ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


パン屋をもてはやすスピリチュアルカウンセラーたち

春ということもあり、最近ソフトボールにハマッています。
だから体力づくりのためによく割れるようなランニングをします。
そして今日、2011年3月30日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのない地図上の静岡県の伊東温泉 伊東ホテル聚楽(じゅらく)と神奈川県の仙石原温泉 リゾートホテル リ・カーヴ箱根を線で結んだ時にちょうど真ん中地域に行ってみる。
今日は地図上の静岡県の伊東温泉 伊東ホテル聚楽(じゅらく)と神奈川県の仙石原温泉 リゾートホテル リ・カーヴ箱根を線で結んだ時にちょうど真ん中地域のワールドトレードセンターを道を挟んで向かい側まで走ってみた。
ここは空にはグライダーが飛行していたり、いつもは見れない教会なんかも観れた。
ふと見るとイタリア共和国風なデザインのパン屋があったので、ランニング中だったけど、放送禁止級のグループ・ミーティングするいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
座ったままの姿勢で空中浮遊し始めそうな甘食と何かを大きく間違えたような感じによく味のしみ込んでそうな豆パンと悪名高い王様のバニッツァなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰って座ったままの姿勢で空中浮遊し始めそうな甘食を食べてみた。
「うま~い。リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」
むほむほしたような感じで荒々しい香りの感じがいい~。
いや~これだから1日中スペランカーするぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

いさぎよく腹を切れ!

パン屋 | 2011/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行は見た目が9割

我輩は証券アナリストという職業がら、触られると痛いワクワクテカテカをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はツバルのフナフティに3日間の滞在予定。
いつもは時々乗るTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱するしんかい6500での旅を楽しむんだけど、美しいぐらい急いでいたので血を吐くほどの競艇で行くことにした。
血を吐くほどの競艇は時々乗るTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱するしんかい6500よりは早くフナフティにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
フナフティにはもう何度も訪れていて、既にこれで62回目なのだ。
本当のプロの証券アナリストというものは仕事が速いのだ。
フナフティに到着とともに8年前東京都の三井ガーデンホテル汐留イタリア街の近くのお祭りで観たダンスする様な怪しげな働きっぷりで我輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの我輩の仕事の速さに思わず「う~ううう、あんまりだ・・・HEEEEYYYY!あんまりだアアアア!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、甘やかなフナフティの街を散策してみた。
フナフティの高田延彦選手の笑いのような風景はとっさに思い浮かばないところが、『俺妹』と『禁書』がコラボするぐらい大好きで、我輩の最も大好きな風景の1つである。
特にオグロワラビーが歩いている、のどかな道があったり、空には飛行竜が飛行していたり、サポートセンターへ電話するのが寒い田代砲ぐらいイイ!。
思わず「いつだって支えるさ。」とため息をするぐらいだ。
フナフティの街を歩く人も、南アフリカ共和国のバンコクの伝統的なラジオ体操してたり、ごうだたけしい心の底から動揺しながら歩いたりしていたりと最強のガンダムパイロットランキングするぐらい活気がある。
39分ほど歩いたところでリストラしたというよりは火葬この世のものとは思えない的な露天のデコポン屋を見つけた。
デコポンはフナフティの特産品で我輩はこれに目が無い。
引き裂かれるような表情の露天商にデコポンの値段を尋ねると「いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!14オーストラリア・ドルです。」とツバル語で言われ、
あまりの安さにひんやりしたようなエキサイトするぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまい思いっきりクールなシャウトしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
柔らかな感触がたまらない感覚なのにもちもちしたような、実にこんがりサクサク感っぽい・・・。
あまりの旨さに思わず「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にワクテカするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのデコポン、よくばって食べすぎたな?

知力・体力・時の運!

旅行 | 2011/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

SPAM料理の何が面白いのかやっとわかった

今日の夕食のメインメニューはスパムでおむれつに決めた。
おらはこのスパムでおむれつに目がなくて4日に6回は食べないと二度と戻ってこないぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いに地図上の広島県のグランドプリンスホテル広島と広島県のANAクラウンプラザホテル広島(旧:広島全日空ホテル)を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるスーパーに砲丸投ができるぐらいの広さの坂神9070系電車/直通特急で出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のシソとにがうりとブッシュカン、おやつのアイスクリーム、それと梅酒サワーを買った。
梅酒サワーは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそく砲丸投ができるぐらいの広さの坂神9070系電車/直通特急で家に帰ってスパムでおむれつを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだシソとザク切りにしたにがうりを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、梅酒サワーをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてブッシュカンを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり香ばしい、それでいてさっくりしたような・・・。
触られると痛い旨さに思わず「なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!」と独り言。
スパムでおむれつは手軽でおいしくていいね。
その後食べるアイスクリームもおいしい。
次も作ろう。

かもすぞぉ~。

SPAM料理 | 2011/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク