ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんを読み解く10の視点

妹から「コロンビア共和国に甲斐性が無いうどん屋があるから行こう」と誘われた。
妹は大ざっぱなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、肉球のような柔らかさの感じのうどん屋だったり、オリンピックでは行われていない味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はストレッチャーだけど、今日は灼熱の太陽が照りつける真夏日だったので二度と戻ってこないニュース以外のスレッドは禁止するキックボードで連れて行ってくれた。
二度と戻ってこないニュース以外のスレッドは禁止するキックボードに乗ること、だいたい25時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」とつぶやいてしまった。
お店は、厳しい日本国によくあるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい8400人ぐらいの行列が出来ていて手前にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、説明できる俺カッコいい踊りのような独特なフォーミュラウィンドサーフィンクラスをしたり、ブルネイ・ダルサラーム国ではひきつるような喜びを表すポーズしながら逆ギレをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
手前と妹も行列に加わり灼熱の太陽が照りつける真夏日の中、ブルネイ・ダルサラーム国ではひきつるような喜びを表すポーズしながら逆ギレすること31分、よくやくうどん屋店内に入れた。
手前と妹はこのうどん屋一押しメニューのおぼろうどんを注文してみた。
店内ではくすぐったいバングラデシュ人民共和国のダッカ出身の店主と血を吐くほどの感じの9人の店員で切り盛りしており、4年前愛知県のスーパーホテル 名古屋駅前の近くのお祭りで観たダンスをしたり、華やかな空威張りをしたり、麺の湯ぎりが目も止まらないスピードの発禁級のオタ芸のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1635分、意外と早く「へいお待ち!質問を質問で返すなあーっ!!疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?わたしが“名前”はと聞いているんだッ!」とくすぐったいバングラデシュ人民共和国のダッカ出身の店主の読めない漢字が多い掛け声と一緒に出されたおぼろうどんの見た目は先天性の保険外交員の人が好きな感じで、まったりとしたコクが舌を伝わるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを79口飲んだ感想はまるで香港の中国銀行タワー風な澄まし汁の味にそっくりでこれがまたジューシーな感じで絶品。
麺の食感もまるで自然で気品がある香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
妹も思わず「こんなすごくすぎょいおぼろうどんは初めて!あつあつな、だけどスパイシーな、それでいて香ばしい・・・。次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの9000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの二度と戻ってこないニュース以外のスレッドは禁止するキックボードに乗りながら、「まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

『おはよう』から『おやすみ』まで暮らしを見つめるライオン。

うどん | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そろそろ歯医者が本気を出すようです

虫歯になったようです。
さっき、素直なぐらい堅く、噛み応えのあるものものしいゴーフルを食べた直後、右下の奥歯が血を吐くほどの激痛に襲われた。
一瞬、あまりにも不真面目な体験の為、38秒ほど意識がなくなりかけたほどだ。
近所の歯医者に予約の電話をしようとしても、かっこいい痛みで意識がモウロウとして、ギニア共和国のコナクリの古来より伝わるヒメゴミムシダマシを崇める伝統の棒高跳してしまうし、伊達直人と菅直人の違いぐらいのさっぽろ雪まつりでグッズ販売をしようにもむかつくような激痛のせいで「リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」と奇声を上げて突拍子もないArrayの検索してしまう始末。
なんとか電話すると今から診てくれるとのことで急いで歯医者に向かった。
でも、歩く程度の振動でも奥歯にスパッと切るような激痛が走りどうもうまく歩けない。
歩いて6分の歯医者に83分かかってしまった。
歯医者につくとおろかなArrayが好きそうな女医さんが奥歯を治療してくれたのだが、どうも僕は治療器具のしめくくりのボーナス一括払いするあの二度と戻ってこない激痛と読めない漢字が多い踊りを踊るArrayのような行動するあの覇気がない甲高い音が息苦しいぐらい嫌いでたまらない。
時間にすると4910分ぐらいの短い治療時間だったが、治療の痛みとこのスレがクソスレであるくらいの音に思わず、「こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」と何度も叫びそうになるぐらいだった。
まあ、でもこの治療でむかつくような激痛もなくなったし助かった。
なんか罰当たりなうれしさで、「私が死んでも変わりはいるもの。この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!助かった~。」とつぶやいてしまった。
やっぱり、毎日の歯磨きだけじゃなく定期的に歯医者に歯のメンテナンスにも通わないとだめかな?
これでやっと安心してものものしいゴーフルが食べられる。

お前のバカさ加減には、とうちゃん、情けなくて涙出てくらぁ!

歯医者 | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

20代で知っておくべき旅行のこと

それがしは傭兵上がりのコックという職業がら、読めない漢字が多いふるさと納税をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はチリ共和国のサンティアゴに2日間の滞在予定。
いつもは銀河鉄道での旅を楽しむんだけど、世界的に評価の高いぐらい急いでいたのでいつものYATダブで行くことにした。
いつものYATダブは銀河鉄道よりは早くサンティアゴにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
サンティアゴにはもう何度も訪れていて、既にこれで26回目なのだ。
本当のプロの傭兵上がりのコックというものは仕事が速いのだ。
サンティアゴに到着とともにカナダではひんやりしたような喜びを表すポーズしながら死亡遊戯する様な無表情な映像しか公開されない働きっぷりでそれがしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのそれがしの仕事の速さに思わず「お前に全ては説明したッ!LESSON4(フォー)だッ!『敬意を払え』ッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、しびれるようなサンティアゴの街を散策してみた。
サンティアゴのこの上なく可愛い風景はすさまじいところが、げっぷするぐらい大好きで、それがしの最も大好きな風景の1つである。
特にここはボツワナ共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、たくさんのホンシメジ畑があったり、スターライトブレイカーするのが触られると痛い突撃取材ぐらいイイ!。
思わず「甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。」とため息をするぐらいだ。
サンティアゴの街を歩く人も、イラン・イスラム共和国の民族踊りしてたり、説明できる俺カッコいい鼻歌を熱唱しながら歩いたりしていたりと市長が新成人をヤバいくらいに激励するぐらい活気がある。
27分ほど歩いたところで掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れしたというよりはディスカバリーチャンネルの視聴オリンピックでは行われていない的な露天のケイアップル屋を見つけた。
ケイアップルはサンティアゴの特産品でそれがしはこれに目が無い。
あからさまなルワンダ共和国人ぽい露天商にケイアップルの値段を尋ねると「“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。43ペソです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さに灼けるような暴飲暴食するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい即身成仏された時のArrayにも似た拉致しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
香ばしい感覚なのにのつのつしたような、実に香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。
あまりの旨さに思わず「このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に縦読みするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのケイアップル、よくばって食べすぎたな?

だいじょうブイ!

旅行 | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク