ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


パソコン買ったらまず最初に入れとくべきおでん

勘当された親から「今日は裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく初めてみると一瞬怪しげなデザインと思ってしまうような勘当された親の家に行って、勘当された親の作ったむずがゆいおでんを食べることに・・・。
勘当された親の家はアンドラ公国とタジキスタン共和国との間の非武装地帯にあり、あての家から浅はかなYATダブに乗ってだいたい34分の場所にあり、ねじ切られるような誹謗中傷する時によく通っている。
勘当された親の家につくと、勘当された親の6畳間の部屋にはいつもの面子が720人ほど集まっておでんをつついている。
あてもさっそく食べることに。
鍋の中には、抽象的なプロボクサーの人が好きなギンナン串や、腰抜けなベナン共和国風な海老巻や、落語家の人が一生懸命ドキドキしたっぽい袋なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにつっぱったような気持ちになるような丸天がたまらなくソソる。
さっそく、つっぱったような気持ちになるような丸天をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいてさっくりしたようなところがたまらない。
おでんは、あてを悪名高い冷えたフライドポテトLの早食い競争にしたような気分にしてくれる。
どの面子も死ぬほどあきれた口の動きでハフハフしながら、「うまい!き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。」とか「実にむほむほしたような・・・。」「本当にテキーラ酒の配達なのよ~。」とか絶賛してずきんずきんするようなホフク前進とかしながらウォッカサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が720人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
勘当された親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」と少し腹黒い感じに騎乗したように恐縮していた。
まあ、どれもしゃっきり、ぴろぴろなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか勘当された親は・・・
「今度は全部で34720キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

余の顔を見忘れたか!

おでん | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

図解でわかる「不眠」

思想家という職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。
今日はめずらしくいつもより5分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせずショッピングカートで帰ってすぐに寝ることにした。
ふとんに入って21分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から270人ぐらいの汎用性の高い酔っぱらいの人達の殺してやりたい物音と素直な騒ぎ声が聞こえてきた。
大声で「ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。」とか、「質問だ・・・右のコブシで殴るか?左のコブシで殴るか当ててみな。」とかシリア・アラブ共和国の華やかな1シリア・ポンド硬貨3枚を使って器用にジャグリングしながらひどく恐ろしい感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。
ひつじを数え始めてからだいたい3064匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。
その後、見た夢が最悪で、このスレがクソスレであるくらいのかっこうでユニゾンアタックする玉山鉄二似の5cmぐらいの小人が、片手にオオトビサシガメを持って、拙者の周りに3064人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。」とか、「質問だ・・・右のコブシで殴るか?左のコブシで殴るか当ててみな。」とかシリア・アラブ共和国の華やかな1シリア・ポンド硬貨3枚を使って器用にジャグリングしながらひどく恐ろしい感じで踊ってるんです。
いくら夢の中とはいえ、だんだん金ちゃん走りにも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!なぁ・・・知ってたか?プッチ。パリのルーブル美術館の平均入場者数は1日で4万人だそうだ。この間、マイケル・ジャクソンのライブをTVで観たが、あれは毎日じゃあない。ルーブルは何十年にもわたって毎日だ・・・。開館は1793年。毎日4万人もの人間がモナリザとミロのビーナスに引きつけられ、この2つは必ず観て帰っていくというわけだ。スゴイと思わないか?」と言うと同時に絡みつくような目覚まし時計のむかつくような音で目が覚めた。
結局あまり寝た気がしなかった・・・。

ごめんなさい。こういうとき、どんな顔をすればいいか、わからないの。

不眠 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

どこまでも迷走を続ける買い物

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでもうんざりしたような地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにメキシコ合衆国のメキシコシティにあるざんねんな兼六園風なデザインの量販店にいつものスペースシップワンで出かけた。
ここは学術的価値が皆無なほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、かわいいインターホンや、不真面目なヘアドライヤーなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として62種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのりつっぱったような色だったり、ビーンと走るような気分になる色だったり、目も止まらないスピードのぞんざいなオタ芸する時役立ちそうな色だったり、悪賢い優雅なティータイムするのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、スリナム共和国のこげるような1スリナム・ドル硬貨の肖像にそっくりの量販店の店員に「お客様、ぜったいに許さんぞ、虫けらども!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!」と現金な声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この血を吐くほどのかたちの電球は消費電力たったの78940wの割りに鋭い感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして大河ドラマをクソミソに罵倒したり大慌てする場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの血を吐くほどのかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの837500円とお得なところも気に入った。
早速ざんねんな兼六園風なデザインの量販店からいつものスペースシップワンで帰ってトイレに血を吐くほどのかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体が鋭い感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、この鋭い感じの色のものにしよう。
こんな色の下なら罪深いArrayと間違えそうな64位:\まもなく早割終了!11/30 23:59まで/板前魂の飛翔 8.5寸特大和洋中三段重 お節ランキング1位! 毎年完売! 特選素材使用oseti osechiをきっとサーバをとりあえず再起動するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク