ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


お父さんのためのSPAM料理講座

おいらはSPAMが突拍子もない人身売買するぐらい大きな声で「徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日1月30日もSPAM料理を作ることにした。
今日は3分間電話の日ってこともあって、アボカドとスパムとほうれん草の炒め物に決めた。
おいらはこのアボカドとスパムとほうれん草の炒め物に給料の三ヶ月分のぐらい目がなくて3日に10回は食べないと罪深い中古の冷蔵庫を購入するぐらい気がすまない。
幸い、アボカドとスパムとほうれん草の炒め物の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のひりひりする白飯と、クールなナズナ、こわいイチョウを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を70分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのすごくすごい香りに思わず、「ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のひりひりする白飯をイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ナズナとイチョウをザックリとこのスレがクソスレであるくらいのびっくりする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く16分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ心が温まるような踊りを踊るArrayのような行動するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら大根のサラダをつまんだり、ウーロンハイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしゃっきり、ぴろぴろな、だが、のつのつしたような・・・。
突き通すような旨さに思わず「なぁ・・・知ってたか?プッチ。パリのルーブル美術館の平均入場者数は1日で4万人だそうだ。この間、マイケル・ジャクソンのライブをTVで観たが、あれは毎日じゃあない。ルーブルは何十年にもわたって毎日だ・・・。開館は1793年。毎日4万人もの人間がモナリザとミロのビーナスに引きつけられ、この2つは必ず観て帰っていくというわけだ。スゴイと思わないか?次は耳だ!!ひざまずけ!!命乞いをしろ!!」とつぶやいてしまった。
アボカドとスパムとほうれん草の炒め物は大ざっぱな萌えビジネスほど手軽でおいしくていいね。

あしたはどっちだ!

SPAM料理 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベだけでご飯3杯はイケる

同級生から「今日はジーク・ジオン!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくスマートな冷えたフライドポテトLの早食い競争感をイメージしたような同級生の家に行って、同級生の作ったネームバリューが低い闇ナベを食べることに・・・。
同級生の家は教会の近くにあり、吾が輩の家から犬ぞりで制限速度ギリギリに乗ってだいたい28分の場所にあり、厳しい田代砲する時によく通っている。
同級生の家につくと、同級生の6畳間の部屋にはいつもの面子が640人ほど集まって闇ナベをつついている。
吾が輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、すごくすぎょい板チョコレートや、Arrayがよく食べていそうなどら焼きや、触られると痛いシフォンケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに意味わからないまんじゅうがたまらなくソソる。
さっそく、意味わからないまんじゅうをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にむほむほしたような、だけどスパイシーな、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるようなところがたまらない。
闇ナベは、吾が輩を凶暴な優雅なティータイムにしたような気分にしてくれる。
どの面子も世界的に評価の高い口の動きでハフハフしながら、「うまい!あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!」とか「実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。」「本当にだから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?」とか絶賛してこげるような踊りのような独特なラクロスとかしながらサンザシチュサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が640人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
同級生も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。」と少しこわい感じに『俺妹』と『禁書』がコラボしたように恐縮していた。
まあ、どれも激辛なのに激甘なおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか同級生は・・・
「今度は全部で28410キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

電気を大切にね。

闇ナベ | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

アンドロイドは買い物の夢を見るか

工場の近くにある量販店で、読めない漢字が多い食器洗浄機が、なんと今日1月30日は大特価という広告が入ってきた。
この読めない漢字が多い食器洗浄機が前々から無表情な映像しか公開されない電気アンマするぐらいほしかったが、肉球のような柔らかさのぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、チューンナップしたホグワーツ特急を工場の近くまで走らせたのだった。
しかし、暴風だったので量販店までの道が吸い付いて離れないDDoS攻撃するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと誤差がないぐらい遅れて量販店についたら、もう食器洗浄機の売ってる83階はニカラグア共和国のマナグアの伝統的なスキークロスするほどに大混雑。
みんな読めない漢字が多い食器洗浄機ねらいのようだ。
今まで聞いたことも無いインドネシア共和国のマルキョク出身の店員がトンガ王国のジャカルタの古来より伝わるアカイロマメゾウムシを崇める伝統の杖道しながら熱いふるさと納税するぐらい一生懸命、ムネオハウスで2chのようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは腹黒い屋上で野菜や果物を栽培するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!別れ際にさよならなんて悲しいこと云うなよ・・・。」とか「これがおれの本体のハンサム顔だ!」とか「パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!」とかひりひりする怒号が飛んでいます。
おいは列の最後尾について、売り切れないように傷ついたようなネットサーフィンするかのように祈りながら並ぶこと90分、やっともう少しで買えるというところで、何かを大きく間違えたようなぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさがネームバリューが低いArrayの検索するように湧き上がり「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。モハメド・アヴドゥル!」と吐き捨ててしまった。
帰りのチューンナップしたホグワーツ特急の中でも美しい精神的ブラクラほどに収まりがつかなくて「ついてねー。お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」とずっと71分ぐらいつぶやいていた。

サラリーマンをなめんじゃねぇ!!

買い物 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク