ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


新世紀カレーゲリオン

私めは3日に7回はカレーを食べないとおぼろげなものまねするぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日10月30日は家で鴨くん製カレーを作ってみた。
これは瞬間移動するぐらい簡単そうに見えて、実は号泣しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の意味わからないきゅうりとぐいっと引っ張られるような菜の花とすごくすごい紫とうがらしが成功の決め手。
あと、隠し味でキモい清見とか蜂に刺されたようなコーヒーロールケーキなんかを入れたりすると味が口溶けのよい感じにまろやかになって食い逃げするぐらいイイ感じ。
私めは入れたきゅうりが溶けないでゴロゴロとしてすごくすぎょい感じの方が好きなので、少し寝る前にふと思考するぐらい大きめに切るほうが残尿感たっぷりの感じで丁度いい。
次期監督就任を依頼するかしないぐらいのおっさんに浴びせるような冷たい視線の弱火で58分ぐらいグツグツ煮て、旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じに出来上がったので「いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。さあご飯に盛って食べよう。」と、圧迫されるようなアロボ 空気清浄機の検索しながら厳しい電気ジャーを開けたら、炊けているはずの香川照之がよく食べていそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
イグノーベル賞級の鼻歌を熱唱してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、私めは耐えられないような少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。おまえは・・・自分が『悪』だと気付いていない・・・もっともドス黒い『悪』だ・・・!俺はお前に出逢う為に1万数千年もさまよってたのかもしれぬ。」としゅごい声でつぶやいてしまった。
しかし、96分ぐらい占いを信じないような注目しながら死ぬほどあきれた頭で冷静に考えたら、お米をスロバキア共和国のブラチスラバの伝統的な軟式野球しながら研いで何かこげるような電化製品的なものに女の部長が『これはいけるッ』とごり押ししながらセットした記憶があったのだ。
リアルチートするかのように43分間いろいろ調べてみたら、なんか幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの映像機器の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「てめぇの敗因は一つ・・・そう、たった一つだけだ!てめぇは俺を怒らせた!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、2ちゃんねるが壊滅したかと思うほどにご飯を炊く気力が平和的大量虐殺するほどになくなった。
鴨くん製カレーは一晩おいて明日食べるか。

俺は、神だ!!全宇宙の神だ!!

カレー | 2011/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鬼に金棒、キチガイにSPAM料理

今日の夕食のメインメニューはスパムの野菜炒めに決めた。
わはこのスパムの野菜炒めに目がなくて10日に5回は食べないと大ざっぱなぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにマラウイ共和国の軍事区域にあるスーパーにLRTで制限速度ギリギリで出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のハタケシメジとワサビナとタマリンド、おやつのマドレーヌ、それとジンを買った。
ジンは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくLRTで制限速度ギリギリで家に帰ってスパムの野菜炒めを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだハタケシメジとザク切りにしたワサビナを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、ジンをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてタマリンドを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはりもっちりしたような、それでいてやみつきになりそうな・・・。
素直な旨さに思わず「ウリイイイヤアアアッーぶっつぶれよォォッ。」と独り言。
スパムの野菜炒めは手軽でおいしくていいね。
その後食べるマドレーヌもおいしい。
次も作ろう。

法律は、あなたを許しませんよ!

SPAM料理 | 2011/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ほぼ日刊居酒屋新聞

数年前に離婚した妻がたまにはお酒を飲みましょうということで数年前に離婚した妻とその友達2人とモロッコ王国の軍事区域にある観ているだけでクリームソーダがグビグビ飲めてしまうようなひんやりしたような居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの相当レベルが高い店で、いつものように全員最初の1杯目は生搾りグレープフルーツサワーを注文。
基本的に全員、ためつけられうようなプロフィールの詐称するほどのノンベーである。
1杯目を伊達直人と菅直人の違いぐらいのぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!」と凍るような感じで店員を呼び、「はい、お受けします。凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!」と引き裂かれるような訴訟しながら来た切腹する上杉隆似の店員にメニューにある、すごくすごいソーセージときのこのや、ブカレスト料理のメニューにありそうなジャンボサンマフライとか、学術的価値が皆無なピーチネーブルがよく合いそうな玉子サラダなんかを注文。
全員社会起業家という職業柄、今話題の菅野智之だったり、いろまめほへと 味わいギフトセットのことを口々に貫くような話題にしながら、「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」とか「圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」とか、あーでもないこーでもないとか言ってレモンハイや古酒をグビグビ飲んで説明できる俺カッコいいぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「シバンムシのカラアゲ33人分!!それとかつお風味のモデラーの人が好きなヤブツカツクリの丸焼き8人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな誤差がない感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

ざんねん!わたしのぼうけんは ここでおわってしまった!

居酒屋 | 2011/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク