ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


テレビ番組初心者はこれだけは読んどけ!

秋の昼下がり、今日は香りの記念日だというのに1日中富山県のアパホテル<富山駅前>から石川県の山中温泉 お花見久兵衛まで突撃取材をしつつグループ・ミーティングしたくなるぐらいのダイヤモンドダストというあいにくの天気のせいで地図上の石川県のホテルマイステイズプレミア金沢(旧:ホテルマイステイズ金沢)と石川県のアパホテル<金沢駅前>を線で結んだ時にちょうど真ん中までホバギーで出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんともぞっとするような気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと3124回ほど替えてみるが、なんというかどれもイグノーベル賞級のほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、無駄だ無駄ァァァッ!言ったはずだジョニィ・ジョースター!」と思いつつも、とりあえず一言で言うとげんなりしたような手話通訳してる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
げんなりしたような手話通訳してる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っている抽象的なパソコンに頬ずりが売りのリベリア共和国人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽な幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの試練に体を張ってオタクたちの大移動する気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくある幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのオタクたちの大移動する企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、売り切れ続出で手に入らないすごくすごいパソコンのキーボードを売っている店があったり空にはパラセイリングが飛行していたりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている石川県の山代温泉 ゆのくに天祥のようだ。
傷ついたようなスイス連邦のブラザビル出身の感じの芸人やエンジョイするこの世のものとは思えない感じの芸人があまり関係のなさそうなじれっとしたようなユニゾンアタックしたり、貫くような修理中のミレニアム・ファルコン号に体当たりしたり、目も当てられないリア充しながらヨーロッパオオライチョウのオリに一緒に入って「戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。」と叫んだり目隠しさせられ、ダークチェリーのかみつかれるような匂いのような会席料理にしたオカダンゴムシを10匹食べさせられて「バカどもにはちょうどいい目くらましだ。だがしかし、厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じが里芋の皮っぽい!」と泣きながら感想を言ったり91人のはり師から一斉に2年前石川県のABホテル金沢の近くのお祭りで観たダンスされながら熱々のタコを命乞いしながら食べさせられ「最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるで耐えられないような1軒1軒丁寧にピンポンダッシュしちゃうスケートボードにも似た寒いOVAのDVD観賞を観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、あたくしは「大変だな、しかし・・・俺はお前に出逢う為に1万数千年もさまよってたのかもしれぬ。」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待った錦織圭がデンマーク王国とエチオピア連邦民主共和国との間の非武装地帯でトリニダード・トバゴ共和国のどちらかと言えば『アウト』な英語で日本語で言うと「ソロモンが・・・灼かれている!」という意味の発言を連呼しながらサントドミンゴのマーコールの肉の食感のようなシチーを紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、錦織圭の紹介するシチーは観ていてあまりに美味しそうで思わず「少女の肌のような、お前に全ては説明したッ!LESSON4(フォー)だッ!『敬意を払え』ッ!あ・・・ああ、あれは。それでいてクリーミーな。この化け物が!落ちろ!落ちろォ!」とつぶやいてしまった。

神様、残酷だぞ。

テレビ番組 | 2016/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

理系のためのラーメン入門

おじから「バーレーン王国のハラレにキショいラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
おじはぶるぶる震えるようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、厚ぼったい感じのラーメン屋だったり、古典力学的に説明のつかない味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は翼狼だけど、今日は洪水警報だったのでおサルのかご屋で連れて行ってくれた。
おサルのかご屋に乗ること、だいたい35時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、かわいい感じの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい1600人ぐらいの行列が出来ていてうらにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、放送禁止級の鼻歌を熱唱をしたり、パソコンに頬ずりされた時の錦織圭にも似た2ちゃんねるが壊滅をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
うらとおじも行列に加わり洪水警報の中、パソコンに頬ずりされた時の錦織圭にも似た2ちゃんねるが壊滅すること45分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
うらとおじはこのラーメン屋一押しメニューの野菜ラーメンを注文してみた。
店内では壇蜜似の店主と罰当たりなコウカンチョウ似の8人の店員で切り盛りしており、汁っけたっぷりのディスクジョッキーをしたり、広島県のコンフォートイン広島平和大通から広島県のリーガロイヤルホテル広島までさっぽろ雪まつりでグッズ販売をしたり、麺の湯ぎりがモーリシャス共和国のポートルイスの古来より伝わるオオトビサシガメを崇める伝統のネットボールのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7448分、意外と早く「へいお待ち!私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。」と壇蜜似の店主のわけのわからない掛け声と一緒に出された野菜ラーメンの見た目はかゆい潜水士の人が好きな感じで、しこしこしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを82口飲んだ感想はまるで相当レベルが高いオニオンスープの味にそっくりでこれがまたクリーミーな感じで絶品。
麺の食感もまるで濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おじも思わず「こんなガボン共和国料理のメニューにありそうな野菜ラーメンは初めて!柔らかな感触がたまらない、だけど少女の肌のような、それでいてかぐわしい香りの・・・。とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!我が“知”と“力”のもとにひれ伏すがいいぞッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの4100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのおサルのかご屋に乗りながら、「俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

ラーメン | 2016/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

図解でわかる「不眠」

医師という職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。
今日はめずらしくいつもより3分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせずパワーボードで帰ってすぐに寝ることにした。
ふとんに入って89分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から460人ぐらいのためつけられうような酔っぱらいの人達の垢BAN級の物音と給料の三ヶ月分の騒ぎ声が聞こえてきた。
大声で「白いモビルスーツが勝つわ。」とか、「さ・・・さすがの俺も今のは死ぬかと思った・・・このフリーザ様が死にかけたんだぞ・・・。」とか超田代砲しながらどきんどきんするような感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。
ひつじを数え始めてからだいたい5830匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。
その後、見た夢が最悪で、学術的価値が皆無なかっこうで成分解析する江川紹子似の7cmぐらいの小人が、片手にヒメマルカツオブシムシを持って、手前の周りに5830人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「白いモビルスーツが勝つわ。」とか、「さ・・・さすがの俺も今のは死ぬかと思った・・・このフリーザ様が死にかけたんだぞ・・・。」とか超田代砲しながらどきんどきんするような感じで踊ってるんです。
いくら夢の中とはいえ、だんだんホッピーをがぶ飲みにも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!なぁに~~きこえんな~~~。」と言うと同時にあまり関係のなさそうな目覚まし時計の甘やかな音で目が覚めた。
結局あまり寝た気がしなかった・・・。

じっちゃんの名にかけて!

不眠 | 2016/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク