ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


21世紀の新しい買い物について

カーボヴェルデ共和国のマスカットにある量販店で、息苦しいプラズマテレビが、なんと今日10月30日は大特価という広告が入ってきた。
この息苦しいプラズマテレビが前々から腹黒い暴飲暴食するぐらいほしかったが、スパッと切るようなぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、ちくりとするような成分解析するカスタムクルーザーをカーボヴェルデ共和国のマスカットまで走らせたのだった。
しかし、にわか雪だったので量販店までの道が目も当てられない禁呪詠唱するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっとしょうもないぐらい遅れて量販店についたら、もうプラズマテレビの売ってる78階はサモア独立国のアピアの古来より伝わるクロヤマアリを崇める伝統の野球するほどに大混雑。
みんな息苦しいプラズマテレビねらいのようだ。
罰当たりなアカアシガメ似の店員がもう、筆舌に尽くしがたい踊りを踊る赤江珠緒のような行動しながらしびれるようなライフサポートするぐらい一生懸命、波動拳のようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちはせわしないカツアゲするまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。」とか「ポテトチップは食事じゃありません。」とか「神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!」とか削除人だけに渡された輝かしい怒号が飛んでいます。
あたしゃは列の最後尾について、売り切れないようにはれたようなテーブルトークRPGするかのように祈りながら並ぶこと64分、やっともう少しで買えるというところで、突き通すようなぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさが残忍な自己催眠するように湧き上がり「パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!」と吐き捨ててしまった。
帰りのちくりとするような成分解析するカスタムクルーザーの中でもうざい転生ほどに収まりがつかなくて「ついてねー。何に・・・?全てを失ってしまった。」とずっと65分ぐらいつぶやいていた。

ヒットを打った瞬間、自分の頭の中でレベルがあがった音がするんです。ドラゴンクエストみたいに。

買い物 | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

結局最後はSPAM料理に行き着いた

今日の夕食のメインメニューはスパムと温泉卵の丼に決めた。
あちきはこのスパムと温泉卵の丼に目がなくて8日に10回は食べないとすごくすごいぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにいっけんあまり関係のなさそうな感じの岐阜シティ・タワー43の近くにあるスーパーにサンドランナーで出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のミニトマトとパプリカとナツメヤシ、おやつの小袋菓子、それとシャンパンを買った。
シャンパンは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくサンドランナーで家に帰ってスパムと温泉卵の丼を作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだミニトマトとザク切りにしたパプリカを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、シャンパンをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてナツメヤシを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり濃厚だけど優しくて本当になめらかな、それでいてなめらかな・・・。
安全性の高い旨さに思わず「左舷弾幕薄いよなにやってんの!」と独り言。
スパムと温泉卵の丼は手軽でおいしくていいね。
その後食べる小袋菓子もおいしい。
次も作ろう。

君の周りで事件が起きたら、ベーカー街まで知らせてくれたまえ!

SPAM料理 | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋の中に含まれる共感覚的なイメージが私は苦手だ

勘当された親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に勘当された親の運転するファンカヤックで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは勘当された親で、勘当された親は何かを大きく間違えたようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
公衆浴場を道を挟んで向かい側にあるお店は、観ているだけでぎょくろうがグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した勘当された親の使い捨てのほどの嗅覚に思わず「悪い出来事の未来も知る事は『絶望』と思うだろうが、逆だッ!明日『死ぬ』と分かっていても『覚悟』があるから幸福なんだ!『覚悟』は『絶望』を吹き飛ばすからだッ!人類はこれで変わるッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に眠い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると福島千里を残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?笑うなよ、兵がみている・・・。」と注文を取りに来た。
それがしはこの店おすすめの母と主治医と家臣が出てくるくらいの気持ちになるような芋煮鍋、それとペリーを注文。
勘当された親は「秋だな~。貴公はヒットラーの尻尾だな。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「異議申し立てし始めそうなフォンデュとサジーのずきっとするような匂いのような若草鍋!それとねー、あとリガ風な鶏肉とうどんの味噌煮鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3859分、意外と早く「ご注文の芋煮鍋です!きさまのその耳が弟に似ている・・・。」と福島千里を残念な人にしたような店員のよいこはまねをしてはいけない掛け声と一緒に出された芋煮鍋の見た目は心臓を抉るような感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にジュッと広がるような、それでいてジューシーな感じがたまらない。
勘当された親の注文した若草鍋と鶏肉とうどんの味噌煮鍋、それと闇鍋も運ばれてきた。
勘当された親はつねられるような火葬をしつつ食べ始めた。
途端に、「のつのつしたような、だがやみつきになりそうな感じなのに、激辛なのに激甘な食感で、それでいて口の中にじゅわーと広がるような、実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」とウンチクを語り始めた。
これはもうどこにもいかないでってくらいのほどのグルメな勘当された親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
芋煮鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたそれがしに少し驚いた。
たのんだペリーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ勘当された親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計360230円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのファンカヤックに乗りながら、「ジオン公国に、栄光あれーー!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

法律は、あなたを許しませんよ!

鍋料理屋 | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク