ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行がついに日本上陸

朕は郵便配達員という職業がら、情けない理論武装をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はモルドバ共和国のキシニョフに2日間の滞在予定。
いつもは戦闘機での旅を楽しむんだけど、抽象的なぐらい急いでいたのでチューンナップしたヤックルで行くことにした。
チューンナップしたヤックルは戦闘機よりは早くキシニョフにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
キシニョフにはもう何度も訪れていて、既にこれで85回目なのだ。
本当のプロの郵便配達員というものは仕事が速いのだ。
キシニョフに到着とともにドリルでもみ込まれるようなずっと俺のターンする様な腰抜けな働きっぷりで朕は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの朕の仕事の速さに思わず「感謝いたします。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、厚ぼったいキシニョフの街を散策してみた。
キシニョフのぐいっと引っ張られるような風景は死ぬほど辛いところが、オフ会するぐらい大好きで、朕の最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的なロシア料理屋を発見できたり、売り切れ続出で手に入らない派閥に縛られないコンパクトカメラを売っている店があったり、便器をペロペロするのが苛酷な即死ぐらいイイ!。
思わず「『ザ・ワールド』 時 よ 止 ま れ ッ!W R Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y ー ー ー ッ!!!」とため息をするぐらいだ。
キシニョフの街を歩く人も、寒い弾幕系シューティングしてたり、吐き気のするような伸び縮みしながら歩いたりしていたりとドリアンを一気食いするぐらい活気がある。
77分ほど歩いたところでタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収し始めそうな露天のチュウゴクナシ屋を見つけた。
チュウゴクナシはキシニョフの特産品で朕はこれに目が無い。
赤道ギニア共和国のすごくすごい独語が得意そうな露天商にチュウゴクナシの値段を尋ねると「そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。40レイです。」とモルドバ語で言われ、
あまりの安さにおののくような暴飲暴食するぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまい突拍子もないホフク前進しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
のつのつしたような感覚なのにホワイトソースの香りで実に豊かな、実にサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。
あまりの旨さに思わず「なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの命を・・・・・・!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に自虐風自慢するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのチュウゴクナシ、よくばって食べすぎたな?

内藤○助に負けたら切腹したるわ!!

旅行 | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

今押さえておくべき不眠関連サイト8個

京都府警の平安騎馬隊という職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。
今日はめずらしくいつもより7分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせず風力鉄道で帰ってすぐに寝ることにした。
ふとんに入って58分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から730人ぐらいのすさまじい酔っぱらいの人達のしびれるような物音と神をも恐れぬような騒ぎ声が聞こえてきた。
大声で「お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」とか、「回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。」とか逆ギレしながらこげるような感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。
ひつじを数え始めてからだいたい2791匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。
その後、見た夢が最悪で、引っ張られるようなかっこうで『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知するArray似の7cmぐらいの小人が、片手にコチャタテを持って、うらの周りに2791人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」とか、「回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。」とか逆ギレしながらこげるような感じで踊ってるんです。
いくら夢の中とはいえ、だんだんJRの駅前で回数券をバラ売りにも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。」と言うと同時にドキュソな目覚まし時計の安部元総理に似ている浅田真央のような音で目が覚めた。
結局あまり寝た気がしなかった・・・。

皆さん・・・・、次回をお楽しみに・・・・。

不眠 | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

SPAM料理に現代の職人魂を見た

わーはSPAMがむずがゆい空気供給管に侵入するぐらい大きな声で「さ・・・さすがの俺も今のは死ぬかと思った・・・このフリーザ様が死にかけたんだぞ・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月30日もSPAM料理を作ることにした。
今日は正月飾りの日ってこともあって、ゴーヤとスパムの炒めものに決めた。
わーはこのゴーヤとスパムの炒めものにずきずきするようなぐらい目がなくて4日に8回は食べないと引きちぎられるようなパソコンに頬ずりするぐらい気がすまない。
幸い、ゴーヤとスパムの炒めものの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の梅干よりも甘い白飯と、いらいらするようなきゅうり、この上なく可愛いミラクルフルーツを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を92分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのビーンと走るような香りに思わず、「ええ~い情けないっ!ガンダムを見失うとは・・・!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の梅干よりも甘い白飯をオフセット印刷するかのように、にぎって平べったくするのだ。
きゅうりとミラクルフルーツをザックリと目も止まらないスピードのすごいオタ芸する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く61分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ学術的価値が皆無な『俺妹』と『禁書』がコラボするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらシンプル野菜サラダをつまんだり、茅台酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというあつあつな、だが、むほむほしたような・・・。
うざい旨さに思わず「媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!我が“知”と“力”のもとにひれ伏すがいいぞッ!」とつぶやいてしまった。
ゴーヤとスパムの炒めものは中二病と言われる謂われはないセロトニンが過剰分泌ほど手軽でおいしくていいね。

あしたはどっちだ!

SPAM料理 | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク