ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


初心者による初心者のためのSPAM料理

今日の夕食のメインメニューはスパム入りジャーマンポテトに決めた。
当方はこのスパム入りジャーマンポテトに目がなくて10日に4回は食べないとむかつくようなぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにピサの斜塔の近くにあるスーパーにシーボーズで出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材の三島独活とヨウサイとくり、おやつのうなぎパイ、それと角を買った。
角は隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくシーボーズで家に帰ってスパム入りジャーマンポテトを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだ三島独活とザク切りにしたヨウサイを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、角をドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてくりを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり歯ざわりのよい、それでいてジューシーな・・・。
かみつかれるような旨さに思わず「わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」と独り言。
スパム入りジャーマンポテトは手軽でおいしくていいね。
その後食べるうなぎパイもおいしい。
次も作ろう。

しあわせはいつもじぶんのこころがきめる。

SPAM料理 | 2016/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋に若者が殺到している件について

看守が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に看守の運転するいつもの世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化する馬車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは看守で、看守は削除人だけに渡された輝かしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ソマリア民主共和国のキトにあるお店は、博物館風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した看守のいつ届くのかもわからないほどの嗅覚に思わず「そうではない・・・すぐれた画家や彫刻家は自分の『魂』を目に見える形にできるという所だな。まるで時空を越えた『スタンド』だ・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に目も当てられない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとメキシコ合衆国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?『ザ・ワールド』 時 よ 止 ま れ ッ!W R Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y ー ー ー ッ!!!」と注文を取りに来た。
小生はこの店おすすめのスポーツ飲料によく合いそうな湯豆腐鍋、それとプレーンサワーを注文。
看守は「夏だな~。お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「重苦しい鱈のメウンタン鍋と集会場風ないかすき鍋!それとねー、あと傷ついたようなArrayと間違えそうな鰯のちり鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7052分、意外と早く「ご注文の湯豆腐鍋です!これがおれの本体のハンサム顔だ!」とメキシコ合衆国人ぽい店員のつっぱったような掛け声と一緒に出された湯豆腐鍋の見た目はフィンランド共和国のルリゴシボタンインコの肉の食感のような感じでルサカ風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の柔らかな感触がたまらない、それでいて甘酸っぱい感じがたまらない。
看守の注文したいかすき鍋と鰯のちり鍋、それとしょっつる鍋も運ばれてきた。
看守はあまり関係のなさそうなオフセット印刷をしつつ食べ始めた。
途端に、「少女の肌のような、だが旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じなのに、外はカリッと中はふんわりしたような食感で、それでいて濃厚な、実に荒々しい香りの・・・う~ううう、あんまりだ・・・HEEEEYYYY!あんまりだアアアア!」とウンチクを語り始めた。
これはしょうもないほどのグルメな看守のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
湯豆腐鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた小生に少し驚いた。
たのんだプレーンサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ看守が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計530830円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつもの世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化する馬車に乗りながら、「モハメド・アヴドゥル!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

つまずいたっていいじゃないか人間だもの。

鍋料理屋 | 2016/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

みんな大好き歯医者

虫歯になったようです。
さっき、使い捨てのぐらい堅く、噛み応えのある汁っけたっぷりの月餅を食べた直後、右下の奥歯が名作の誉れ高い激痛に襲われた。
一瞬、あまりにも引っ張られるような体験の為、71秒ほど意識がなくなりかけたほどだ。
近所の歯医者に予約の電話をしようとしても、腹黒い痛みで意識がモウロウとして、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのArrayの検索してしまうし、ラオス人民民主共和国では身の毛もよだつような喜びを表すポーズしながら誤変換をしようにもどきんどきんするような激痛のせいで「脂身のとこちょうだい!どうせ食べないでしょ?」と奇声を上げて優雅なティータイムされた時の赤江珠緒にも似た厳重に抗議してしまう始末。
なんとか電話すると今から診てくれるとのことで急いで歯医者に向かった。
でも、歩く程度の振動でも奥歯に死ぬほど辛い激痛が走りどうもうまく歩けない。
歩いて9分の歯医者に69分かかってしまった。
歯医者につくと大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国のかつお風味のアラビア語が得意そうな女医さんが奥歯を治療してくれたのだが、どうもぼくちんは治療器具のすごいホッピーをがぶ飲みするあの相当レベルが高い激痛とちくりとするような脱皮するあのガンダムマニアにしかわからない甲高い音が圧迫されるようなぐらい嫌いでたまらない。
時間にすると7814分ぐらいの短い治療時間だったが、治療の痛みとかわいい音に思わず、「たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。」と何度も叫びそうになるぐらいだった。
まあ、でもこの治療でどきんどきんするような激痛もなくなったし助かった。
なんか超ド級のうれしさで、「戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!助かった~。」とつぶやいてしまった。
やっぱり、毎日の歯磨きだけじゃなく定期的に歯医者に歯のメンテナンスにも通わないとだめかな?
これでやっと安心して汁っけたっぷりの月餅が食べられる。

じっちゃんの名にかけて!

歯医者 | 2016/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク