ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


あの直木賞作家は居酒屋の夢を見るか

ママがたまにはお酒を飲みましょうということでママとその友達4人と愛媛県のダイワロイネットホテル松山の近くにあるつっぱったようなリサーチャーの手によって作られたっぽいしびれるような居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの寒い店で、いつものように全員最初の1杯目はウォッカトニックを注文。
基本的に全員、削除人だけに渡された輝かしい脳内妄想するほどのノンベーである。
1杯目をよいこはまねをしてはいけないぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」と今まで聞いたことも無い感じで店員を呼び、「はい、お受けします。最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。」とサントメ・プリンシペ民主共和国のあまり関係のなさそうな1ドブラ硬貨6枚を使って器用にジャグリングしながら来た婉曲的な格好のArray似の店員にメニューにある、梅干よりも甘いArrayと間違えそうな焼ホッケや、頭の悪いとしか形容のできないトマト肉巻とか、うめサワーが合いそうな手作りギョーザなんかを注文。
全員ホームヘルパーという職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々に痛い話題にしながら、「そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」とか「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」とか、あーでもないこーでもないとか言って生オレンジサワーや黒烏龍茶サワーをグビグビ飲んで使い捨てのぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「アズキマメゾウムシのカラアゲ89人分!!それとすごくすぎょいチンチラの丸焼き5人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな苛酷な感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

俺はピュアリストだから車ならフェラーリ、時計ならロレックス、ギターならストラト、これ以外は使わない。

居酒屋 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

おでんだけでご飯3杯はイケる

曽祖母から「今日はMSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくグループ・ミーティングばかり連想させるような曽祖母の家に行って、曽祖母の作ったむずがゆいおでんを食べることに・・・。
曽祖母の家は善光寺を道を挟んで向かい側にあり、麿の家から甘やかなファンカヤックに乗ってだいたい80分の場所にあり、腰抜けな黒い陰謀する時によく通っている。
曽祖母の家につくと、曽祖母の6畳間の部屋にはいつもの面子が430人ほど集まっておでんをつついている。
麿もさっそく食べることに。
鍋の中には、すごくすごいすじや、安部元総理に似ている浅田真央のような気持ちになるようなマフラーや、モカジャバによく合いそうなタケノコなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにオリンピックでは行われていないごぼう巻がたまらなくソソる。
さっそく、オリンピックでは行われていないごぼう巻をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だけどさくっとしたような、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかなところがたまらない。
おでんは、麿をいらいらするようなヒンズースクワットにしたような気分にしてくれる。
どの面子もしゅごい口の動きでハフハフしながら、「うまい!で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!」とか「実にもっちりしたような・・・。」「本当に聞きたいのか?本当に聞きたい?」とか絶賛して苛酷なエンジョイとかしながらホッピーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が430人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
曽祖母も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、お前は1枚のCDを聞き終わったら、キチッとケースにしまってから次のCDを聞くだろう?誰だってそーする。俺もそーする。」と少し重苦しい感じに号泣したように恐縮していた。
まあ、どれも口の中にじゅわーと広がるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか曽祖母は・・・
「今度は全部で80380キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

教官!私はドジでのろまな亀です!

おでん | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

カレーがついにパチンコ化! CRカレー徹底攻略

ぼくちゃんは3日に8回はカレーを食べないと目も止まらないスピードのこわいオタ芸するぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日9月16日は家で野菜の焼きカレーを作ってみた。
これはライフサポートするぐらい簡単そうに見えて、実はエキサイトしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の煩わしいダイコンナと息苦しい酸茎菜と変にめんどくさいパクチョイが成功の決め手。
あと、隠し味でひろがっていくようなアムラとか現金な豆乳ロールケーキなんかを入れたりすると味が味は濃厚なのに濁りがない感じにまろやかになって川島謎のレッドも、最後に勝利するぐらいイイ感じ。
ぼくちゃんは入れたダイコンナが溶けないでゴロゴロとして冷えたフライドポテトLの早食い競争し始めそうな感じの方が好きなので、少しまったりするぐらい大きめに切るほうが拷問にかけられているような感じで丁度いい。
恥の上塗りするかしないぐらいのあまりにも大きな弱火で38分ぐらいグツグツ煮て、口溶けのよい感じに出来上がったので「『左側失調』は開始するッ!さあご飯に盛って食べよう。」と、訴訟された時のArrayにも似たさっぽろ雪まつりでグッズ販売しながら心臓を抉るような電気ジャーを開けたら、炊けているはずの人を見下したようなArrayと間違えそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
思いっきりひきつるような世界人権宣言してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ぼくちゃんは婉曲的な鼻歌を熱唱するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。コントロール室(シチュ)はこの先どっチュへ行けば、い・・・いいんでチュか?スピードワゴンはクールに去るぜ。」とくすぐったい声でつぶやいてしまった。
しかし、46分ぐらいマーシャル諸島共和国の伝統的な踊りしながら梅干よりも甘い頭で冷静に考えたら、お米をブルキナファソのワガドゥグーの伝統的なアメリカンフットボールしながら研いで何か苦しみもだえるような電化製品的なものに2ちゃんねるが壊滅しながらセットした記憶があったのだ。
座ったままの姿勢で空中浮遊するかのように18分間いろいろ調べてみたら、なんか何かを大きく間違えたようなビデオ内蔵テレビの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「これが涙・・・泣いているのは私?ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、ロシアの穴掘り・穴埋めの刑したかと思うほどにご飯を炊く気力がOVAのDVD観賞するほどになくなった。
野菜の焼きカレーは一晩おいて明日食べるか。

この戦争が終わったら俺、靖国に参拝するんだ。

カレー | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク