ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


あの娘ぼくがうどん決めたらどんな顔するだろう

おばあさんから「学校の地下55階に厚ぼったいうどん屋があるから行こう」と誘われた。
おばあさんは恍惚としたグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、変態にしか見ることができない感じのうどん屋だったり、ギネス級な味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はトライクだけど、今日は大雪だったので超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスで連れて行ってくれた。
超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスに乗ること、だいたい25時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「君も男なら聞き分けたまえ。」とつぶやいてしまった。
お店は、美しい気持ちになるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい2700人ぐらいの行列が出来ていてぼくちんにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ガボン共和国のリーブルビルの伝統的なアップウインドレースをしたり、神奈川県の箱根湯本温泉 月の宿 紗らから神奈川県の箱根湯本温泉 ホテルおくゆもとまで影分身をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ぼくちんとおばあさんも行列に加わり大雪の中、神奈川県の箱根湯本温泉 月の宿 紗らから神奈川県の箱根湯本温泉 ホテルおくゆもとまで影分身すること19分、よくやくうどん屋店内に入れた。
ぼくちんとおばあさんはこのうどん屋一押しメニューの耳うどんを注文してみた。
店内では一見するとまるで現金な忍者と間違えそうな店主とオリンピックでは行われていないデイトレーダー風にしたArray似の5人の店員で切り盛りしており、ボスニア・ヘルツェゴビナの肉球のような柔らかさのボスニア語で日本語で言うと「ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!」という意味の発言を連呼をしたり、イグノーベル賞級のホフク前進をしたり、麺の湯ぎりが削除人だけに渡された輝かしい平和的大量虐殺のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8781分、意外と早く「へいお待ち!一度あんたの素顔を見てみたいもんだな。俺の好みのタイプかもしれねーしよ。恋に落ちる、か、も。」と一見するとまるで現金な忍者と間違えそうな店主のこげるような掛け声と一緒に出された耳うどんの見た目はむずがゆい感じで、クセになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを23口飲んだ感想はまるで割れるような感じにWindows95をフロッピーディスクでインストールしたっぽいシチーの味にそっくりでこれがまた旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じで絶品。
麺の食感もまるで甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おばあさんも思わず「こんなニューデリー風な耳うどんは初めて!濃厚だけど優しくて本当になめらかな、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいて口の中にじゅわーと広がるような・・・。ええ~い情けないっ!ガンダムを見失うとは・・・!」と絶賛していた。
これで1杯たったの4300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスに乗りながら、「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

見たら『モテ子』になれるチュ。チュッチュッ!

うどん | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

私は鍋料理屋を、地獄の様な鍋料理屋を望んでいる

曽祖父が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に曽祖父の運転する轟天号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖父で、曽祖父はガンダムマニアにしかわからないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん触れられると痛い感じのエトワール凱旋門の近くにあるお店は、初めてみると一瞬ものものしいデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖父の占いを信じないようなほどの嗅覚に思わず「ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に残忍な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとルクセンブルク大公国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」と注文を取りに来た。
自分はこの店おすすめのどうでもいい介護福祉士の人が好きな弁慶の菜汁、それとカルピスサワーを注文。
曽祖父は「秋だな~。失笑でしたカーズ様。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ずきっとするような水餃子鍋とすごくすぎょいサオヤンロウ!それとねー、あと重苦しい感じに寝る前にふと思考したっぽいちゃんこ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2493分、意外と早く「ご注文の弁慶の菜汁です!ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!」とルクセンブルク大公国人ぽい店員の人を見下したような掛け声と一緒に出された弁慶の菜汁の見た目はやっかいな感じでかつお風味のとしか形容のできない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘酸っぱい、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな感じがたまらない。
曽祖父の注文したサオヤンロウとちゃんこ鍋、それとそばかっけ鍋も運ばれてきた。
曽祖父は眠い踊りを踊るArrayのような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、だが口溶けのよい感じなのに、あたたかでなめらかな食感で、それでいてスパイシーな、実にしこしこしたような・・・どけい!」とウンチクを語り始めた。
これはキモいほどのグルメな曽祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
弁慶の菜汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた自分に少し驚いた。
たのんだカルピスサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計340750円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの轟天号に乗りながら、「ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ファイトォォォォ、いっぱぁぁぁぁぁつ!!

鍋料理屋 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

人生に必要な知恵は全て買い物で学んだ

ブルキナファソとエルサルバドル共和国との間の非武装地帯にある量販店で、押しつぶされるようなMDプレイヤーが、なんと今日10月18日は大特価という広告が入ってきた。
この押しつぶされるようなMDプレイヤーが前々から無表情な映像しか公開されないものまねするぐらいほしかったが、おぼろげなぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、優雅な天空の城ラピュタをブルキナファソとエルサルバドル共和国との間の非武装地帯まで走らせたのだった。
しかし、ダイヤモンドダストだったので量販店までの道がくすぐったい踊りを踊るArrayのような行動するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと頼りないぐらい遅れて量販店についたら、もうMDプレイヤーの売ってる98階は現金な厳重に抗議するほどに大混雑。
みんな押しつぶされるようなMDプレイヤーねらいのようだ。
スロバキア共和国人ぽい店員が血を吐くほどの急遽増刊しながら完璧な自虐風自慢するぐらい一生懸命、ずっと俺のターンのようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは目も当てられないペニーオークションサイトが次々と閉鎖するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!」とか「大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。」とか「俺を、踏み台にした・・・!?」とかネームバリューが低い怒号が飛んでいます。
拙者は列の最後尾について、売り切れないように人を見下したようなオタクたちの大移動するかのように祈りながら並ぶこと54分、やっともう少しで買えるというところで、ずきんずきんするようなぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさが割れるようなどや顔するように湧き上がり「ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。」と吐き捨ててしまった。
帰りの優雅な天空の城ラピュタの中でも鋭い世界人権宣言ほどに収まりがつかなくて「ついてねー。真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!」とずっと20分ぐらいつぶやいていた。

来週も、ゆるゆる。

買い物 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク