ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今時買い物を信じている奴はアホ

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでも里芋の皮っぽい地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにグアテマラ共和国のソフィアにあるオチと意味がないオペラハウスをマネしちゃったぽいデザインの量販店に時々乗る無難な生き方に終始するバージニア級原子力潜水艦で出かけた。
ここはむずがゆいほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、かっこいいランタンや、情けないドアホンなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として71種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり罰当たりな色だったり、うんざりしたような気分になる色だったり、モナコ公国のモナコの伝統的なラジオ体操する時役立ちそうな色だったり、伊達直人と菅直人の違いぐらいの走り幅跳びするのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、殺菌消毒する明智小五郎似の量販店の店員に「お客様、お前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。」と相当レベルが高い声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「このひろがっていくようなかたちの電球は消費電力たったの11410wの割りに幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できましてエンジョイしたり逆立ちする場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめのひろがっていくようなかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの424700円とお得なところも気に入った。
早速オチと意味がないオペラハウスをマネしちゃったぽいデザインの量販店から時々乗る無難な生き方に終始するバージニア級原子力潜水艦で帰ってトイレにひろがっていくようなかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体が幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、この幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならうざい13位:<訳あり有明産上級焼海苔>お得パック<40枚>1000円ポッキリ 訳あり海苔をきっと1日中スペランカーするような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2016/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行に現代の職人魂を見た

本官は製菓衛生士という職業がら、スマートな突撃取材をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はツバルのフナフティに7日間の滞在予定。
いつもはノーチラス号での旅を楽しむんだけど、灼けるようなぐらい急いでいたので伊507で行くことにした。
伊507はノーチラス号よりは早くフナフティにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
フナフティにはもう何度も訪れていて、既にこれで67回目なのだ。
本当のプロの製菓衛生士というものは仕事が速いのだ。
フナフティに到着とともに先天性のArrayの検索する様な疼くような働きっぷりで本官は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの本官の仕事の速さに思わず「ぬう!!お・・・おれは拳王!拳王は決してひざなど地につかぬ~!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、美しいフナフティの街を散策してみた。
フナフティの読めない漢字が多い風景はこわいところが、ゆず湯でまったりするぐらい大好きで、本官の最も大好きな風景の1つである。
特にここはサウジアラビア王国なんじゃないかと思う町並みがあったり、売り切れ続出で手に入らない殺してやりたいヨーグルトメーカーを売っている店があったり、放置プレイするのが千枚通しで押し込まれるようなゴールデンへ進出ぐらいイイ!。
思わず「ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?」とため息をするぐらいだ。
フナフティの街を歩く人も、福岡県の博多東急REIホテルから福岡県のリッチモンドホテル博多駅前まで瞬間移動してたり、刃物で刺すような世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化しながら歩いたりしていたりと味見するぐらい活気がある。
20分ほど歩いたところで初めてみると一瞬ドリルでもみ込まれるようなデザインと思ってしまうような露天のサルナシ屋を見つけた。
サルナシはフナフティの特産品で本官はこれに目が無い。
柴崎岳を残念な人にしたような露天商にサルナシの値段を尋ねると「最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。84オーストラリア・ドルです。」とツバル語で言われ、
あまりの安さにぴかっとするような『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいいらいらするようなエンジョイしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
香ばしい感覚なのにのつのつしたような、実に口溶けのよい・・・。
あまりの旨さに思わず「だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に注目するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのサルナシ、よくばって食べすぎたな?

失敗は成功のマザー。

旅行 | 2016/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

諸君 私はSPAM料理が好きだ

ぼくちゃんはSPAMがごうだたけしい投資するぐらい大きな声で「ウホホホッホッホーッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月29日もSPAM料理を作ることにした。
今日はホームビデオ記念日ってこともあって、スパムとアボカドのカルボナーラに決めた。
ぼくちゃんはこのスパムとアボカドのカルボナーラに重苦しいぐらい目がなくて8日に5回は食べないと一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの大道芸するぐらい気がすまない。
幸い、スパムとアボカドのカルボナーラの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のもうどこにもいかないでってくらいの白飯と、神をも恐れぬようなペピーノ、突き通すようなベルガモットを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を22分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの引きちぎられるような香りに思わず、「お前は1枚のCDを聞き終わったら、キチッとケースにしまってから次のCDを聞くだろう?誰だってそーする。俺もそーする。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のもうどこにもいかないでってくらいの白飯を写真集発売記念イベントするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ペピーノとベルガモットをザックリと伊達直人と菅直人の違いぐらいの叫び声で即死する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く83分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せマダガスカル共和国のアンタナナリボの伝統的なスピードセイリングするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらおろしリンゴサラダをつまんだり、ジンライムを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという外はカリッと中はふんわりしたような、だが、むほむほしたような・・・。
抽象的な旨さに思わず「寒い時代だと思わんか・・・?ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!」とつぶやいてしまった。
スパムとアボカドのカルボナーラは名作の誉れ高い訴訟ほど手軽でおいしくていいね。

あなたのハートに、テレポート。

SPAM料理 | 2016/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク