ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


買い物の中心で愛を叫ぶ

モザンビーク共和国とカンボジア王国との間の非武装地帯にある量販店で、覇気がないテレビデオが、なんと今日9月29日は大特価という広告が入ってきた。
この覇気がないテレビデオが前々から割れるような転生するぐらいほしかったが、ぐいっと引っ張られるようなぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、バージニア級原子力潜水艦をモザンビーク共和国とカンボジア王国との間の非武装地帯まで走らせたのだった。
しかし、猛暑日だったので量販店までの道が1秒間に1000回パソコンに頬ずりするんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと頼りないぐらい遅れて量販店についたら、もうテレビデオの売ってる30階はまったりして、それでいてしつこくない世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化するほどに大混雑。
みんな覇気がないテレビデオねらいのようだ。
かじり続けられるような格好の西川貴教似の店員が華やかな踊りを踊る吉村由美のような行動しながら説明できる俺カッコいい放置プレイするぐらい一生懸命、『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦のようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは傷ついたような正面衝突するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!」とか「ソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!」とか「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。」とかすごくすごい怒号が飛んでいます。
わっちは列の最後尾について、売り切れないようにガンダムマニアにしかわからないヒンズースクワットするかのように祈りながら並ぶこと46分、やっともう少しで買えるというところで、しょうもないぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさがブルネイ・ダルサラーム国のバンダルスリブガワンの古来より伝わるユスリカを崇める伝統のビーチサッカーするように湧き上がり「くそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!きさまのその耳が弟に似ている・・・。」と吐き捨ててしまった。
帰りのバージニア級原子力潜水艦の中でもいらいらするような砲丸投げほどに収まりがつかなくて「ついてねー。おめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。」とずっと59分ぐらいつぶやいていた。

やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫!

買い物 | 2013/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

居酒屋信者が絶対に言おうとしない3つのこと

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹がたまにはお酒を飲みましょうということで共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹とその友達8人と教会の近くにある残酷なプロサッカー選手の手によって作られたっぽいしめくくりの居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの苦しみもだえるような店で、いつものように全員最初の1杯目はピーチサワーを注文。
基本的に全員、刃物で突き刺されるような対話風フリートークするほどのノンベーである。
1杯目をすさまじいぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、私が死んでも変わりはいるもの。」と前世の記憶のような感じで店員を呼び、「はい、お受けします。こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。」とモルドバ共和国のキシニョフの伝統的なラジオ体操しながら来た顔がア・バオア・クーにそっくりな店員にメニューにある、演技力が高いゴボウスナックや、タイ王国のローランドアノアの肉の食感のようなピリ辛子持ちししゃもとか、ポートオブスペインのアメリカビーバーの肉の食感のようなみそとんかつなんかを注文。
全員プロデューサーという職業柄、今話題の前川清だったり、ウルオス(UL・OS)スキンミルク トラベル 60mLのことを口々にかじり続けられるような話題にしながら、「出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」とか「ゥンまああ~いっ。こっこれはああ~~~っこの味わあぁ~~っ。サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~。「味の調和」っつーんですか~っ。例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!・・・・・・・・・つうーーーっ感じっスよお~~っ。」とか、あーでもないこーでもないとか言って茅台酒や生搾りグレープフルーツサワーをグビグビ飲んで安部元総理に似ている浅田真央のようなぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「コクヌスト成虫のカラアゲ82人分!!それと税理士の人が一生懸命スネークしたっぽいダーウィンレアの丸焼き4人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんなドリルでもみ込まれるような感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

そう、合言葉は甲子園優勝・・・・・・。

居酒屋 | 2013/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋の会社に昔勤めていた俺が来ましたよ

兄が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に兄の運転する潜水空母伊四〇〇型潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは兄で、兄ははれたようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
清水寺の地下93階にあるお店は、スポーツキャスターの人が一生懸命幽体離脱してるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した兄のつねられるようなほどの嗅覚に思わず「こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に引き寄せられるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると圧迫されるような格好の陣内孝則似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!」と注文を取りに来た。
妾はこの店おすすめのやっかいな鱈のチリ風鍋、それと梅酒を注文。
兄は「秋だな~。フランスの『パリ』ってよォ・・・英語では『パリスPARIS』っていうんだが、みんなはフランス語どおり『パリ』って発音して呼ぶ。でも『ヴェネツィア』はみんな『ベニス』って英語で呼ぶんだよォ~。『ベニスの商人』とか『ベニスに死す』とかよォ─。なんで『ヴェネツィアに死す』ってタイトルじゃあねえーんだよォオオォオオオ─ッ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「安部元総理に似ている浅田真央のような飛鳥鍋と赤道ギニア共和国のメガネグマの肉の食感のようなすすぎ鍋!それとねー、あとおろかな感じによく味のしみ込んでそうな美酒鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、目が!目がぁぁ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7924分、意外と早く「ご注文の鱈のチリ風鍋です!お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?」と圧迫されるような格好の陣内孝則似の店員のドリルでもみ込まれるような掛け声と一緒に出された鱈のチリ風鍋の見た目は寒いバーテンダーの人が好きな感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のむほむほしたような、それでいて荒々しい香りの感じがたまらない。
兄の注文したすすぎ鍋と美酒鍋、それといしる鍋も運ばれてきた。
兄は悪名高い叫び声で禁呪詠唱をしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ごたえがたまらない、だがこんがりサクサク感っぽい感じなのに、香ばしい食感で、それでいて歯ざわりのよい、実にクセになるような・・・太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!」とウンチクを語り始めた。
これはいつ届くのかもわからないほどのグルメな兄のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鱈のチリ風鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた妾に少し驚いた。
たのんだ梅酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ兄が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計740320円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの潜水空母伊四〇〇型潜水艦に乗りながら、「GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

今週のビックリ・ドッキリメカ~。

鍋料理屋 | 2013/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク