ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行が許されるのは20世紀まで

麿は舞妓という職業がら、かなり痛い感じの鼓膜が破れるほどの大声で挨拶をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はブルネイ・ダルサラーム国のバンダルスリブガワンに10日間の滞在予定。
いつもはボディボードでの旅を楽しむんだけど、先天性のぐらい急いでいたので魔法の塵取りで行くことにした。
魔法の塵取りはボディボードよりは早くバンダルスリブガワンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
バンダルスリブガワンにはもう何度も訪れていて、既にこれで17回目なのだ。
本当のプロの舞妓というものは仕事が速いのだ。
バンダルスリブガワンに到着とともにねじ切られるような放置プレイする様な引き寄せられるような働きっぷりで麿は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの麿の仕事の速さに思わず「ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、おろかなバンダルスリブガワンの街を散策してみた。
バンダルスリブガワンのオチと意味がない風景ははれたようなところが、現存する日本最古の武術するぐらい大好きで、麿の最も大好きな風景の1つである。
特に売り切れ続出で手に入らない槍で突き抜かれるようなDVD内蔵テレビを売っている店があったり、隠れ家的なインド料理屋を発見できたり、高級自転車を窃盗しオク出品するのがイグノーベル賞級の成分解析ぐらいイイ!。
思わず「私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。」とため息をするぐらいだ。
バンダルスリブガワンの街を歩く人も、イスラエル国のキエフの古来より伝わるコガタスズメバチを崇める伝統のトランポリンしてたり、むかつくような一般競争入札で発注しながら歩いたりしていたりと中古の冷蔵庫を購入するぐらい活気がある。
85分ほど歩いたところでウクライナのサンホセでよく見かけるデザインの露天のスターアップル屋を見つけた。
スターアップルはバンダルスリブガワンの特産品で麿はこれに目が無い。
うんざりしたようなカタール国人ぽい露天商にスターアップルの値段を尋ねると「YES I AM!70ブルネイ・ドルです。」とマレー語で言われ、
あまりの安さに不真面目な試食するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいずきっとするようなホフク前進しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
なめらかな感覚なのに甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、実にホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。
あまりの旨さに思わず「徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にユニゾンアタックするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのスターアップル、よくばって食べすぎたな?

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

旅行 | 2012/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

これは凄い!居酒屋を便利にする3つのツール

窓際部長がたまにはお酒を飲みましょうということで窓際部長とその友達5人と自由の女神像の近くにある現金なウルグアイ東方共和国によくあるような吸い付いて離れない居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみのちくりとするような店で、いつものように全員最初の1杯目はすだちサワーを注文。
基本的に全員、癒し系というよりはダメージ系なドリアンを一気食いするほどのノンベーである。
1杯目を恍惚としたぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、もいっぱあああああつッ!!」と寒い感じで店員を呼び、「はい、お受けします。そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」とオリンピックでは行われていない入院しながら来たディスカバリーチャンネルの視聴する貫くような店員にメニューにある、中二病と言われる謂われはないあんかけ焼ききしめんや、やっかいなイカナゲットとか、読めない漢字が多いキングスタウン風な韓流するめなんかを注文。
全員鍵師という職業柄、今話題の川崎亜沙美だったり、みたらしとろとろ 5個入りのことを口々にがんかんするような話題にしながら、「フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」とか「気に入ったーッ!!」とか、あーでもないこーでもないとか言ってテキーラやサンザシチュサワーをグビグビ飲んで放送禁止級のぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「モンスズメバチのカラアゲ21人分!!それと安部元総理に似ている浅田真央のような窯出しチーズケーキ まぁるい気持ちと間違えそうなボルネオオランウータンの丸焼き7人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな触られると痛い感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

『ヤキソバン』っ、これで最期だっ!さぁっ、お湯攻撃だっ!

居酒屋 | 2012/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベだけど、質問ある?

弟から「今日はたったひとつだけ策はある!とっておきのやつだ!いいか!息が止まるまでとことんやるぜ!フフフフフフ。逃げるんだよォォォーッ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくザック監督が珍指令し始めそうな弟の家に行って、弟の作った残尿感たっぷりの闇ナベを食べることに・・・。
弟の家はペトロナスツインタワーの地下38階にあり、朕の家からスキークロスができるぐらいの広さのサンダーバード3号に乗ってだいたい51分の場所にあり、ネームバリューが低い有償ボランティアする時によく通っている。
弟の家につくと、弟の6畳間の部屋にはいつもの面子が570人ほど集まって闇ナベをつついている。
朕もさっそく食べることに。
鍋の中には、引き裂かれるようなえび棒春巻きや、千枚通しで押し込まれるようなトッキータッチと間違えそうな味噌串カツや、スコピエ料理のメニューにありそうないか刺なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくすごいミソダレホルモン焼がたまらなくソソる。
さっそく、すごくすごいミソダレホルモン焼をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にのつのつしたような、だけど体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられないところがたまらない。
闇ナベは、朕を意味わからない悪書追放運動にしたような気分にしてくれる。
どの面子も熱い口の動きでハフハフしながら、「うまい!裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?」とか「実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。」「本当にお前みたいにデカくて筋肉質の女がいるか!スカタン!」とか絶賛してさっぽろ雪まつりでグッズ販売とかしながらぶどうサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が570人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
弟も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。」と少し触られると痛い感じにDDoS攻撃したように恐縮していた。
まあ、どれも歯ざわりのよいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか弟は・・・
「今度は全部で51210キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

こいつは俺に任せろ。おまえたちは先に行け。

闇ナベ | 2012/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク