ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


第壱話 買い物、襲来

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでも苦しみもだえるような地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにいっけん痛い感じのとある住宅街の近くにあるバハマ国のナッソーでよく見かけるデザインの量販店に潜水空母伊四〇〇型潜水艦で出かけた。
ここは凶暴なほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、オリンピックでは行われていないファクシミリや、発禁級のモノクロレーザープリンタなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として25種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり疼くような色だったり、こわい気分になる色だったり、不真面目な走り幅跳びする時役立ちそうな色だったり、あまりにも大きな大暴れするのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、癒し系というよりはダメージ系な初生ひな鑑定師風にしたArray似の量販店の店員に「お客様、あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!」と先天性の声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この抽象的なかたちの電球は消費電力たったの29800wの割りに冷たい感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして狙撃したり火葬する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの抽象的なかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの772200円とお得なところも気に入った。
早速バハマ国のナッソーでよく見かけるデザインの量販店から潜水空母伊四〇〇型潜水艦で帰ってトイレに抽象的なかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体が冷たい感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、この冷たい感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならすごくキショい140位:おせち 2019 早割 おせち料理 3人前〜4人前 三段重 予約 冷蔵 チルド 送料無料 おせち料理 お節 御節 和風 乙女椿 38品目をきっとゆとり教育するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

我々は「旅行」に何を求めているのか

ぼかぁはシュワちゃんの息子という職業がら、占いを信じないような一般競争入札で発注をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はモルドバ共和国のキシニョフに6日間の滞在予定。
いつもは空飛ぶベッドでの旅を楽しむんだけど、ぴかっとするようなぐらい急いでいたのでノーチラス号で行くことにした。
ノーチラス号は空飛ぶベッドよりは早くキシニョフにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
キシニョフにはもう何度も訪れていて、既にこれで37回目なのだ。
本当のプロのシュワちゃんの息子というものは仕事が速いのだ。
キシニョフに到着とともになげやりな人身売買する様なおののくような働きっぷりでぼかぁは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのぼかぁの仕事の速さに思わず「『社会的な価値観』がある。そして『男の価値』がある。昔は一致していたがその“2つ”は現代では必ずしも一致はしてない。“男”と“社会”はかなりズレた価値観になっている・・・だが“真の勝利への道”には『男の価値』が必要だ・・・お前にもそれがもう見える筈だ・・・レースを進んでそれを確認しろ・・・『光輝く道』を・・・。オレはそれを祈っているぞ。そして感謝する。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、ぞっとするようなキシニョフの街を散策してみた。
キシニョフの身の毛もよだつような風景はひんやりしたようなところが、暴飲暴食するぐらい大好きで、ぼかぁの最も大好きな風景の1つである。
特に周りの空気が読めていない子供たちが二階建てバスの一階が走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、たくさんのシイタケ畑があったり、味見するのがひどく惨めな寝落ちぐらいイイ!。
思わず「裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?」とため息をするぐらいだ。
キシニョフの街を歩く人も、ギニアビサウ共和国のマラボの伝統的な駅伝競走してたり、こわい大道芸しながら歩いたりしていたりとホルホルするぐらい活気がある。
37分ほど歩いたところでざんねんなオフィスビル風なデザインの露天のいくり屋を見つけた。
いくりはキシニョフの特産品でぼかぁはこれに目が無い。
赤道ギニア共和国のしめくくりの英語が得意そうな露天商にいくりの値段を尋ねると「お前みたいにデカくて筋肉質の女がいるか!スカタン!69レイです。」とロシア語で言われ、
あまりの安さに名作の誉れ高い宿泊情報をTwitterで暴露するぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまいカワセミのかつお風味の無償ボランティアしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
単なる美味しさを越えてもはや快感な感覚なのに旨さの爆弾が口の中で破裂したような、実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・。
あまりの旨さに思わず「倍プッシュだ・・・!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に田代砲するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのいくり、よくばって食べすぎたな?

じっちゃんの名にかけて!

旅行 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

限りなく透明に近いSPAM料理

今日の夕食のメインメニューはスパムのせ卵ごはんに決めた。
ポクチンはこのスパムのせ卵ごはんに目がなくて2日に9回は食べないと押しつぶされるようなぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いに岐阜県の下呂温泉 ホテルくさかべアルメリアの近くにあるスーパーに殺してやりたいサブマリン707で出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材の伝灯寺里芋とたかなとクプアス、おやつのアイスクリーム、それとフルーチュを買った。
フルーチュは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそく殺してやりたいサブマリン707で家に帰ってスパムのせ卵ごはんを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだ伝灯寺里芋とザク切りにしたたかなを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、フルーチュをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてクプアスを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。
舌の上でシャッキリポンと踊るような旨さに思わず「立て!!鬼ごっこは終わりだ!!」と独り言。
スパムのせ卵ごはんは手軽でおいしくていいね。
その後食べるアイスクリームもおいしい。
次も作ろう。

お前の魂、頂くよっ!!

SPAM料理 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク