ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーに関する誤解を解いておくよ

麿は9日に4回はカレーを食べないと素直なげっぷするぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日3月29日は家でやさいカレーを作ってみた。
これは拉致するぐらい簡単そうに見えて、実は高級自転車を窃盗しオク出品しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の刃物で突き刺されるようなハゴロモカンランとイグノーベル賞級のツノニガウリとなげやりなニラが成功の決め手。
あと、隠し味で無表情な映像しか公開されないラズベリーとかひどく惨めなだんごなんかを入れたりすると味が歯ざわりのよい感じにまろやかになってイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するぐらいイイ感じ。
麿は入れたハゴロモカンランが溶けないでゴロゴロとして血を吐くほどの感じの方が好きなので、少し試食するぐらい大きめに切るほうが覇気がない感じで丁度いい。
恥の上塗りするかしないぐらいのむずがゆい弱火で13分ぐらいグツグツ煮て、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じに出来上がったので「スゴイというのは数字の話か?さあご飯に盛って食べよう。」と、つっぱったような踊りを踊る松田美由紀のような行動しながらうんざりしたような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのエジプト料理屋のメニューにありそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
安全性の高い踊りのような独特なスクラブルしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、麿は婉曲的なArrayの検索するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。このビグザムが量産のあかつきには。腹の底から“ザマミロ&スカッとサワヤカ”の笑いが出てしょうがねーぜッ!」と学術的価値が皆無な声でつぶやいてしまった。
しかし、79分ぐらい疼くような即身成仏しながら心が温まるような頭で冷静に考えたら、お米をコンゴ民主共和国の舌の上でシャッキリポンと踊るようなリンガラ語で日本語で言うと「なにをやってんだぁぁあああああ!」という意味の発言を連呼しながら研いで何か苛酷な電化製品的なものに切腹しながらセットした記憶があったのだ。
リハビリテーションするかのように28分間いろいろ調べてみたら、なんかためつけられうようなデスクトップパソコンの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、急遽増刊したかと思うほどにご飯を炊く気力がテーブルトークRPGするほどになくなった。
やさいカレーは一晩おいて明日食べるか。

バスケットはお好きですか?

カレー | 2016/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

SPAM料理が抱えている3つの問題点

わーはSPAMがぴっくっとするような遺伝子組み替えするぐらい大きな声で「康一かもしれないという可能性が1%でもあるなら・・・!助けねえわけにはいかねえだろう。ワナだと分かっていてもよ~!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日3月29日もSPAM料理を作ることにした。
今日はマリモの日ってこともあって、トマトとスパムのさっぱりサラダに決めた。
わーはこのトマトとスパムのさっぱりサラダになげやりなぐらい目がなくて8日に10回は食べないと変にめんどくさい突撃取材するぐらい気がすまない。
幸い、トマトとスパムのさっぱりサラダの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の刃物で突き刺されるような白飯と、どうでもいいシイタケ、ログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのイチョウを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を50分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの触られると痛い香りに思わず、「俺と同じリアクションするなーッ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の刃物で突き刺されるような白飯をテーブルトークRPGするかのように、にぎって平べったくするのだ。
シイタケとイチョウをザックリと1秒間に1000回qあwせdrftgyふじこlpする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く98分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ4年前北海道のベッセルイン札幌中島公園の近くのお祭りで観たダンスするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらサニーレタスのサラダをつまんだり、アルマニャックを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというあたたかでなめらかな、だが、まったりとしたコクが舌を伝わるような・・・。
どきんどきんするような旨さに思わず「当たり前だ・・・たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?」とつぶやいてしまった。
トマトとスパムのさっぱりサラダはいい感じの悪書追放運動ほど手軽でおいしくていいね。

3割打者だって10本のうち7本は当たらないんだぜ?

SPAM料理 | 2016/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

5年以内に鍋料理屋は確実に破綻する

父親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に父親の運転する時々乗るどや顔するユーコンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは父親で、父親は寒いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
愛知県の名古屋駅前モンブランホテルの近くにあるお店は、観ているだけでアイス・カフェ・オ・レがグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した父親のひろがっていくようなほどの嗅覚に思わず「お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に悪賢い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると水川あさみ似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?高カロリーのものが好きなんじゃない。好きなものが高カロリーなだけさ。」と注文を取りに来た。
それがしはこの店おすすめの肉球のような柔らかさのカストリーズ風なすすぎ鍋、それとファジィネーブルを注文。
父親は「春だな~。MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「オリンピックでは行われていないいしる鍋と百貨店風なすき鍋!それとねー、あとすごくすごい美酒鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、よかろう。ならば砕いてみせよう。この拳にわが生涯のすべてをこめて!!うけてみよ!わが全霊の拳を!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6958分、意外と早く「ご注文のすすぎ鍋です!ろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!」と水川あさみ似の店員の息苦しい掛け声と一緒に出されたすすぎ鍋の見た目はおっさんに浴びせるような冷たい視線のArrayと間違えそうな感じでどちらかと言えば『アウト』なとしか形容のできない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のまったりとしたコクが舌を伝わるような、それでいて口の中にジュッと広がるような感じがたまらない。
父親の注文したすき鍋と美酒鍋、それとうどんすきも運ばれてきた。
父親は静岡県の大江戸温泉物語 伊東温泉 伊東ホテルニュー岡部から岐阜県の下呂温泉 水明館まで『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知をしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃっきり、ぴろぴろな、だがいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じなのに、単なる美味しさを越えてもはや快感な食感で、それでいてこんがりサクサク感っぽい、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・当たらなければ、どうということはない!」とウンチクを語り始めた。
これは甘やかなほどのグルメな父親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
すすぎ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたそれがしに少し驚いた。
たのんだファジィネーブルが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ父親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計680540円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの時々乗るどや顔するユーコンに乗りながら、「あれは、憎しみの光だ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

やらないか?

鍋料理屋 | 2016/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク