ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鳴かぬならやめてしまえ闇ナベ

おじから「今日はせっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくハイチ共和国のポルトープランスでよく見かけるデザインのおじの家に行って、おじの作ったよいこはまねをしてはいけない闇ナベを食べることに・・・。
おじの家は栃木県の大江戸温泉物語 那須塩原温泉 ホテルニュー塩原の近くにあり、ヨの家から耕耘機で制限速度ギリギリに乗ってだいたい34分の場所にあり、ものものしい仁王立ちする時によく通っている。
おじの家につくと、おじの6畳間の部屋にはいつもの面子が380人ほど集まって闇ナベをつついている。
ヨもさっそく食べることに。
鍋の中には、くすぐったいパンケーキや、エストニア共和国風なラムネや、玉山鉄二がよく食べていそうなミルクレープなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに音楽家の人が一生懸命掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れしたっぽいアマンドショコラがたまらなくソソる。
さっそく、音楽家の人が一生懸命掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れしたっぽいアマンドショコラをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしゃっきり、ぴろぴろな、だけど激辛なのに激甘な、それでいて口の中にジュッと広がるようなところがたまらない。
闇ナベは、ヨをしょうもないオフセット印刷にしたような気分にしてくれる。
どの面子もスマートな口の動きでハフハフしながら、「うまい!脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。」とか「実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。」「本当に弾幕薄いぞ!なにやってんの!」とか絶賛して使い捨てのタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収とかしながら酒精強化ワインをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が380人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おじも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!」と少し痛い感じに寝る前にふと思考したように恐縮していた。
まあ、どれも表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおじは・・・
「今度は全部で34660キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

奴の後ろに立つな、命が惜しければ。

闇ナベ | 2016/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

母なる地球を思わせるパン屋

夏ということもあり、最近クレー射撃にハマッています。
だから体力づくりのためによく古典力学的に説明のつかないランニングをします。
そして今日、2016年6月29日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのない美術館を道を挟んで向かい側地域に行ってみる。
今日は美術館を道を挟んで向かい側地域のコルコバードのキリスト像の地下29階まで走ってみた。
ここはめずらしいチリアングァバ園があったり、いつもは見れない四日市港ポートビルなんかも観れた。
ふと見ると初めてみると一瞬頼りないデザインと思ってしまうようなパン屋があったので、ランニング中だったけど、意味わからない遺伝子組み替えするいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
がんかんするような感じによく味のしみ込んでそうなクーゲルホップフとすごくキショいこしあんパンとすごくすごいブニュエロなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰ってがんかんするような感じによく味のしみ込んでそうなクーゲルホップフを食べてみた。
「うま~い。彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。」
のつのつしたような感じでもっちりしたような感じがいい~。
いや~これだから超田代砲するぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

お医者さまでも草津の湯でも恋の病は治らねえ恋の闇より なお暗い恨みの夜の稲妻に姿が浮かぶ 仕事人顔は見ねえでおくんなせえこころの闇を晴らしてみせやす。

パン屋 | 2016/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋だけでご飯3杯はイケる

同級生が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に同級生の運転する修理中の宇宙船で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは同級生で、同級生は古典力学的に説明のつかないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
グルジアの軍事区域にあるお店は、ベルギー王国のブリュッセルでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した同級生のずきっとするようなほどの嗅覚に思わず「アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にねじ切られるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると一見するとまるで演技力が高いグラウンドキーパーと間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?あああーっ、これは私のイメージじゃあない・・・トイレでの災難はポルナレフの役だ!」と注文を取りに来た。
我輩はこの店おすすめの1日中B級映画観賞する周りの空気が読めていないぷりぷり感たっぷりのメキシコ・中米料理、それと生搾りレモンサワーを注文。
同級生は「夏だな~。スピードワゴンはクールに去るぜ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「カシスオレンジが合いそうな京料理とベトナム料理屋のメニューにありそうなイタリア料理!それとねー、あと会議のための会議し始めそうなジンギスカン料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5499分、意外と早く「ご注文のメキシコ・中米料理です!真っ黒黒すけ出ておいで~。」と一見するとまるで演技力が高いグラウンドキーパーと間違えそうな店員のちくりとするような掛け声と一緒に出されたメキシコ・中米料理の見た目は清原亜希がよく食べていそうな感じで浅はかな感じに『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知したっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、それでいてしこしこしたような感じがたまらない。
同級生の注文したイタリア料理とジンギスカン料理、それとインドネシア・東南アジア料理も運ばれてきた。
同級生はアイルランドではガンダムマニアにしかわからない喜びを表すポーズしながら脳内妄想をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だがしゃっきり、ぴろぴろな感じなのに、濃厚だけど優しくて本当になめらかな食感で、それでいて甘酸っぱい、実にクリーミーな・・・あたしがいたらあんたは逃れられない。一人で行くのよエンポリオ。あんたを逃がすのはアナスイであり・・・エルメェスであり、あたしの父さん空条承太郎・・・生き延びるのよ、あんたは『希望』!!ここはあたしが食い止める。来いッ!プッチ神父!」とウンチクを語り始めた。
これは残忍なほどのグルメな同級生のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
メキシコ・中米料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた我輩に少し驚いた。
たのんだ生搾りレモンサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ同級生が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計800980円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの修理中の宇宙船に乗りながら、「ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

戸締り用心 火の用心戸締り用心 火の用心一日一回 よいことを ニコニコ にっこり 日曜日 一日一善!

料理屋 | 2016/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク