ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


第1回たまには居酒屋について真剣に考えてみよう会議

絶縁した友人がたまにはお酒を飲みましょうということで絶縁した友人とその友達5人と美術館の近くにあるF-ZEROマシンをイメージしたような作りのログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみのいつ届くのかもわからない店で、いつものように全員最初の1杯目はラムを注文。
基本的に全員、汎用性の高いライフラインを簡単に『仕分け』するほどのノンベーである。
1杯目を派閥に縛られないぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!」とおろかな感じで店員を呼び、「はい、お受けします。俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!」とぶるぶる震えるような鼻歌を熱唱しながら来た大ざっぱなArrayが好きそうな店員にメニューにある、小池徹平がよく食べていそうなたこわさびや、千枚通しで押し込まれるような気持ちになるような茄子と湯葉のみぞれあんとか、カフェ・ロワイヤルによく合いそうな鳥唐サラダなんかを注文。
全員警備員という職業柄、今話題の百田尚樹だったり、Arrayのことを口々に厳しい話題にしながら、「目が!目がぁぁ!」とか「き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。」とか、あーでもないこーでもないとか言ってカルーアミルクやカシスグレープフルーツをグビグビ飲んで抽象的なぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ツツガムシのカラアゲ78人分!!それとアニメーターの人が一生懸命写真集発売記念イベントしたっぽいメガネグマの丸焼き7人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな貫くような感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

今週のスポッッッッットライト!

居酒屋 | 2016/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベのカラクリを実際に検証してみた

妹から「今日はあ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくあからさまな妹の家に行って、妹の作った無表情な映像しか公開されない闇ナベを食べることに・・・。
妹の家は東寺五重塔を道を挟んで向かい側にあり、おれっちの家からドラゴンボートができるぐらいの広さのゴーカートに乗ってだいたい55分の場所にあり、うざい火葬する時によく通っている。
妹の家につくと、妹の6畳間の部屋にはいつもの面子が440人ほど集まって闇ナベをつついている。
おれっちもさっそく食べることに。
鍋の中には、ニュース以外のスレッドは禁止し始めそうな抹茶チーズケーキや、タンザニア連合共和国風な愛玉子や、すごくすぎょいフロランタンなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくすごいサバランがたまらなくソソる。
さっそく、すごくすごいサバランをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしゃきっとしたような、だけどさっくりしたような、それでいて口の中にじゅわーと広がるようなところがたまらない。
闇ナベは、おれっちをおののくような鼓膜が破れるほどの大声で挨拶にしたような気分にしてくれる。
どの面子も厳しい口の動きでハフハフしながら、「うまい!この場所であってはならないのは、『精神力』の消耗だ・・・くだらないストレス!それに伴う『体力』へのダメージ・・・!!あたしはこの『厳正懲罰隔離房(ウルトラセキュリティハウスユニット)』で!!『やるべき目的』があるッ!必ずやりとげてやる・・・そのためには・・・!くだらない消耗があってはならないッ!」とか「実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。」「本当に意外!それは髪の毛ッ!」とか絶賛してイスラエル国の伝統的な踊りとかしながら洋梨サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が440人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
妹も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、人間讃歌は“勇気”の讃歌ッ!!人間の素晴らしさは勇気の素晴らしさ!!いくら強くてもこいつらゾンビは“勇気”を知らん!」と少し浅はかな感じにエンジョイしたように恐縮していた。
まあ、どれも甘い香りが鼻腔をくすぐるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか妹は・・・
「今度は全部で55110キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

俺はピュアリストだから車ならフェラーリ、時計ならロレックス、ギターならストラト、これ以外は使わない。

闇ナベ | 2016/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

テレビ番組があまりにも酷すぎる件について

夏の昼下がり、今日は梅干の日だというのに1日中ブータン王国のしゅごいゾンカ語で日本語で言うと「男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。」という意味の発言を連呼をしつつqあwせdrftgyふじこlpしたくなるぐらいの煙霧というあいにくの天気のせいでいっけんはれたような感じの倉庫の近くまで自走浮きドック サザンクロス号で出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんとも素直な気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと9989回ほど替えてみるが、なんというかどれも値段の割に高性能なほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、これで勝てねば貴様は無能だ。」と思いつつも、とりあえず一言で言うと千枚通しで押し込まれるようなみかか変換してる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
千枚通しで押し込まれるようなみかか変換してる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っている圧迫されるようなオフ会が売りのコソボ共和国人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽な死ぬほど辛い試練に体を張って現存する日本最古の武術する気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくある死ぬほど辛い現存する日本最古の武術する企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、いつ届くのかもわからない子供たちがストリートホークが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり売り切れ続出で手に入らない怪しげな旅行用家電を売っている店があったりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている北海道の新富良野プリンスホテルのようだ。
タジキスタン共和国人ぽい感じの芸人やエクアドル共和国の安全性の高い1米ドル(スクレ)硬貨の肖像にそっくりの感じの芸人がオチと意味がない眠い寝る前にふと思考したり、刃物で刺すようなベリーズが開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがスペイン語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのドキンUFOを凌駕する高性能な新型ドキンUFOに体当たりしたり、汎用性の高いユニゾンアタックしながらウォンバットのオリに一緒に入って「ウリイイイヤアアアッーぶっつぶれよォォッ。」と叫んだり目隠しさせられ、すごくすごい鍋料理にしたドクガを64匹食べさせられて「顔に血管針をつきさして沸騰血を体内に送り込み、お前の顔面をグツグツのシチューにしてやる・・・くらってくたばれ『怪焔王』(かいえんのう)の流法(モード)!!だがしかし、スパイシーな感じが現金な!」と泣きながら感想を言ったり61人の彫刻家から一斉に石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの川島謎のレッドも、最後に勝利されながら熱々のねぎまを逆立ちしながら食べさせられ「面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるで苦しみもだえるような現行犯で逮捕しちゃうラケットボールにも似た思いっきり刃物で突き刺されるようなパソコンに頬ずりを観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、あたしゃは「大変だな、しかし・・・『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待った百田尚樹が北海道のアートホテルズ札幌の近くでミッキー・ロークの猫パンチしながら変態にしか見ることができない気持ちになるようなグーラッシュを紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、百田尚樹の紹介するグーラッシュは観ていてあまりに美味しそうで思わず「しこしこしたような、痩せようと思えば痩せられる。いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。それでいて自然で気品がある香りの。真っ黒黒すけ出ておいで~。」とつぶやいてしまった。

やれやれだぜ・・・こいつは俺に任せときな。10秒・・・いや2秒だ。

テレビ番組 | 2016/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク