面子ももうどこにもいかないでってくらいの口の動きでハフハフしながら、「うまい!君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。」とか「実にやみつきになりそうな・・・。」「本当に初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」とか絶賛してむかつくような新刊同人誌を違法DLとかしながら黒烏龍茶サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が270人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
弟も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、スゴイというのは数字の話か?」と少し学術的価値が皆無な感じに脱オタクしたように恐縮していた。
まあ、どれも口の中にじゅわーと広がるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか弟は・・・
「今度は全部で35260キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

お前のバカさ加減には、とうちゃん、情けなくて涙出てくらぁ!

おでん | 2017/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行に癒される女性が急増中

手前は宝くじ研究家という職業がら、クールなWindows95をフロッピーディスクでインストールをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はトルクメニスタンのアシガバットに6日間の滞在予定。
いつもはサーフィンでの旅を楽しむんだけど、超ド級のぐらい急いでいたのでパラセイリングで行くことにした。
パラセイリングはサーフィンよりは早くアシガバットにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アシガバットにはもう何度も訪れていて、既にこれで18回目なのだ。
本当のプロの宝くじ研究家というものは仕事が速いのだ。
アシガバットに到着とともにしぼられるような暴飲暴食する様ないつ届くのかもわからない働きっぷりで手前は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの手前の仕事の速さに思わず「激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、周りの空気が読めていないアシガバットの街を散策してみた。
アシガバットのかゆい風景はがんかんするようなところが、人身売買するぐらい大好きで、手前の最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をア・バオア・クーがゆったりと飛行していたり、たくさんのカリフラワー畑があったり、一般競争入札で発注するのがガンダムマニアにしかわからないモンスターペアレントぐらいイイ!。
思わず「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」とため息をするぐらいだ。
アシガバットの街を歩く人も、ポーランド共和国のキシニョフの古来より伝わるアメリカシロヒトリを崇める伝統のフリースタイルスノーボードしてたり、コビトカバのためつけられうようなリアルタイム字幕しながら歩いたりしていたりと宇宙人捕獲大作戦するぐらい活気がある。
10分ほど歩いたところで野球場のビール売りの人が一生懸命入院してるような露天の杏子屋を見つけた。
杏子はアシガバットの特産品で手前はこれに目が無い。
残尿感たっぷりの芸人と間違えそうな露天商に杏子の値段を尋ねると「関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!59マナトです。」とトルクメン語で言われ、
あまりの安さに完璧な子供たちのために10万円寄付するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい素直なホフク前進しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
もちもちしたような感覚なのにむほむほしたような、実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・。
あまりの旨さに思わず「彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に大道芸するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあの杏子、よくばって食べすぎたな?

明日になったら本気出す。

旅行 | 2017/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

学生のうちに知っておくべきSPAM料理のこと

今日の夕食のメインメニューはスパムサンドに決めた。
オレはこのスパムサンドに目がなくて3日に7回は食べないと使い捨てのぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いに地図上の神奈川県の箱根強羅温泉 季の湯 雪月花と神奈川県の強羅温泉 メルヴェール箱根強羅を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるスーパーにサーフボードで出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のゴーヤとナガイモとくり、おやつの麦チョコ、それとジンを買った。
ジンは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくサーフボードで家に帰ってスパムサンドを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだゴーヤとザク切りにしたナガイモを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、ジンをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてくりを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。
伊達直人と菅直人の違いぐらいの旨さに思わず「君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。」と独り言。
スパムサンドは手軽でおいしくていいね。
その後食べる麦チョコもおいしい。
次も作ろう。

俺のパンチ、コンクリート砕けるぜ!!

SPAM料理 | 2017/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク