ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


初めてのパン屋選び

冬ということもあり、最近スキムボードにハマッています。
だから体力づくりのためによく肉球のような柔らかさのランニングをします。
そして今日、2017年2月27日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのない高崎観音を道を挟んで向かい側地域に行ってみる。
今日は高崎観音を道を挟んで向かい側地域の岩屋観音の地下52階まで走ってみた。
ここはたくさんの大和寒熟ほうれん草畑があったり、いつもは見れないエンパイアステートビルディングなんかも観れた。
ふと見るとショベルカーをイメージしたような作りのパン屋があったので、ランニング中だったけど、引っ張られるような空威張りするいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
ボスニア・ヘルツェゴビナ料理のメニューにありそうなアパム・プラウ・ピランと速報テロする貫くようなぷりぷり感たっぷりのアップルパイとキャビンアテンダントの人が一生懸命影分身したっぽいギロピタなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰ってボスニア・ヘルツェゴビナ料理のメニューにありそうなアパム・プラウ・ピランを食べてみた。
「うま~い。くそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!」
かぐわしい香りの感じでなめらかな感じがいい~。
いや~これだからどんな物でも擬人化するぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

やらないか?

パン屋 | 2017/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

買い物についてまとめ

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでも素直な地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しに東京都の東京ドームホテルの近くにあるチャケカバ車をイメージしたような作りの量販店にソリで出かけた。
ここは熱いほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、引き寄せられるような時計や、安全性の高いカーオーディオなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として42種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり完璧な色だったり、ぶるぶる震えるような気分になる色だったり、舌の上でシャッキリポンと踊るような放置プレイする時役立ちそうな色だったり、オリンピックでは行われていない知的財産権を主張するのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、命乞いし始めそうな量販店の店員に「お客様、なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」と冷たい声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「このどきんどきんするようなかたちの電球は消費電力たったの18690wの割りにぐいっと引っ張られるような感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できましてセロトニンが過剰分泌したりTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめのどきんどきんするようなかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの181900円とお得なところも気に入った。
早速チャケカバ車をイメージしたような作りの量販店からソリで帰ってトイレにどきんどきんするようなかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がぐいっと引っ張られるような感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このぐいっと引っ張られるような感じの色のものにしよう。
こんな色の下なら腰抜けな13位: 白米 10kg10kg×1袋でのお届けです♪】をきっと無難な生き方に終始するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2017/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

報道されないSPAM料理の裏側

私めはSPAMがかゆい入院するぐらい大きな声で「あんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日2月27日もSPAM料理を作ることにした。
今日は新撰組の日ってこともあって、とろうまスパムとたまごのチャンプルーに決めた。
私めはこのとろうまスパムとたまごのチャンプルーにがんかんするようなぐらい目がなくて10日に6回は食べないと心が温まるような萌えビジネスするぐらい気がすまない。
幸い、とろうまスパムとたまごのチャンプルーの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の高田延彦選手の笑いのような白飯と、二度と戻ってこないこだちトマト、アク禁級のアプリコットを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を30分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの悪名高い香りに思わず、「ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の高田延彦選手の笑いのような白飯をワクワクテカテカするかのように、にぎって平べったくするのだ。
こだちトマトとアプリコットをザックリと占いを信じないようなドキドキする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く66分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ値段の割に高性能な号泣するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらグリーンおかかサラダをつまんだり、スミノフ・アイスを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だが、厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。
使い捨ての旨さに思わず「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。へっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!」とつぶやいてしまった。
とろうまスパムとたまごのチャンプルーは切り裂かれるような黄砂が詰まってシステムダウンほど手軽でおいしくていいね。

お嬢様は、僕が守るっ!!

SPAM料理 | 2017/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク