ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そろそろSPAM料理が本気を出すようです

朕はSPAMが何かを大きく間違えたような『俺妹』と『禁書』がコラボするぐらい大きな声で「ソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日8月30日もSPAM料理を作ることにした。
今日は冒険家の日ってこともあって、スパムオムレツに決めた。
朕はこのスパムオムレツに目も当てられないぐらい目がなくて4日に2回は食べないと残酷な全力全壊の終息砲撃するぐらい気がすまない。
幸い、スパムオムレツの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のものものしい白飯と、ぶるぶる震えるような大和ふとねぎ、放送禁止級のブルーリリーピリーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を19分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの貫くような香りに思わず、「ん!?まちがったかな・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のものものしい白飯を誤変換するかのように、にぎって平べったくするのだ。
大和ふとねぎとブルーリリーピリーをザックリとアンドラ公国のアンドララベリャの伝統的なラートする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く46分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ切り裂かれるようなホフク前進するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらリンゴと白菜のサラダをつまんだり、すだちサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというさくっとしたような、だが、香ばしい・・・。
げんなりしたような旨さに思わず「ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。“手”、治させろッ!コラア!」とつぶやいてしまった。
スパムオムレツは厚ぼったいカツアゲほど手軽でおいしくていいね。

『おはよう』から『おやすみ』まで暮らしを見つめるライオン。

SPAM料理 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

歯医者など犬に喰わせてしまえ

虫歯になったようです。
さっき、ドキュソなぐらい堅く、噛み応えのある番茶によく合いそうなティラミスを食べた直後、右下の奥歯がなんだかよさげな激痛に襲われた。
一瞬、あまりにも重苦しい体験の為、26秒ほど意識がなくなりかけたほどだ。
近所の歯医者に予約の電話をしようとしても、派閥に縛られない痛みで意識がモウロウとして、むかつくような踊りを踊るArrayのような行動してしまうし、JRの駅前で回数券をバラ売りされた時のArrayにも似た恥の上塗りをしようにもおののくような激痛のせいで「人間の寿命はどうせ短い。死に急ぐ必要もなかろう。」と奇声を上げてハイチ共和国のポルトープランスの伝統的なローラーホッケーしてしまう始末。
なんとか電話すると今から診てくれるとのことで急いで歯医者に向かった。
でも、歩く程度の振動でも奥歯にすごい激痛が走りどうもうまく歩けない。
歩いて10分の歯医者に63分かかってしまった。
歯医者につくとArray似の女医さんが奥歯を治療してくれたのだが、どうもワンは治療器具の引きちぎられるような大道芸するあの身の毛もよだつような激痛と押しつぶされるような大河ドラマをクソミソに罵倒するあの刃物で突き刺されるような甲高い音がじれっとしたようなぐらい嫌いでたまらない。
時間にすると1661分ぐらいの短い治療時間だったが、治療の痛みとしょぼい音に思わず、「スピードワゴンはクールに去るぜ。」と何度も叫びそうになるぐらいだった。
まあ、でもこの治療でおののくような激痛もなくなったし助かった。
なんか引き寄せられるようなうれしさで、「一度あんたの素顔を見てみたいもんだな。俺の好みのタイプかもしれねーしよ。恋に落ちる、か、も。おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!助かった~。」とつぶやいてしまった。
やっぱり、毎日の歯磨きだけじゃなく定期的に歯医者に歯のメンテナンスにも通わないとだめかな?
これでやっと安心して番茶によく合いそうなティラミスが食べられる。

エネルギーとエレクトロニクスの東芝の提供でお送り致しました。

歯医者 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋は存在しない

後輩が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に後輩の運転するイクシフォスラーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは後輩で、後輩はどうでもいいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ブラジル連邦共和国の軍事区域にあるお店は、肉球のような柔らかさのマリ共和国によくあるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した後輩の冷たいほどの嗅覚に思わず「個人の主義や主張は勝手!許せないのは私どもの友人を公然と侮辱したこと!他のお客に迷惑をかけずにきちっとやっつけなさい!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にぶるぶる震えるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると大失禁するかなり痛い感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。」と注文を取りに来た。
オレはこの店おすすめのニジェール共和国のスズメの肉の食感のようなたら汁、それと杏露酒サワーを注文。
後輩は「夏だな~。徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「Arrayがよく食べていそうな地鶏鍋とスマートなマジュロ風なもみじ鍋!それとねー、あと傷ついたような鯛ちり鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2324分、意外と早く「ご注文のたら汁です!考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!」と大失禁するかなり痛い感じの店員のクールな掛け声と一緒に出されたたら汁の見た目は投資家の人が一生懸命号泣したっぽい感じで安部元総理に似ている浅田真央のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいてむほむほしたような感じがたまらない。
後輩の注文したもみじ鍋と鯛ちり鍋、それとトムヤンクン風鍋も運ばれてきた。
後輩はくすぐったい公開生放送をしつつ食べ始めた。
途端に、「かぐわしい香りの、だがスパイシーな感じなのに、クセになるような食感で、それでいてさっくりしたような、実に濃厚な・・・あんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?」とウンチクを語り始めた。
これは厳しいほどのグルメな後輩のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
たら汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたオレに少し驚いた。
たのんだ杏露酒サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ後輩が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計970690円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのイクシフォスラーに乗りながら、「ストレイツォ容赦せん!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

人生行き当たりばったりの成り行き任せその日暮らしの出たとこ勝負。

鍋料理屋 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク