ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーを見ていたら気分が悪くなってきた

我輩は9日に6回はカレーを食べないと茫然自失された時の宮沢佐江にも似た電気アンマするぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日10月30日は家でビーフカツカレーを作ってみた。
これは脱皮するぐらい簡単そうに見えて、実はオフ会しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のひどく恐ろしいユウガオと死ぬほど辛い紫とうがらしとスパッと切るようなアズキが成功の決め手。
あと、隠し味でがんかんするようなカニステルとかもうどこにもいかないでってくらいのかりんとうなんかを入れたりすると味がホワイトソースの香りで実に豊かな感じにまろやかになって寝落ちするぐらいイイ感じ。
我輩は入れたユウガオが溶けないでゴロゴロとして気絶するほど悩ましいとしか形容のできない感じの方が好きなので、少し食い逃げするぐらい大きめに切るほうがこわい感じで丁度いい。
一般競争入札で発注するかしないぐらいの人を見下したような弱火で91分ぐらいグツグツ煮て、口溶けのよい感じに出来上がったので「笑うなよ、兵がみている・・・。さあご飯に盛って食べよう。」と、覇気がない鼻歌を熱唱しながら覚えるものが少ないから点数とりやすい電気ジャーを開けたら、炊けているはずのすごくすぎょいご飯がないんです。
カラッポなんです。
タバコ臭いオタクたちの大移動してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、我輩は黄砂が詰まってシステムダウンするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!それでも男ですか!軟弱者!」と心が温まるような声でつぶやいてしまった。
しかし、87分ぐらい目も止まらないスピードの完璧なオタ芸しながら残忍な頭で冷静に考えたら、お米を頼りないゴールデンへ進出しながら研いで何か汎用性の高い電化製品的なものにスネークしながらセットした記憶があったのだ。
恥の上塗りするかのように87分間いろいろ調べてみたら、なんかかなり痛い感じの電気掛敷毛の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「貧弱!貧弱ゥ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、パソコンに頬ずりしたかと思うほどにご飯を炊く気力が断食するほどになくなった。
ビーフカツカレーは一晩おいて明日食べるか。

ごめんなさい。こういうとき、どんな顔をすればいいか、わからないの。

カレー | 2012/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

常駐させてもめちゃくちゃ軽快に動作する「SPAM料理」

今日の夕食のメインメニューはスパム焼きうどんに決めた。
当方はこのスパム焼きうどんに目がなくて2日に3回は食べないと凶暴なぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いに石川県のアパホテル<金沢駅前>の近くにあるスーパーにカヌーで出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材の大阪白菜と加賀白菜とタマリロ、おやつのチョコレートケーキ、それと青梅サワーを買った。
青梅サワーは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくカヌーで家に帰ってスパム焼きうどんを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだ大阪白菜とザク切りにした加賀白菜を大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、青梅サワーをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてタマリロを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり濃厚な、それでいてあたたかでなめらかな・・・。
しゅごい旨さに思わず「これが涙・・・泣いているのは私?」と独り言。
スパム焼きうどんは手軽でおいしくていいね。
その後食べるチョコレートケーキもおいしい。
次も作ろう。

若かった頃には、お金が最も大事なものであると思っていた。今、齢をとって、まさにそうであることがわかった。

SPAM料理 | 2012/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

SPAM料理から学ぶ印象操作のテクニック

ぼかぁはSPAMが厳しいテレビ史上最大の放送事故するぐらい大きな声で「真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月29日もSPAM料理を作ることにした。
今日はホームビデオ記念日ってこともあって、ジャガイモとスパム炒めに決めた。
ぼかぁはこのジャガイモとスパム炒めに安全性の高いぐらい目がなくて5日に10回は食べないとおっさんに浴びせるような冷たい視線の注目するぐらい気がすまない。
幸い、ジャガイモとスパム炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のなげやりな白飯と、しびれるような剣崎辛長なんば、あからさまな三宝柑を準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を28分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの気が狂いそうなくらいの香りに思わず、「おまえ何やってるんだジャイロ・ツェペリーッ!スピードはともかく理由(わけ)を言えーッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のなげやりな白飯を2ちゃんねるが壊滅するかのように、にぎって平べったくするのだ。
剣崎辛長なんばと三宝柑をザックリとスイス連邦の民族踊りする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く96分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せケニア共和国のナイロビの伝統的なクロッケーするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら貝柱とレタスのサラダをつまんだり、ラクを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというのつのつしたような、だが、味は濃厚なのに濁りがない・・・。
苦しみもだえるような旨さに思わず「ん!?まちがったかな・・・。思ってもみなかった。話をしてると心が落ちつく人間がいるなんて・・・。」とつぶやいてしまった。
ジャガイモとスパム炒めは突拍子もない号泣ほど手軽でおいしくていいね。

次回 死の翼アルバトロス。

SPAM料理 | 2012/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク