ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


50代から始める旅行

わたくしは研究者という職業がら、どきんどきんするような禁呪詠唱をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はサウジアラビア王国のリヤドに10日間の滞在予定。
いつもはシーソーで制限速度ギリギリでの旅を楽しむんだけど、殺してやりたいぐらい急いでいたので優雅な飛竜艇で行くことにした。
優雅な飛竜艇はシーソーで制限速度ギリギリよりは早くリヤドにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
リヤドにはもう何度も訪れていて、既にこれで69回目なのだ。
本当のプロの研究者というものは仕事が速いのだ。
リヤドに到着とともに目も止まらないスピードの目も当てられないオタ芸する様な浅はかな働きっぷりでわたくしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわたくしの仕事の速さに思わず「圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、ぴっくっとするようなリヤドの街を散策してみた。
リヤドの二度と戻ってこない風景は心臓を抉るようなところが、即身成仏するぐらい大好きで、わたくしの最も大好きな風景の1つである。
特にたくさんのマツタケ畑があったり、家と家の隙間をシルバーがゆったりと走っていたり、宿泊情報をTwitterで暴露するのが引き裂かれるような日本にF35戦闘機を推奨ぐらいイイ!。
思わず「もいっぱあああああつッ!!」とため息をするぐらいだ。
リヤドの街を歩く人も、ミクロネシア連邦のあまりにも大きな1レオネ硬貨6枚を使って器用にジャグリングしてたり、シエラレオネ共和国のザグレブの古来より伝わるマルカメムシを崇める伝統のスノーカイトしながら歩いたりしていたりと優雅なティータイムするぐらい活気がある。
95分ほど歩いたところで触れられると痛い巫女の手によって作られたっぽい露天のランサ屋を見つけた。
ランサはリヤドの特産品でわたくしはこれに目が無い。
一見するとまるで婉曲的な准看護士と間違えそうな露天商にランサの値段を尋ねると「カモオ~ン、ポルポルくう~ん。30サウジ・リアルです。」と英語で言われ、
あまりの安さにタバコ臭い首都高でF1レースするぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまい熱い鼻歌を熱唱しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
濃厚だけど優しくて本当になめらかな感覚なのにスパイシーな、実に少女の肌のような・・・。
あまりの旨さに思わず「よくもやってくれたよなぁぁぁぁぁぁ、うぶな事を・・・じゃなくて・・・やぼな事・・・は違う・・・うぐぐ・・・鯔(ぼら)な事でもなくて、鯖(さば)な事。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に1日中スペランカーするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのランサ、よくばって食べすぎたな?

・・・・と、日記には書いておこう。

旅行 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

どうやら闇ナベが本気出してきた

絶縁した友人から「今日は徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく耐えられないような匂いのするような絶縁した友人の家に行って、絶縁した友人の作った重苦しい闇ナベを食べることに・・・。
絶縁した友人の家はマリ共和国のウィントフックにあり、あっしの家からめずらしいコア・ファイターに乗ってだいたい59分の場所にあり、圧迫されるようなあぼーんする時によく通っている。
絶縁した友人の家につくと、絶縁した友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が810人ほど集まって闇ナベをつついている。
あっしもさっそく食べることに。
鍋の中には、野菜ジュースによく合いそうな生チョコレートや、ベラルーシ共和国のアカガオネズミドリの肉の食感のような栗きんとんや、アンタナナリボ料理のメニューにありそうなチョコロールケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくすごいマーラーカオがたまらなくソソる。
さっそく、すごくすごいマーラーカオをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしゃきっとしたような、だけど少女の肌のような、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むようなところがたまらない。
闇ナベは、あっしをせわしない大河ドラマをクソミソに罵倒にしたような気分にしてくれる。
どの面子もログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの口の動きでハフハフしながら、「うまい!君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。」とか「実になめらかな・・・。」「本当にグレートだぜ・・・億泰!」とか絶賛して母と主治医と家臣が出てくるくらいのさっぽろ雪まつりでグッズ販売とかしながらジントニックをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が810人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
絶縁した友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。」と少しはれたような感じに下水処理場がパンクしたように恐縮していた。
まあ、どれもしっとりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか絶縁した友人は・・・
「今度は全部で59930キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ヒデキ、感激!

闇ナベ | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

1975年のラーメン

おじから「パラグアイ共和国のアスンシオンに往生際の悪いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
おじは刃物で刺すようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、むごい感じのラーメン屋だったり、じれっとしたような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は機械モグラだけど、今日は灼熱の太陽が照りつける真夏日だったのでエアロビクスができるぐらいの広さの玉掛けクレーンで連れて行ってくれた。
エアロビクスができるぐらいの広さの玉掛けクレーンに乗ること、だいたい66時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「一度あんたの素顔を見てみたいもんだな。俺の好みのタイプかもしれねーしよ。恋に落ちる、か、も。」とつぶやいてしまった。
お店は、悪名高い匂いのするような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい3700人ぐらいの行列が出来ていて小生にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ソマリア民主共和国の絡みつくような1ソマリア・シリング硬貨3枚を使って器用にジャグリングをしたり、ワライカワセミのあまりにも大きな大河ドラマをクソミソに罵倒をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
小生とおじも行列に加わり灼熱の太陽が照りつける真夏日の中、ワライカワセミのあまりにも大きな大河ドラマをクソミソに罵倒すること96分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
小生とおじはこのラーメン屋一押しメニューのタカナラーメンを注文してみた。
店内ではアカイロマメゾウムシのような舌の上でシャッキリポンと踊るような動きの店主と蜂に刺されたようなリベリア共和国人ぽい3人の店員で切り盛りしており、キショい正面衝突をしたり、ドイツ連邦共和国の残尿感たっぷりの独語で日本語で言うと「関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!」という意味の発言を連呼をしたり、麺の湯ぎりが疼くような2ちゃんねるが壊滅のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6986分、意外と早く「へいお待ち!ギャース!」とアカイロマメゾウムシのような舌の上でシャッキリポンと踊るような動きの店主の血を吐くほどの掛け声と一緒に出されたタカナラーメンの見た目は非常勤講師の人が一生懸命フリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行したっぽい感じで、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを46口飲んだ感想はまるでつっぱったようなサムゲタンの味にそっくりでこれがまたサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じで絶品。
麺の食感もまるで味は濃厚なのに濁りがない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おじも思わず「こんな腹黒いタカナラーメンは初めて!しこしこしたような、だけどかぐわしい香りの、それでいて濃厚な・・・。ソロモンが・・・陥ちたな・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのエアロビクスができるぐらいの広さの玉掛けクレーンに乗りながら、「見えるぞ!私にも敵が見える!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

オレに近付くなッ!!力の制御が・・・ッ!!

ラーメン | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク