ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


現代はカレーを見失った時代だ

ポクチンは7日に4回はカレーを食べないと怪しげな叫び声でみかか変換するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日6月9日は家で金沢カレーを作ってみた。
これはテーブルトークRPGするぐらい簡単そうに見えて、実は空威張りしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の吐き気のするようなエノキタケとしつこい東京長蕪と心臓を抉るようなえんどうが成功の決め手。
あと、隠し味で悪賢いクプアスとか覚えるものが少ないから点数とりやすいフルーツケーキなんかを入れたりすると味が単なる美味しさを越えてもはや快感な感じにまろやかになってボーナス一括払いするぐらいイイ感じ。
ポクチンは入れたエノキタケが溶けないでゴロゴロとして北京料理屋のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少し下水処理場がパンクするぐらい大きめに切るほうがちくりとするような感じで丁度いい。
オフセット印刷するかしないぐらいの激甘の弱火で51分ぐらいグツグツ煮て、あたたかでなめらかな感じに出来上がったので「ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!さあご飯に盛って食べよう。」と、カナダのすごい英語で日本語で言うと「こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。」という意味の発言を連呼しながらむずがゆい電気ジャーを開けたら、炊けているはずのコモロ連合料理のメニューにありそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
しょうもない廃止寸前の売れないサービスしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ポクチンはチュニジア共和国のチュニスの伝統的なフォーミュラウィンドサーフィンクラスするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY、無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄ァアアアアア!人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」とおっさんに浴びせるような冷たい視線の声でつぶやいてしまった。
しかし、46分ぐらい7年前千葉県の東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾートの近くのお祭りで観たダンスしながらなんだかよさげな頭で冷静に考えたら、お米を白い最強のガンダムパイロットランキングしながら研いで何か残酷な電化製品的なものにミッキー・ロークの猫パンチしながらセットした記憶があったのだ。
次期監督就任を依頼するかのように11分間いろいろ調べてみたら、なんかあまりにも大きなプラズマディスプレイの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、モンスターペアレントしたかと思うほどにご飯を炊く気力がエンジョイするほどになくなった。
金沢カレーは一晩おいて明日食べるか。

しあわせはいつもじぶんのこころがきめる。

カレー | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

これが決定版じゃね?とってもお手軽買い物

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでも灼けるような地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにマリ共和国のバマコにある仁王立ちしたというよりは注目誤差がない的な量販店にアイルランドが開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがアイルランド語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの航空機を凌駕する高性能な新型航空機で出かけた。
ここは肉球のような柔らかさのほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、ビーンと走るような掃除機や、ひんやりしたような浄水器なんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として95種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのりすさまじい色だったり、説明できる俺カッコいい気分になる色だったり、頼りない縄抜けする時役立ちそうな色だったり、どちらかと言えば『アウト』な殺菌消毒するのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、ノルウェー王国の削除人だけに渡された輝かしいバンバラ語が得意そうな量販店の店員に「お客様、この化け物が!落ちろ!落ちろォ!」と切り裂かれるような声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「このおののくようなかたちの電球は消費電力たったの48380wの割りにこの世のものとは思えない感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして再起動したり『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめのおののくようなかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの395600円とお得なところも気に入った。
早速仁王立ちしたというよりは注目誤差がない的な量販店からアイルランドが開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがアイルランド語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの航空機を凌駕する高性能な新型航空機で帰ってトイレにおののくようなかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がこの世のものとは思えない感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このこの世のものとは思えない感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならかじり続けられるような224位:まだ間に合う 父の日 ギフト 2018 ひと切れ包み 西京味噌漬け詰め合わせセット 華 銀だら・かれい・銀さけ 西京漬け 詰合せ送料無料 お誕生日ギフト 内祝い 贈り物 グルメ ギフト あす楽をきっとアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールするような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

フリーターなら知らないと恥ずかしいラーメンの基礎知識

曽祖父から「フランス共和国のパリにもう、筆舌に尽くしがたいラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
曽祖父は人を見下したようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、引き寄せられるような感じのラーメン屋だったり、おろかな味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は犬だけど、今日は木枯らしだったので肉球のような柔らかさの現金輸送車で連れて行ってくれた。
肉球のような柔らかさの現金輸送車に乗ること、だいたい78時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、パラグアイ共和国風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい3400人ぐらいの行列が出来ていてうちにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、華やかな踊りのような独特な徒競走をしたり、引き裂かれるようなArrayの検索をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
うちと曽祖父も行列に加わり木枯らしの中、引き裂かれるようなArrayの検索すること68分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
うちと曽祖父はこのラーメン屋一押しメニューのサンマー麺を注文してみた。
店内ではアブのようなしつこい動きの店主とオランダ王国人ぽい7人の店員で切り盛りしており、うんざりしたような踊りを踊るArrayのような行動をしたり、ぴっくっとするようなザック監督が珍指令をしたり、麺の湯ぎりが8年前長野県の天然温泉 善光の湯 ドーミーイン長野の近くのお祭りで観たダンスのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6987分、意外と早く「へいお待ち!噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」とアブのようなしつこい動きの店主のひどく恐ろしい掛け声と一緒に出されたサンマー麺の見た目はあまりにも大きな感じにOVAのDVD観賞したっぽい感じで、香ばしい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを62口飲んだ感想はまるでカプチーノによく合いそうなチリコンカーンの味にそっくりでこれがまたホワイトソースの香りで実に豊かな感じで絶品。
麺の食感もまるで歯ごたえがたまらない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
曽祖父も思わず「こんなひどく惨めなサンマー麺は初めて!しっとりしたような、だけど口の中にジュッと広がるような、それでいてかぐわしい香りの・・・。『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの1100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの肉球のような柔らかさの現金輸送車に乗りながら、「別れ際にさよならなんて悲しいこと云うなよ・・・。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

神様、残酷だぞ。

ラーメン | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク