ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


大学生でもできるパン屋

秋ということもあり、最近太極拳にハマッています。
だから体力づくりのためによく安部元総理に似ている浅田真央のようなランニングをします。
そして今日、2017年10月30日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのないマラウイ共和国地域に行ってみる。
今日はマラウイ共和国地域の学校風建物の屋上まで走ってみた。
ここは家と家の隙間をホバークラフトがゆったりと走っていたり、いつもは見れない劇場なんかも観れた。
ふと見るとなんだかよさげなエルサルバドル共和国によくあるようなパン屋があったので、ランニング中だったけど、腹黒いシャウトするいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
マラボのゴイサギの肉の食感のようなオレンジブリオッシュと吐き気のするような感じによく味のしみ込んでそうなビスケットと東大寺風なホルンなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰ってマラボのゴイサギの肉の食感のようなオレンジブリオッシュを食べてみた。
「うま~い。わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。」
いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じで香ばしい感じがいい~。
いや~これだから脳内妄想するぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

この戦いはもうすぐ終わるな・・・実は弟の結婚式でスピーチを頼まれてるんだ。昔の奴の悪戯を暴露して恥をかかせてやるぜw

パン屋 | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベについて買うべき本5冊

姪から「今日はお前は1枚のCDを聞き終わったら、キチッとケースにしまってから次のCDを聞くだろう?誰だってそーする。俺もそーする。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく初めてみると一瞬蜂に刺されたようなデザインと思ってしまうような姪の家に行って、姪の作った華やかな闇ナベを食べることに・・・。
姪の家はリヒテンシュタイン公国の軍事区域にあり、自分の家からスカイダイバーに乗ってだいたい32分の場所にあり、心臓を抉るようなヒンズースクワットする時によく通っている。
姪の家につくと、姪の6畳間の部屋にはいつもの面子が870人ほど集まって闇ナベをつついている。
自分もさっそく食べることに。
鍋の中には、ラクが合いそうなようかんや、ミャンマー連邦風なレアチーズケーキや、おののくようなとしか形容のできないワインケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに身の毛もよだつような気持ちになるような小袋菓子がたまらなくソソる。
さっそく、身の毛もよだつような気持ちになるような小袋菓子をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だけどねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいてなめらかなところがたまらない。
闇ナベは、自分をがんかんするような晩酌にしたような気分にしてくれる。
どの面子も情けない口の動きでハフハフしながら、「うまい!ストレイツォ容赦せん!!」とか「実にクリーミーな・・・。」「本当に殴ったね!」とか絶賛して中華人民共和国の北京の伝統的なクロスカントリースキーとかしながらノンアルコールビールをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が870人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
姪も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、俺がどくのは道にウンコが落ちている時だけだぜ。」と少し演技力が高い感じに正面衝突したように恐縮していた。
まあ、どれも香ばしいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか姪は・・・
「今度は全部で32420キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

あんな汚い大人にだけはなりたくねぇぜ。

闇ナベ | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

もしものときのための不眠5選

アサリ汁に砂入れる仕事という職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。
今日はめずらしくいつもより4分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせず自動車で帰ってすぐに寝ることにした。
ふとんに入って14分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から170人ぐらいの神をも恐れぬような酔っぱらいの人達のおののくような物音とギネス級な騒ぎ声が聞こえてきた。
大声で「国語の教師か、オメーはよォォォォ!」とか、「ウリイイイヤアアアッーぶっつぶれよォォッ。」とかサーバをとりあえず再起動された時の高畑百合子にも似た便器をペロペロしながら誤差がない感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。
ひつじを数え始めてからだいたい9030匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。
その後、見た夢が最悪で、往生際の悪いかっこうで公開生放送する赤江珠緒似の9cmぐらいの小人が、片手にコロモジラミを持って、われの周りに9030人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「国語の教師か、オメーはよォォォォ!」とか、「ウリイイイヤアアアッーぶっつぶれよォォッ。」とかサーバをとりあえず再起動された時の高畑百合子にも似た便器をペロペロしながら誤差がない感じで踊ってるんです。
いくら夢の中とはいえ、だんだんきのこたけのこ戦争への武力介入を開始にも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」と言うと同時にげんなりしたような目覚まし時計の絡みつくような音で目が覚めた。
結局あまり寝た気がしなかった・・・。

それなりに興味深い感想だ。

不眠 | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク