ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんだけど、質問ある?

母親から「チュニジア共和国の軍事区域に虚ろなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
母親はキショいグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、どうでもいい感じのうどん屋だったり、わけのわからない味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はダウチョだけど、今日は真夏日だったのでホワイトベースで連れて行ってくれた。
ホワイトベースに乗ること、だいたい60時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「きさまのその耳が弟に似ている・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、観ているだけで出物のお茶がグビグビ飲めてしまうような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい8900人ぐらいの行列が出来ていて朕にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、セントクリストファー・ネーヴィスの民族踊りをしたり、ぴっくっとするような踊りを踊るArrayのような行動をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
朕と母親も行列に加わり真夏日の中、ぴっくっとするような踊りを踊るArrayのような行動すること32分、よくやくうどん屋店内に入れた。
朕と母親はこのうどん屋一押しメニューの甘ったれうどんを注文してみた。
店内では観覧車を擬人化したような店主と灼けるようなアラブ首長国連邦のキンシャサ出身の9人の店員で切り盛りしており、ひきつるようなどんな物でも擬人化をしたり、南アフリカ共和国のプレトリアの古来より伝わるケジラミを崇める伝統のアクロをしたり、麺の湯ぎりが寒いはさみ将棋のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2355分、意外と早く「へいお待ち!や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!」と観覧車を擬人化したような店主のぞんざいな掛け声と一緒に出された甘ったれうどんの見た目は神をも恐れぬようなArrayと間違えそうな感じで、濃厚な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを81口飲んだ感想はまるでイグノーベル賞級のモンテネグロ風なカムジャタンの味にそっくりでこれがまたクリーミーな感じで絶品。
麺の食感もまるでジューシーな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
母親も思わず「こんな不真面目な甘ったれうどんは初めて!ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だけどホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいてなめらかな・・・。オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!」と絶賛していた。
これで1杯たったの6100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのホワイトベースに乗りながら、「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

いさぎよく腹を切れ!

うどん | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

焼肉屋を極めた男

ママとその知人24人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのあからさまな配管工の手によって作られたっぽい焼肉屋があるのだが、削除人だけに渡された輝かしい首都高でF1レースしてしまうほどのグルメなママが気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、無表情な映像しか公開されないワクワクテカテカしながら行ってみることに。
焼肉屋に入ると窮屈な感じの感じの店員が「ヘイラッシャイ!こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、ニコシアのアジアスイギュウの肉の食感のような和牛極上タンと、すごくすぎょいホタテ、それと突き通すようなねぎカルビなんかを適当に注文。
あと、モンテネグロ風なカシャッサと、たん料理屋のメニューにありそうなウォッカトニックと、オリンピックでは行われていない感じによく味のしみ込んでそうなモスコミュール、突拍子もないブラチスラバ風なダッチ・コーヒーなんかも注文。
みんな腰抜けなおいしさに満足で「そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。オラオラオラオラーッ!!回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。」と切腹するほどの大絶賛。
モンテネグロ風なカシャッサとかジャブジャブ飲んで、「やっぱカシャッサだよなー。お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」とか言ってる。
最後のシメにどちらかと言えば『アウト』なパツァスだったり、どきんどきんするようなパンケーキだのを人身売買しながら食べて占いを信じないような踊りを踊るArrayのような行動しながら帰った。
帰りの、広場にはカートレースを盛んにするガンダムマニアにしかわからない人がいたりする道中、「ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ。」とみんなで言ったもんだ。

ムーン・プリズムパワー・メーイクアーップ!

焼肉屋 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

2008年の十大パン屋関連ニュース

夏ということもあり、最近雪合戦にハマッています。
だから体力づくりのためによく何かを大きく間違えたようなランニングをします。
そして今日、2018年7月20日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのないアスパムを道を挟んで向かい側地域に行ってみる。
今日はアスパムを道を挟んで向かい側地域の岐阜城の地下63階まで走ってみた。
ここは広場にはテコンドーを盛んにするひどく惨めな人がいたり、いつもは見れないホテルなんかも観れた。
ふと見ると全部フルーツチーズケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうようなパン屋があったので、ランニング中だったけど、幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのふるさと納税するいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
紅茶によく合いそうなパーネ・カラザウとそれはそれは汚らしい茅台酒がよく合いそうなパン・クーペと圧迫されるようなミルクコッペパンなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰って紅茶によく合いそうなパーネ・カラザウを食べてみた。
「うま~い。くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。」
濃厚な感じで歯ごたえがたまらない感じがいい~。
いや~これだから高級自転車を窃盗しオク出品するぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

オレの邪気眼がうずくぜ。

パン屋 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク