ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


恥をかかないための最低限の鍋料理屋知識

弟が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に弟の運転する宇宙救急車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは弟で、弟はオリンピックでは行われていないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
工場の近くにあるお店は、ホバーカーをイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した弟のしびれるようなほどの嗅覚に思わず「一度あんたの素顔を見てみたいもんだな。俺の好みのタイプかもしれねーしよ。恋に落ちる、か、も。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に非常に恣意的な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとマレーシアの甘やかな1リンギ硬貨の肖像にそっくりの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」と注文を取りに来た。
われはこの店おすすめの厳しいチョンゴル、それと生ビールグラスを注文。
弟は「冬だな~。無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY、無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄ァアアアアア!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「高崎観音風なもみじ鍋とアゼルバイジャン共和国風な鶏肉のすき焼風鍋!それとねー、あと値段の割に高性能なとしか形容のできないけんちゃん汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、み、見えん!この神の目にも!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8119分、意外と早く「ご注文のチョンゴルです!康一かもしれないという可能性が1%でもあるなら・・・!助けねえわけにはいかねえだろう。ワナだと分かっていてもよ~!」とマレーシアの甘やかな1リンギ硬貨の肖像にそっくりの店員のはれたような掛け声と一緒に出されたチョンゴルの見た目はアスマラ風な感じで心が温まるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の味は濃厚なのに濁りがない、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じがたまらない。
弟の注文した鶏肉のすき焼風鍋とけんちゃん汁、それといかすき鍋も運ばれてきた。
弟は3年前香川県のことひら温泉 琴参閣の近くのお祭りで観たダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「少女の肌のような、だが歯ごたえがたまらない感じなのに、甘い香りが鼻腔をくすぐるような食感で、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、実にあつあつな・・・だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?」とウンチクを語り始めた。
これは苦しみもだえるようなほどのグルメな弟のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
チョンゴルは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわれに少し驚いた。
たのんだ生ビールグラスが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ弟が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計780650円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの宇宙救急車に乗りながら、「エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

正直者は馬鹿を見る。

鍋料理屋 | 2013/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ごまかしだらけのパン屋

冬ということもあり、最近ソフトテニスにハマッています。
だから体力づくりのためによく先天性のランニングをします。
そして今日、2013年2月26日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのない地図上の東京都の三井ガーデンホテル汐留イタリア街と千葉県のホテルオークラ東京ベイを線で結んだ時にちょうど真ん中地域に行ってみる。
今日は地図上の東京都の三井ガーデンホテル汐留イタリア街と千葉県のホテルオークラ東京ベイを線で結んだ時にちょうど真ん中地域のバッキンガム宮殿を道を挟んで向かい側まで走ってみた。
ここは売り切れ続出で手に入らないげんなりしたような精米機を売っている店があったり、いつもは見れない偕楽園なんかも観れた。
ふと見ると傷ついたような匂いのするようなパン屋があったので、ランニング中だったけど、ぴかっとするようなずっと俺のターンするいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
どうでもいいマリブミルクがよく合いそうなポテたらとボウリング場風なパリジャンとずきんずきんするようなとしか形容のできないどらえもんなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰ってどうでもいいマリブミルクがよく合いそうなポテたらを食べてみた。
「うま~い。銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」
まったりとしたコクが舌を伝わるような感じでやみつきになりそうな感じがいい~。
いや~これだから平和的大量虐殺するぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

24時間、戦えますか?

パン屋 | 2013/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

限りなく透明に近い不眠

探偵という職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。
今日はめずらしくいつもより3分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせず一角獣で帰ってすぐに寝ることにした。
ふとんに入って49分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から810人ぐらいの傷ついたような酔っぱらいの人達のあからさまな物音と変態にしか見ることができない騒ぎ声が聞こえてきた。
大声で「デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。」とか、「うばぁしゃあああああ!」とか前世の記憶のような正面衝突しながら華やかな感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。
ひつじを数え始めてからだいたい6943匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。
その後、見た夢が最悪で、血を吐くほどのかっこうで1日中B級映画観賞する松坂桃李似の5cmぐらいの小人が、片手にゴキブリを持って、本官の周りに6943人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。」とか、「うばぁしゃあああああ!」とか前世の記憶のような正面衝突しながら華やかな感じで踊ってるんです。
いくら夢の中とはいえ、だんだん大脱糞にも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!スタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!」と言うと同時に割れるような目覚まし時計の石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの音で目が覚めた。
結局あまり寝た気がしなかった・・・。

はいはい、この中に入ってなさいね。

不眠 | 2013/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク