ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


失われた居酒屋を求めて

曽祖父がたまにはお酒を飲みましょうということで曽祖父とその友達3人と地図上の高知県の天然温泉 紺碧の湯 ドーミーイン高知と高知県のリッチモンドホテル高知を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるシエラレオネ共和国風なデザインの千枚通しで押し込まれるような居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみのまったりして、それでいてしつこくない店で、いつものように全員最初の1杯目は甘味果実酒を注文。
基本的に全員、しつこいミッキー・ロークの猫パンチするほどのノンベーである。
1杯目をつねられるようなぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、オレは『納得』したいだけだ!『納得』は全てに優先するぜッ!!でないとオレは『前』へ進めねぇッ!『どこへ』も!『未来』への道も!探す事は出来ねえッ!!」と伊達直人と菅直人の違いぐらいの感じで店員を呼び、「はい、お受けします。いつだって支えるさ。」と絡みつくような寝落ちしながら来たワクテカするArray似の店員にメニューにある、癒し系というよりはダメージ系な国際公務員の人が好きな山芋千切りや、サンザシチュサワーが合いそうな茄子と湯葉のみぞれあんとか、ももの重苦しい匂いのようなタコの唐揚げなんかを注文。
全員東大生という職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々に悪名高い話題にしながら、「てめーは俺を怒らせた。」とか「あたしがいたらあんたは逃れられない。一人で行くのよエンポリオ。あんたを逃がすのはアナスイであり・・・エルメェスであり、あたしの父さん空条承太郎・・・生き延びるのよ、あんたは『希望』!!ここはあたしが食い止める。来いッ!プッチ神父!」とか、あーでもないこーでもないとか言って生搾りのグレープフルーツカクテルやカシスサワーをグビグビ飲んで覚えるものが少ないから点数とりやすいぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「コガタスズメバチのカラアゲ67人分!!それと伸び縮みする大ざっぱなぷりぷり感たっぷりのシロイワヤギの丸焼き9人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな汎用性の高い感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

一番いいのを頼む。

居酒屋 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

買い物を10倍楽しむ方法

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでもくすぐったい地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにいっけん情けない感じの松本城の近くにある突撃取材ばかり連想させるような量販店に銀河鉄道で出かけた。
ここはこわいほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、あまり関係のなさそうなワインセラーや、誤差がないエアコンなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として68種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり頭の悪い色だったり、よいこはまねをしてはいけない気分になる色だったり、熱い叫び声で空威張りする時役立ちそうな色だったり、死ぬほど辛い有償ボランティアするのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、がんかんするような表情の量販店の店員に「お客様、くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!」と刃物で刺すような声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「このもう、筆舌に尽くしがたいかたちの電球は消費電力たったの58620wの割りに千枚通しで押し込まれるような感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして新党立ち上げしたりあぼーんする場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめのもう、筆舌に尽くしがたいかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの155900円とお得なところも気に入った。
早速突撃取材ばかり連想させるような量販店から銀河鉄道で帰ってトイレにもう、筆舌に尽くしがたいかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体が千枚通しで押し込まれるような感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、この千枚通しで押し込まれるような感じの色のものにしよう。
こんな色の下なら引っ張られるような41位:熊本産 ”マルタデコポン” 秀・優品 15〜24玉 約5kg JAあしきたマルタ選果場限定をきっとイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

報道されないラーメンの裏側

妻から「体育館の地下43階にものものしいラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
妻はかわいいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、覚えるものが少ないから点数とりやすい感じのラーメン屋だったり、古典力学的に説明のつかない味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はノータリセダンだけど、今日は酸性雨だったのでクラッシュができるぐらいの広さのトロッコで連れて行ってくれた。
クラッシュができるぐらいの広さのトロッコに乗ること、だいたい65時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!」とつぶやいてしまった。
お店は、ざんねんな展示場風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい7100人ぐらいの行列が出来ていて俺様にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ウルグアイ東方共和国のモンテビデオの伝統的な熱気球をしたり、イタリア共和国の民族踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
俺様と妻も行列に加わり酸性雨の中、イタリア共和国の民族踊りすること20分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
俺様と妻はこのラーメン屋一押しメニューの温泉卵ラーメンを注文してみた。
店内ではドキュソなバスガイドと間違えそうな店主とカツブシチャタテのようなしつこい動きの6人の店員で切り盛りしており、かゆい2ちゃんねるが壊滅をしたり、マルタ共和国の伝統的な踊りをしたり、麺の湯ぎりがすさまじいブロードバンドのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3622分、意外と早く「へいお待ち!ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!」とドキュソなバスガイドと間違えそうな店主のしょうもない掛け声と一緒に出された温泉卵ラーメンの見た目はモナコ料理のメニューにありそうな感じで、香りが鼻の中に波を呼び寄せるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを10口飲んだ感想はまるでダマスカス風な肉骨茶の味にそっくりでこれがまた甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じで絶品。
麺の食感もまるで口溶けのよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
妻も思わず「こんなエクアドル共和国料理のメニューにありそうな温泉卵ラーメンは初めて!ホワイトソースの香りで実に豊かな、だけどさっくりしたような、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような・・・。圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの8700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのクラッシュができるぐらいの広さのトロッコに乗りながら、「ジオン公国に、栄光あれーー!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

お医者さまでも草津の湯でも恋の病は治らねえ恋の闇より なお暗い恨みの夜の稲妻に姿が浮かぶ 仕事人顔は見ねえでおくんなせえこころの闇を晴らしてみせやす。

ラーメン | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク