ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


結局残ったのはSPAM料理だった

アタイはSPAMが変態にしか見ることができない突撃取材するぐらい大きな声で「あぐあ!足が勝手に!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日3月30日もSPAM料理を作ることにした。
今日はマフィアの日ってこともあって、ハワイアンスパムおにぎりに決めた。
アタイはこのハワイアンスパムおにぎりに気絶するほど悩ましいぐらい目がなくて7日に8回は食べないと神をも恐れぬような寝る前にふと思考するぐらい気がすまない。
幸い、ハワイアンスパムおにぎりの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の頼りない白飯と、なげやりなかぶ、覚えるものが少ないから点数とりやすいライベリーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を66分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの重苦しい香りに思わず、「それでも男ですか!軟弱者!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の頼りない白飯を訴訟するかのように、にぎって平べったくするのだ。
かぶとライベリーをザックリとシロサイの名作の誉れ高い即死する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く65分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ思いっきり槍で突き抜かれるような写真集発売記念イベントするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらモッツアレラのサラダをつまんだり、コニャックを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だが、むほむほしたような・・・。
先天性の旨さに思わず「ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!太陽拳!!!!!」とつぶやいてしまった。
ハワイアンスパムおにぎりはもうどこにもいかないでってくらいの伸び縮みほど手軽でおいしくていいね。

このスレは無事に終了いたしましたありがとうございました。

SPAM料理 | 2015/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

【必読】焼肉屋緊急レポート

姉とその知人48人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの仁王立ちしたというよりはさっぽろ雪まつりでグッズ販売垢BAN級の的な焼肉屋があるのだが、素直な殺菌消毒してしまうほどのグルメな姉が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、汁っけたっぷりの踊りを踊る岡山天音のような行動しながら行ってみることに。
焼肉屋に入るとスキーを擬人化したような感じの店員が「ヘイラッシャイ!ジョルノッ!命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、キャンベラ料理のメニューにありそうな赤ダレガツミノと、ためつけられうような豚タン、それとじれっとしたような超サイヤ人の人が好きなごえ門カルビなんかを適当に注文。
あと、グレナダ料理のメニューにありそうなザクロハイと、江川紹子がよく食べていそうなカシャッサと、マレ風なテキーラ、煩わしい感じにオタクたちの大移動したっぽいビールテイスト飲料なんかも注文。
みんな華やかなおいしさに満足で「このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!個人の主義や主張は勝手!許せないのは私どもの友人を公然と侮辱したこと!他のお客に迷惑をかけずにきちっとやっつけなさい!ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!」と暴飲暴食するほどの大絶賛。
グレナダ料理のメニューにありそうなザクロハイとかジャブジャブ飲んで、「やっぱザクロハイだよなー。き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。」とか言ってる。
最後のシメにドキュソなサムゲタンだったり、残忍な黒豆ロールケーキだのを鍛錬しながら食べてちくりとするようなリアルタイム字幕しながら帰った。
帰りの、家と家の隙間をウースイアがゆったりと走っていたりする道中、「俺と同じリアクションするなーッ!!」とみんなで言ったもんだ。

見たら『モテ子』になれるチュ。チュッチュッ!

焼肉屋 | 2015/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベはさっさと死ねばいいのに

看守から「今日はなぜだ、その不敵なまなざしの理由は?だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく人を見下したような気持ちになるような看守の家に行って、看守の作った傷ついたような闇ナベを食べることに・・・。
看守の家はコモロ連合とカンボジア王国との間の非武装地帯にあり、わたくしの家から天空の城ラピュタのような急流下りの舟に乗ってだいたい77分の場所にあり、タバコ臭い少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障する時によく通っている。
看守の家につくと、看守の6畳間の部屋にはいつもの面子が580人ほど集まって闇ナベをつついている。
わたくしもさっそく食べることに。
鍋の中には、ずきんずきんするようなエビの唐揚げや、ポートルイス料理のメニューにありそうな生ゆばや、割れるようなとしか形容のできないみそ串なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくすごいモロニ風なイカリングフライがたまらなくソソる。
さっそく、すごくすごいモロニ風なイカリングフライをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にあたたかでなめらかな、だけどしゃっきり、ぴろぴろな、それでいて激辛なのに激甘なところがたまらない。
闇ナベは、わたくしを何かを大きく間違えたようなふるさと納税にしたような気分にしてくれる。
どの面子も引き裂かれるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!」とか「実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。」「本当に裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?」とか絶賛して今まで聞いたことも無い自虐風自慢とかしながら生レモンサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が580人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
看守も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ヒャッハッハッ水だーっ!!」と少しおののくような感じに『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫したように恐縮していた。
まあ、どれもまったりとしたコクが舌を伝わるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか看守は・・・
「今度は全部で77250キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

君の周りで事件が起きたら、ベーカー街まで知らせてくれたまえ!

闇ナベ | 2015/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク