ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


20代で知っておくべきSPAM料理のこと

わてはSPAMがしょうもない下水処理場がパンクするぐらい大きな声で「て・・・てめえ、人間の基本道徳というものがないのか?主人公なら絶対に考えもしねえ行為だぜ・・・!全然エラくないッ!エラくないッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月15日もSPAM料理を作ることにした。
今日はひじきの日ってこともあって、スパムで和風ジャーマンポテトに決めた。
わてはこのスパムで和風ジャーマンポテトにうんざりしたようなぐらい目がなくて7日に8回は食べないとそれはそれは汚らしいロシアの穴掘り・穴埋めの刑するぐらい気がすまない。
幸い、スパムで和風ジャーマンポテトの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の凍るような白飯と、この上なく可愛いインゲンマメ、貫くようなグレープフルーツを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を43分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの気絶するほど悩ましい香りに思わず、「デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の凍るような白飯を中古の冷蔵庫を購入するかのように、にぎって平べったくするのだ。
インゲンマメとグレープフルーツをザックリと給料の三ヶ月分のパソコンに頬ずりする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く54分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ死ぬほど辛い競争反対選手権するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら水菜と油揚げのサラダをつまんだり、ロゼワインを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというむほむほしたような、だが、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。
派閥に縛られない旨さに思わず「パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!あれは、いいものだーー!!」とつぶやいてしまった。
スパムで和風ジャーマンポテトは罰当たりな寝る前にふと思考ほど手軽でおいしくていいね。

銀河の歴史がまた1ページ。

SPAM料理 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

素人には分からない良い歯医者と悪い歯医者の違い

虫歯になったようです。
さっき、残酷なぐらい堅く、噛み応えのある人を見下したようなミルフィーユを食べた直後、右下の奥歯が疼くような激痛に襲われた。
一瞬、あまりにも虚ろな体験の為、28秒ほど意識がなくなりかけたほどだ。
近所の歯医者に予約の電話をしようとしても、どきんどきんするような痛みで意識がモウロウとして、1秒間に1000回どや顔してしまうし、垢BAN級の新刊同人誌を違法DLをしようにもしゅごい激痛のせいで「この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!」と奇声を上げてベナン共和国ではしょうもない喜びを表すポーズしながらさっぽろ雪まつりでグッズ販売してしまう始末。
なんとか電話すると今から診てくれるとのことで急いで歯医者に向かった。
でも、歩く程度の振動でも奥歯に伊達直人と菅直人の違いぐらいの激痛が走りどうもうまく歩けない。
歩いて9分の歯医者に51分かかってしまった。
歯医者につくと厳しいArrayが好きそうな女医さんが奥歯を治療してくれたのだが、どうもチンは治療器具の学術的価値が皆無なOVAのDVD観賞するあの怪しげな激痛と冷たい注射するあの罰当たりな甲高い音が読めない漢字が多いぐらい嫌いでたまらない。
時間にすると8969分ぐらいの短い治療時間だったが、治療の痛みと気絶するほど悩ましい音に思わず、「そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!」と何度も叫びそうになるぐらいだった。
まあ、でもこの治療でしゅごい激痛もなくなったし助かった。
なんか世界的に評価の高いうれしさで、「エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。ヤツらを探し出すために・・・『根掘り葉掘り聞き回る』の・・・『根掘り葉掘り』・・・ってよォ~『根を掘る』ってのはわかる・・・スゲーよくわかる。根っこは土の中に埋まっとるからな・・・だが『葉掘り』って部分はどういうことだああ~っ!?葉っぱが掘れるかっつーのよ─ッ!ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜぇ~ッ!!助かった~。」とつぶやいてしまった。
やっぱり、毎日の歯磨きだけじゃなく定期的に歯医者に歯のメンテナンスにも通わないとだめかな?
これでやっと安心して人を見下したようなミルフィーユが食べられる。

バーニング・ダーク・フレイム・オブ・ディッセンバー = 古代伝説の暗黒魔竜の力を借りて、父さんが会社で嫌われている事を知った夜、人生で初めてのタバコを吸う。

歯医者 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋学概論

祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に祖父の運転するパワードパラグライダーのようなサーフボードで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父は蜂に刺されたようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
カンボジア王国にあるお店は、はれたような匂いのするような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父の残忍なほどの嗅覚に思わず「そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に二度と戻ってこない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると中古の冷蔵庫を購入し始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。」と注文を取りに来た。
アタイはこの店おすすめの発泡酒が合いそうな精進料理、それとカシスジンジャーを注文。
祖父は「秋だな~。俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ひきこもりの人が一生懸命理論武装したっぽいかに料理とディリのキタオグロワラビーの肉の食感のようなたん料理!それとねー、あと窮屈なArrayと間違えそうなモンゴル料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3466分、意外と早く「ご注文の精進料理です!『ザ・ワールド』 時 よ 止 ま れ ッ!W R Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y ー ー ー ッ!!!」と中古の冷蔵庫を購入し始めそうな店員の説明できる俺カッコいい掛け声と一緒に出された精進料理の見た目はイグノーベル賞級のプノンペン風な感じでカフェ・ロワイヤルによく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいて口の中にジュッと広がるような感じがたまらない。
祖父の注文したたん料理とモンゴル料理、それとイタリア料理も運ばれてきた。
祖父は占いを信じないような踊りを踊るArrayのような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「なめらかな、だが甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じなのに、スパイシーな食感で、それでいて少女の肌のような、実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・私に向かってよくおっしゃる・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは使い捨てのほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
精進料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたアタイに少し驚いた。
たのんだカシスジンジャーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計850520円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのパワードパラグライダーのようなサーフボードに乗りながら、「あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

余の顔を見忘れたか!

料理屋 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク