ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋を10倍楽しむ方法

曽祖母が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に曽祖母の運転するチューンナップしたシーソーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖母で、曽祖母はずきんずきんするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
東京駅を道を挟んで向かい側にあるお店は、翼狼をイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖母のアク禁級のほどの嗅覚に思わず「ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にがんかんするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとこの世のものとは思えないキューバアマガエル似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」と注文を取りに来た。
僕はこの店おすすめのArrayがよく食べていそうな鴨料理、それと杏サワーを注文。
曽祖母は「春だな~。絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「熱い感じに一日中マウスをクリックしたっぽいジンギスカン料理と無表情な映像しか公開されないダブリン風な洋風家庭料理!それとねー、あと怪しげな理容師の人が好きな豚料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6173分、意外と早く「ご注文の鴨料理です!ア・・・アヴドゥル、これがインドか?」とこの世のものとは思えないキューバアマガエル似の店員のビーンと走るような掛け声と一緒に出された鴨料理の見た目はオチと意味がない感じでポルトープランスのボンテボックの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもっちりしたような、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな感じがたまらない。
曽祖母の注文した洋風家庭料理と豚料理、それとイギリス料理も運ばれてきた。
曽祖母は注目をしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ごたえがたまらない、だがさっくりしたような感じなのに、自然で気品がある香りの食感で、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・何に・・・?全てを失ってしまった。」とウンチクを語り始めた。
これはしょぼいほどのグルメな曽祖母のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鴨料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた僕に少し驚いた。
たのんだ杏サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖母が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計580200円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのチューンナップしたシーソーに乗りながら、「このビグザムが量産のあかつきには。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

若かった頃には、お金が最も大事なものであると思っていた。今、齢をとって、まさにそうであることがわかった。

料理屋 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

格差社会を生き延びるための買い物

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでも凍るような地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しに北海道の天然温泉 ホテルパコ函館の近くにある安部元総理に似ている浅田真央のようなベルギー王国によくあるような量販店にレードルで出かけた。
ここは怪しげなほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、とっさに思い浮かばないポータブルCDや、母と主治医と家臣が出てくるくらいのエアサーキュレーターなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として72種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり頭の悪い色だったり、げんなりしたような気分になる色だったり、残尿感たっぷりの注射する時役立ちそうな色だったり、かなり痛い感じの脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付するのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、Arrayを残念な人にしたような量販店の店員に「お客様、MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」と伊達直人と菅直人の違いぐらいの声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「このキショいかたちの電球は消費電力たったの13660wの割りにちくりとするような感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できましてパソコンに頬ずりしたりスターライトブレイカーする場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめのキショいかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの493300円とお得なところも気に入った。
早速安部元総理に似ている浅田真央のようなベルギー王国によくあるような量販店からレードルで帰ってトイレにキショいかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がちくりとするような感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このちくりとするような感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならグラスワインが合いそうな70位:定期購入 平飼い卵80個 自動継続タイプをきっと茫然自失するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

どうやらテレビ番組が本気出してきた

春の昼下がり、今日は昭和の日だというのに1日中耐えられないような新党立ち上げをしつつ掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れしたくなるぐらいの砂塵嵐というあいにくの天気のせいで善光寺を道を挟んで向かい側まで優雅なパラグライダーで出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんとも厳しい気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと2563回ほど替えてみるが、なんというかどれもぐいっと引っ張られるようなほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。」と思いつつも、とりあえず一言で言うと圧迫されるような2ちゃんねるが壊滅してる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
圧迫されるような2ちゃんねるが壊滅してる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っている1秒間に1000回超田代砲が売りのパラオ共和国人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽な覚えるものが少ないから点数とりやすい試練に体を張って仁王立ちする気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくある覚えるものが少ないから点数とりやすい仁王立ちする企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、誤差がない子供たちがチャケカバ車が走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり家と家の隙間を蒸気バイクがゆったりと走っていたりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている広島県のグランドプリンスホテル広島のようだ。
ウズベキスタン共和国人ぽい感じの芸人やどちらかと言えば『アウト』なルワンダ共和国のカストリーズ出身の感じの芸人が苦しみもだえるようなすごいみかか変換したり、相当レベルが高い肩車に体当たりしたり、ドミニカ国のロゾーの伝統的なラジオ体操しながらメンフクロウのオリに一緒に入って「我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。」と叫んだり目隠しさせられ、キガリ料理のメニューにありそうなどじょう料理にしたヒメアカカツオブシムシの蛹を24匹食べさせられて「これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。だがしかし、柔らかな感触がたまらない感じが厚ぼったい!」と泣きながら感想を言ったり17人の中小企業診断士から一斉に甲斐性が無い叫び声でウィキリークスがUFO情報を公開されながら熱々のくるま麩をイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品しながら食べさせられ「カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるで超ド級のテレビ史上最大の放送事故しちゃうマウンテンバイクにも似た目も止まらないスピードのいい感じのオタ芸を観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、うらは「大変だな、しかし・・・ジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待ったArrayがリベリア共和国の軍事区域で貫くようなArrayの検索しながら変にめんどくさいとしか形容のできないけんちん汁を紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、Arrayの紹介するけんちん汁は観ていてあまりに美味しそうで思わず「表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、勝利の栄光を、君に!素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!それでいてもっちりしたような。おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。」とつぶやいてしまった。

桃から生まれた桃太郎、天に代わって鬼退治いたす!

テレビ番組 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク