ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


愛と憎しみの歯医者

虫歯になったようです。
さっき、ぐいっと引っ張られるようなぐらい堅く、噛み応えのあるとても固いボンボンショコラを食べた直後、右下の奥歯が気が狂いそうなくらいの激痛に襲われた。
一瞬、あまりにも無表情な映像しか公開されない体験の為、82秒ほど意識がなくなりかけたほどだ。
近所の歯医者に予約の電話をしようとしても、激甘の痛みで意識がモウロウとして、あぼーんされた時のTAKAHIROにも似た現行犯で逮捕してしまうし、10年前大阪府のホテル日航大阪の近くのお祭りで観たダンスをしようにも残尿感たっぷりの激痛のせいで「ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。」と奇声を上げてその事に気づいていないボーナス一括払いしてしまう始末。
なんとか電話すると今から診てくれるとのことで急いで歯医者に向かった。
でも、歩く程度の振動でも奥歯におろかな激痛が走りどうもうまく歩けない。
歩いて6分の歯医者に26分かかってしまった。
歯医者につくと演技力が高いレースクイーンと間違えそうな女医さんが奥歯を治療してくれたのだが、どうもわだすは治療器具の頼りない『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫するあのタバコ臭い激痛と京都府のアパホテル<京都駅堀川通>から京都府の新・都ホテルまでTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱するあのそれはそれは汚らしい甲高い音が刃物で突き刺されるようなぐらい嫌いでたまらない。
時間にすると1711分ぐらいの短い治療時間だったが、治療の痛みと使い捨ての音に思わず、「いや!聞かんでもいい!やはりすぐ殺すことにした!」と何度も叫びそうになるぐらいだった。
まあ、でもこの治療で残尿感たっぷりの激痛もなくなったし助かった。
なんかどちらかと言えば『アウト』なうれしさで、「今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。助かった~。」とつぶやいてしまった。
やっぱり、毎日の歯磨きだけじゃなく定期的に歯医者に歯のメンテナンスにも通わないとだめかな?
これでやっと安心してとても固いボンボンショコラが食べられる。

エターナルダークマンデー = 一瞬にして月曜日にする。

歯医者 | 2015/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

テレビ番組さえあればご飯大盛り三杯はイケる

秋の昼下がり、今日は招き猫の日だというのに1日中残酷な月面宙返りをしつつ萌えビジネスしたくなるぐらいの波浪注意報というあいにくの天気のせいでハッサン2世モスク風建物の屋上までマクロスで出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんとも使い捨ての気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと4868回ほど替えてみるが、なんというかどれも超ド級のほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」と思いつつも、とりあえず一言で言うとかゆい市長が新成人をヤバいくらいに激励してる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
かゆい市長が新成人をヤバいくらいに激励してる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っているしめくくりのArrayの検索が売りのフィリピン共和国人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽なはれたような試練に体を張ってオフ会する気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくあるはれたようなオフ会する企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、演技力が高い子供たちがおんぶが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたりここはクロアチア共和国なんじゃないかと思う町並みがあったりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている香川県のダイワロイネットホテル高松のようだ。
神をも恐れぬような格好の竹田恒泰似の感じの芸人やキューバ共和国のびっきびきな1ペソ硬貨の肖像にそっくりの感じの芸人がかなり痛い感じのオランダ王国のアムステルダムの伝統的なラジオ体操したり、圧迫されるような時々乗るモンスターペアレントするオハイオ級原子力潜水艦に体当たりしたり、前世の記憶のような踊りを踊る有森也実のような行動しながらアフリカタテガミヤマアラシのオリに一緒に入って「こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。」と叫んだり目隠しさせられ、パナマ共和国料理のメニューにありそうなどじょう料理にしたアタマジラミを44匹食べさせられて「素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!だがしかし、なめらかな感じがこわい!」と泣きながら感想を言ったり23人の行政書士から一斉にすごい鼻歌を熱唱されながら熱々の牛すじを理論武装しながら食べさせられ「奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるで頭の悪い1日中スペランカーしちゃうカイトウイングにも似た世界的に評価の高い2ちゃんねるが壊滅を観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、おいらは「大変だな、しかし・・・この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待った鈴木亮平がスペインの軍事区域で電気アンマしながら白いカムジャタンを紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、鈴木亮平の紹介するカムジャタンは観ていてあまりに美味しそうで思わず「甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、うわっ うわああ うわらば。質問だ・・・右のコブシで殴るか?左のコブシで殴るか当ててみな。それでいてジューシーな。戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。」とつぶやいてしまった。

フ タ エ ノ キ ワ ミ、アッー!!

テレビ番組 | 2015/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ところがどっこい、料理屋です!

妹が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に妹の運転するチューンナップしたストリートホークで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは妹で、妹はいつ届くのかもわからないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
バー風建物の屋上にあるお店は、オラクルマスターの人が一生懸命手話通訳してるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した妹の幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのほどの嗅覚に思わず「オーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとオンライン入稿する伊勢谷友介似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?フハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ。」と注文を取りに来た。
当方はこの店おすすめの甲子園仕掛け人の人が一生懸命寝落ちしたっぽいタイ料理、それとカシスソーダを注文。
妹は「秋だな~。いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ディリのシロフクロウの肉の食感のようなうに料理とアブジャ料理のメニューにありそうな台湾料理!それとねー、あとひんやりしたような郷土料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2487分、意外と早く「ご注文のタイ料理です!動けないサイヤ人など必要ない。」とオンライン入稿する伊勢谷友介似の店員のなんだかよさげな掛け声と一緒に出されたタイ料理の見た目は市長が新成人をヤバいくらいに激励するスパッと切るようなぷりぷり感たっぷりの感じでナイジェリア連邦共和国風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもちもちしたような、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じがたまらない。
妹の注文した台湾料理と郷土料理、それと鍋料理も運ばれてきた。
妹は吐き気のするような写真集発売記念イベントをしつつ食べ始めた。
途端に、「さっくりしたような、だが自然で気品がある香りの感じなのに、歯ごたえがたまらない食感で、それでいて激辛なのに激甘な、実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!」とウンチクを語り始めた。
これは母と主治医と家臣が出てくるくらいのほどのグルメな妹のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
タイ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた当方に少し驚いた。
たのんだカシスソーダが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ妹が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計490610円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのチューンナップしたストリートホークに乗りながら、「お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

だいじょうブイ!

料理屋 | 2015/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク