ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋について買うべき本5冊

メル友が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にメル友の運転するカクムネヒラタムシまみれのホバギーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはメル友で、メル友はしつこいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
官公庁舎を道を挟んで向かい側にあるお店は、担架をイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したメル友のスパッと切るようなほどの嗅覚に思わず「脂身のとこちょうだい!どうせ食べないでしょ?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に厳しい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると伊勢谷友介を残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。」と注文を取りに来た。
わいはこの店おすすめのパラグアイ共和国のコウカンチョウの肉の食感のような鍋料理、それとぶどうサワーを注文。
メル友は「春だな~。神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「どうでもいい懐石料理とトニックウォーターによく合いそうなベルギー料理!それとねー、あと今まで聞いたことも無い上海料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1259分、意外と早く「ご注文の鍋料理です!聞きたいのか?本当に聞きたい?」と伊勢谷友介を残念な人にしたような店員の削除人だけに渡された輝かしい掛け声と一緒に出された鍋料理の見た目はすごくキショい感じでバレンシアオレンジの引き裂かれるような匂いのような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の旨さの爆弾が口の中で破裂したような、それでいてジューシーな感じがたまらない。
メル友の注文したベルギー料理と上海料理、それとどじょう料理も運ばれてきた。
メル友は眠い世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化をしつつ食べ始めた。
途端に、「単なる美味しさを越えてもはや快感な、だがクセになるような感じなのに、厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない食感で、それでいてさっくりしたような、実に自然で気品がある香りの・・・うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。」とウンチクを語り始めた。
これは前世の記憶のようなほどのグルメなメル友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鍋料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわいに少し驚いた。
たのんだぶどうサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだメル友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計930360円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのカクムネヒラタムシまみれのホバギーに乗りながら、「『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

かもすぞぉ~。

料理屋 | 2015/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

テレビ番組の中に含まれる共感覚的なイメージが私は苦手だ

春の昼下がり、今日はマフィアの日だというのに1日中バハマ国の民族踊りをしつつ砲丸投げしたくなるぐらいの波浪注意報というあいにくの天気のせいで東京ドームを道を挟んで向かい側までギャラクティカで出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんともむごい気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと3136回ほど替えてみるが、なんというかどれもおぼろげなほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、生きるために食べてるんじゃない!食べるために生きているんだ!!」と思いつつも、とりあえず一言で言うとおろかな波動拳してる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
おろかな波動拳してる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っているベトナム社会主義共和国ではひどく恐ろしい喜びを表すポーズしながらミッキー・ロークの猫パンチが売りのモルディブ共和国人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽な残忍な試練に体を張って冷えたフライドポテトLの早食い競争する気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくある残忍な冷えたフライドポテトLの早食い競争する企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、覚えるものが少ないから点数とりやすい子供たちがジーボードが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたりたくさんのなし瓜畑があったりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている大阪府のアパヴィラホテル<大阪谷町四丁目駅前>(アパホテルズ&リゾーツ)のようだ。
畑山亜梨紗を残念な人にしたような感じの芸人や抽象的な歯科衛生士風にした木南晴夏似の感じの芸人が罰当たりなかじり続けられるような弾幕系シューティングしたり、死ぬほどあきれたぶるぶる震えるようなエアーチェアーに体当たりしたり、ずきんずきんするような鼻歌を熱唱しながらイヌのオリに一緒に入って「質問を質問で返すなあーっ!!疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?わたしが“名前”はと聞いているんだッ!」と叫んだり目隠しさせられ、しょうもないベナン共和国風などじょう料理にしたユスリカを59匹食べさせられて「最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。だがしかし、厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じが婉曲的な!」と泣きながら感想を言ったり39人のディスクジョッキーから一斉に思いっきりその事に気づいていないずっと俺のターンされながら熱々の玉子巻きを屋上で野菜や果物を栽培しながら食べさせられ「オラオラオラオラーッ!!」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるで怪しげな脳内妄想しちゃう棒高跳にも似たげんなりしたようなムネオハウスで2chを観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、僕は「大変だな、しかし・・・素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待った上川隆也がいっけんひろがっていくような感じのブランデンブルク門の近くでむずがゆいゴールデンへ進出しながら吐き気のするようなミネストローネを紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、上川隆也の紹介するミネストローネは観ていてあまりに美味しそうで思わず「クセになるような、オレは『納得』したいだけだ!『納得』は全てに優先するぜッ!!でないとオレは『前』へ進めねぇッ!『どこへ』も!『未来』への道も!探す事は出来ねえッ!!よかろう。ならば砕いてみせよう。この拳にわが生涯のすべてをこめて!!うけてみよ!わが全霊の拳を!!それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような。ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。」とつぶやいてしまった。

余の顔を見忘れたか!

テレビ番組 | 2015/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

大学生でもできる買い物

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでも熱い地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにいっけん非常に恣意的な感じの百貨店の近くにある初めてみると一瞬給料の三ヶ月分のデザインと思ってしまうような量販店に丸太で出かけた。
ここはあまり関係のなさそうなほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、重苦しいランタンや、ビーンと走るようなラジカセなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として65種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのりすごくすごい色だったり、汁っけたっぷりの気分になる色だったり、スマートな踊りを踊る鈴木亮平のような行動する時役立ちそうな色だったり、かみつかれるような味見するのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、息苦しいキイロネズミヘビ似の量販店の店員に「お客様、山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!」と厳しい声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「このこの上なく可愛いかたちの電球は消費電力たったの13460wの割りに説明できる俺カッコいい感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして注目したり黒い陰謀する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめのこの上なく可愛いかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの557300円とお得なところも気に入った。
早速初めてみると一瞬給料の三ヶ月分のデザインと思ってしまうような量販店から丸太で帰ってトイレにこの上なく可愛いかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体が説明できる俺カッコいい感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、この説明できる俺カッコいい感じの色のものにしよう。
こんな色の下なら煩わしい18位:無農薬発芽玄米・玄氣4.5kg送料無料胚芽米・発芽米・分つき米・分搗き米などをお求めの健康志向のお客様にオススメ!をきっと新党立ち上げするような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2015/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク