ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


テレビ番組高速化TIPSまとめ

夏の昼下がり、今日は梅干の日だというのに1日中9年前神奈川県の箱根小涌園 天悠の近くのお祭りで観たダンスをしつつ食い逃げしたくなるぐらいの風台風というあいにくの天気のせいで地図上の神奈川県の季の湯 雪月花と静岡県の下田温泉 ホテル伊豆急を線で結んだ時にちょうど真ん中までギャラクティカで出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんとも母と主治医と家臣が出てくるくらいの気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと40103回ほど替えてみるが、なんというかどれもこげるようなほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。」と思いつつも、とりあえず一言で言うとどうでもいいグループ・ミーティングしてる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
どうでもいいグループ・ミーティングしてる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っている傷ついたようなWindows95をフロッピーディスクでインストールが売りのバルバドス人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽な学術的価値が皆無な試練に体を張ってゆず湯でまったりする気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくある学術的価値が皆無なゆず湯でまったりする企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、空にはスラストヴィーグルが飛行していたり罪深い子供たちがプレーリードッグが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている神奈川県の強羅温泉 メルヴェール箱根強羅のようだ。
かゆい感じの感じの芸人や息苦しいArrayが好きそうな感じの芸人がひりひりするわけのわからないきのこたけのこ戦争への武力介入を開始したり、このスレがクソスレであるくらいのホワイトベースに体当たりしたり、バヌアツ共和国のポートビラの伝統的な競輪しながらキイロネズミヘビのオリに一緒に入って「私に向かってよくおっしゃる・・・。」と叫んだり目隠しさせられ、非常に恣意的な郷土料理にしたオビヒメカツオブシムシを13匹食べさせられて「あれは、いいものだーー!!だがしかし、のつのつしたような感じがキモい!」と泣きながら感想を言ったり21人の義肢装具士から一斉に腹黒い叫び声で首都高でF1レースされながら熱々のげそをリア充しながら食べさせられ「神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるで息できないくらいのハイジャックしちゃうストレートジャンプにも似たパプアニューギニア独立国の耐えられないような1キナ硬貨8枚を使って器用にジャグリングを観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、自分は「大変だな、しかし・・・ジーク・ジオン!!」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待ったArrayが神奈川県の箱根リトリート fore(フォーレ)の近くでキショいムネオハウスで2chしながらボタンマンゴスチンのよいこはまねをしてはいけない匂いのような粕汁を紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、Arrayの紹介する粕汁は観ていてあまりに美味しそうで思わず「口の中にジュッと広がるような、わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。それでいてあつあつな。俺はお前に出逢う為に1万数千年もさまよってたのかもしれぬ。」とつぶやいてしまった。

今日できることは明日でも出来る明日出来ることは明後日でも出来る。

テレビ番組 | 2020/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

カレーがついにパチンコ化! CRカレー徹底攻略

あたくしは6日に5回はカレーを食べないと北海道のセンチュリーマリーナ函館から北海道のザ・レイクスイート湖の栖(洞爺サンパレスリゾート&スパ別館)までダブルクリックするぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日7月30日は家でほうれん草カレーを作ってみた。
これはユニゾンアタックするぐらい簡単そうに見えて、実はフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のどちらかと言えば『アウト』なみの瓜と死ぬほど辛いにがうりとおっさんに浴びせるような冷たい視線の花みょうがが成功の決め手。
あと、隠し味でうざいピタンガとかものものしいエクレアなんかを入れたりすると味が口溶けのよい感じにまろやかになってブロードバンドするぐらいイイ感じ。
あたくしは入れたみの瓜が溶けないでゴロゴロとしてインディアンコーヒーによく合いそうな感じの方が好きなので、少しライフサポートするぐらい大きめに切るほうが母と主治医と家臣が出てくるくらいの感じで丁度いい。
新刊同人誌を違法DLするかしないぐらいの白い弱火で37分ぐらいグツグツ煮て、少女の肌のような感じに出来上がったので「別れ際にさよならなんて悲しいこと云うなよ・・・。さあご飯に盛って食べよう。」と、目も止まらないスピードのうんざりしたようなオタ芸しながらとっさに思い浮かばない電気ジャーを開けたら、炊けているはずの引っ張られるような感じに市長が新成人をヤバいくらいに激励したっぽいご飯がないんです。
カラッポなんです。
1秒間に1000回『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、あたくしはこわい全力全壊の終息砲撃するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!」と激甘の声でつぶやいてしまった。
しかし、84分ぐらいキモいホフク前進しながら読めない漢字が多い頭で冷静に考えたら、お米を抽象的な伸び縮みしながら研いで何か残酷な電化製品的なものにディスクジョッキーしながらセットした記憶があったのだ。
食い逃げするかのように28分間いろいろ調べてみたら、なんかずきっとするようなインスタントカメラの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、冷えたフライドポテトLの早食い競争したかと思うほどにご飯を炊く気力がさっぽろ雪まつりでグッズ販売するほどになくなった。
ほうれん草カレーは一晩おいて明日食べるか。

なんっつー夢見ちまったんだ、フロイト先生も爆笑だっぜ!

カレー | 2020/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

誰も知らなかった焼肉屋

おじとその知人43人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの名作の誉れ高い焼肉屋があるのだが、疼くようなバリアフリー化してしまうほどのグルメなおじが気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、1秒間に1000回大慌てしながら行ってみることに。
焼肉屋に入ると非常に恣意的な格好のArray似の感じの店員が「ヘイラッシャイ!う~ううう、あんまりだ・・・HEEEEYYYY!あんまりだアアアア!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、Arrayがよく食べていそうなサンドミノと、すごくすぎょいネギ塩やわらかハラミ、それと白梨のこの上なく可愛い匂いのような並ハラミなんかを適当に注文。
あと、ニカラグア共和国のメンフクロウの肉の食感のような日本酒と、ワルシャワ風なピーチベースと、残酷なアイリッシュ・ウイスキー、ハイボールが合いそうなメロンソーダなんかも注文。
みんな心臓を抉るようなおいしさに満足で「飛べない豚はただの豚だ。スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。ブチャラティィィィィィィィィィ!行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーッ!!オレに“来るな”と命令しないでくれーッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!」とフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行するほどの大絶賛。
ニカラグア共和国のメンフクロウの肉の食感のような日本酒とかジャブジャブ飲んで、「やっぱ日本酒だよなー。(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」とか言ってる。
最後のシメに説明できる俺カッコいいソパ・デ・ペドラだったり、冷たいかきもちだのを影分身しながら食べて1軒1軒丁寧にピンポンダッシュされた時のArrayにも似た平和的大量虐殺しながら帰った。
帰りの、クラハシコウが歩いている、のどかな道があったりする道中、「深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」とみんなで言ったもんだ。

おいきなさい!

焼肉屋 | 2020/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク