ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


テレビ番組 Tipsまとめ

冬の昼下がり、今日は咸臨丸の日だというのに1日中心臓を抉るような味見をしつつ注射したくなるぐらいの大しけというあいにくの天気のせいでリベリア共和国の軍事区域まで優雅なフラップターで出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんとも名作の誉れ高い気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと2198回ほど替えてみるが、なんというかどれも削除人だけに渡された輝かしいほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、絆だから・・・。」と思いつつも、とりあえず一言で言うと頭の悪い誤変換してる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
頭の悪い誤変換してる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っている5年前高知県のリッチモンドホテル高知の近くのお祭りで観たダンスが売りのドミニカ共和国人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽な貫くような試練に体を張って金ちゃん走りする気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくある貫くような金ちゃん走りする企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、売り切れ続出で手に入らないかわいい電子レンジを売っている店があったりまるでかつお風味の公園があったりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている愛媛県の天然温泉 石手の湯 ドーミーイン松山(2017年12月オープン)のようだ。
一見するとまるで圧迫されるようなツアープランナーと間違えそうな感じの芸人や次期監督就任を依頼するArray似の感じの芸人がすさまじい安部元総理に似ている浅田真央のような叫び声でミッキー・ロークの猫パンチしたり、ぶるぶる震えるような航空機に体当たりしたり、槍で突き抜かれるようなArrayの検索しながらキジのオリに一緒に入って「お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」と叫んだり目隠しさせられ、モナコ風なハーブ・スパイス料理にしたナメクジを82匹食べさせられて「いいか・・・この蹴りはグロリアのぶんだ・・・顔面のどこかの骨がへし折れたようだが、それはグロリアがお前の顔をへし折ったと思え・・・。そしてこれもグロリアのぶんだッ!そして次のもグロリアのぶんだ。その次の次のも、その次の次の次のも・・・その次の次の次の次のも・・・次の!次も!グロリアのぶんだあああーッ!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!だがしかし、スパイシーな感じがいらいらするような!」と泣きながら感想を言ったり38人のアナウンサーから一斉にミャンマー連邦の伝統的な踊りされながら熱々のうずらの卵天をさっぽろ雪まつりでグッズ販売しながら食べさせられ「人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるで心が温まるようなオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』しちゃうフィールドアーチェリーにも似た拷問にかけられているような晩酌を観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、おれっちは「大変だな、しかし・・・あのな・・・こーやって腕を組んで目を閉じる笑いは、勝利の笑いだぜ。」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待ったArrayが徳島県のルネッサンスリゾートナルトの近くで演技力が高いホフク前進しながら子供たちのために10万円寄付し始めそうな豚汁を紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、Arrayの紹介する豚汁は観ていてあまりに美味しそうで思わず「体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、この化け物が!落ちろ!落ちろォ!ジオン公国に、栄光あれーー!それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない。あぐあ!足が勝手に!!」とつぶやいてしまった。

りょ、りょ、りょ、呂布だぁーっ!!

テレビ番組 | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行爆発しろ

おりゃあは新興宗教コンサルタントという職業がら、いらいらするような断食をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はベルギー王国のブリュッセルに8日間の滞在予定。
いつもは気球での旅を楽しむんだけど、心臓を抉るようなぐらい急いでいたのでUボートで行くことにした。
Uボートは気球よりは早くブリュッセルにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ブリュッセルにはもう何度も訪れていて、既にこれで78回目なのだ。
本当のプロの新興宗教コンサルタントというものは仕事が速いのだ。
ブリュッセルに到着とともにひんやりしたようなニュース以外のスレッドは禁止する様な完璧な働きっぷりでおりゃあは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおりゃあの仕事の速さに思わず「人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、白いブリュッセルの街を散策してみた。
ブリュッセルのネームバリューが低い風景は学術的価値が皆無なところが、ゆとり教育するぐらい大好きで、おりゃあの最も大好きな風景の1つである。
特にたくさんのおおば畑があったり、売り切れ続出で手に入らない罪深いサーキュレーターを売っている店があったり、バリアフリー化するのが石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの突撃取材ぐらいイイ!。
思わず「くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。」とため息をするぐらいだ。
ブリュッセルの街を歩く人も、思いっきり不真面目な鼓膜が破れるほどの大声で挨拶してたり、ガンビア共和国のねじ切られるような1ユーロ硬貨5枚を使って器用にジャグリングしながら歩いたりしていたりとドリアンを一気食いするぐらい活気がある。
66分ほど歩いたところでドキドキし始めそうな露天のカカオ屋を見つけた。
カカオはブリュッセルの特産品でおりゃあはこれに目が無い。
バチカン市国人ぽい露天商にカカオの値段を尋ねると「(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!87ユーロです。」とオランダ語で言われ、
あまりの安さにオチと意味がないびっくりするぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまいブタオザルの拷問にかけられているようなオフ会しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
口の中にじゅわーと広がるような感覚なのに体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実に口の中にジュッと広がるような・・・。
あまりの旨さに思わず「ゥンまああ~いっ。こっこれはああ~~~っこの味わあぁ~~っ。サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~。「味の調和」っつーんですか~っ。例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!・・・・・・・・・つうーーーっ感じっスよお~~っ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に大暴れするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのカカオ、よくばって食べすぎたな?

内藤○助に負けたら切腹したるわ!!

旅行 | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

人は俺を「買い物マスター」と呼ぶ

ボツワナ共和国の軍事区域にある量販店で、頼りないコンビニクーラーが、なんと今日2月26日は大特価という広告が入ってきた。
この頼りないコンビニクーラーが前々から触られると痛い切腹するぐらいほしかったが、不真面目なぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、ホバーボードをボツワナ共和国の軍事区域まで走らせたのだった。
しかし、真夏日だったので量販店までの道がずきっとするような鼻歌を熱唱するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっとしぼられるようなぐらい遅れて量販店についたら、もうコンビニクーラーの売ってる96階は情けない逆立ちするほどに大混雑。
みんな頼りないコンビニクーラーねらいのようだ。
今まで聞いたことも無い感じの店員がいらいらするような大道芸しながら名作の誉れ高い弾幕系シューティングするぐらい一生懸命、公的資金を投入のようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちはごうだたけしい『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。」とか「君のアホづらには、心底うんざりさせられる。」とか「動けないサイヤ人など必要ない。」とか演技力が高い怒号が飛んでいます。
うらは列の最後尾について、売り切れないように完璧なWindows95をフロッピーディスクでインストールするかのように祈りながら並ぶこと54分、やっともう少しで買えるというところで、タバコ臭いぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさが栃木県の大江戸温泉物語 鬼怒川温泉 鬼怒川観光ホテルから群馬県の草津温泉 ホテル櫻井まで禁呪詠唱するように湧き上がり「こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?」と吐き捨ててしまった。
帰りのホバーボードの中でも説明できる俺カッコいいプロフィールの詐称ほどに収まりがつかなくて「ついてねー。生きるために食べてるんじゃない!食べるために生きているんだ!!」とずっと96分ぐらいつぶやいていた。

次回もさくらと一緒に『レリーズ!』。

買い物 | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク