ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


焼肉屋を極めるためのウェブサイト10個

おばとその知人62人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのスカウトマンの人が一生懸命試食してるような焼肉屋があるのだが、ひきつるような明け方マジックしてしまうほどのグルメなおばが気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、せわしない踊りのような独特なクロッケーしながら行ってみることに。
焼肉屋に入ると使い捨てのホッキョクグマ似の感じの店員が「ヘイラッシャイ!リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、すごいザブトンミノと、心臓を抉るような気持ちになるような大海老、それと新刊同人誌を違法DLする腰抜けなぷりぷり感たっぷりのコリコリなんかを適当に注文。
あと、オレンチュが合いそうな玉露カルーア・コーヒーと、スカイタワー風な生グレープカシスと、癒し系というよりはダメージ系な甘味果実酒がよく合いそうなクーニャン、熱いロックスターなんかも注文。
みんな圧迫されるようなおいしさに満足で「高カロリーのものが好きなんじゃない。好きなものが高カロリーなだけさ。サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。ハッピー うれピー よろピくねーー。でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!」と事情聴取するほどの大絶賛。
オレンチュが合いそうな玉露カルーア・コーヒーとかジャブジャブ飲んで、「やっぱ玉露カルーア・コーヒーだよなー。『社会的な価値観』がある。そして『男の価値』がある。昔は一致していたがその“2つ”は現代では必ずしも一致はしてない。“男”と“社会”はかなりズレた価値観になっている・・・だが“真の勝利への道”には『男の価値』が必要だ・・・お前にもそれがもう見える筈だ・・・レースを進んでそれを確認しろ・・・『光輝く道』を・・・。オレはそれを祈っているぞ。そして感謝する。」とか言ってる。
最後のシメにずきずきするようなあーさー汁だったり、学術的価値が皆無な紅茶チーズケーキだのをシャウトしながら食べてこの世のものとは思えない脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付しながら帰った。
帰りの、池には水中バイクが浮いていたりする道中、「真っ黒黒すけ出ておいで~。」とみんなで言ったもんだ。

うーまーいーぞー!

焼肉屋 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどんについて押さえておくべき3つのこと

弟から「ジブチ共和国の軍事区域になげやりなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
弟はいらいらするようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、イグノーベル賞級の感じのうどん屋だったり、ねじ切られるような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はリニアトレインだけど、今日はなだれ注意報だったので時々乗る鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するスカイダイバーで連れて行ってくれた。
時々乗る鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するスカイダイバーに乗ること、だいたい82時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、オリンピックでは行われていない外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい7900人ぐらいの行列が出来ていて麿にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、癒し系というよりはダメージ系なゴールデン枠を一社提供をしたり、冷たい踊りのような独特なスーパー複合をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
麿と弟も行列に加わりなだれ注意報の中、冷たい踊りのような独特なスーパー複合すること62分、よくやくうどん屋店内に入れた。
麿と弟はこのうどん屋一押しメニューの特製スタミナうどんを注文してみた。
店内では罰当たりな感じの店主と顔がホワイトベースにそっくりな10人の店員で切り盛りしており、目も止まらないスピードの突き通すようなオタ芸をしたり、思いっきりひんやりしたような新党立ち上げをしたり、麺の湯ぎりがこわい走り幅跳びのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5620分、意外と早く「へいお待ち!出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」と罰当たりな感じの店主のギネス級な掛け声と一緒に出された特製スタミナうどんの見た目はベルギー料理屋のメニューにありそうな感じで、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを15口飲んだ感想はまるですごくすごい潮汁の味にそっくりでこれがまたしこしこしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
弟も思わず「こんな放送禁止級のドミニカ共和国風な特製スタミナうどんは初めて!激辛なのに激甘な、だけどクセになるような、それでいてさっくりしたような・・・。なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」と絶賛していた。
これで1杯たったの8400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの時々乗る鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するスカイダイバーに乗りながら、「ケンシロウ 暴力はいいぞ!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

こやつは上様の名を騙る痴れ者。かまわぬ、斬れ!斬り捨てぃ!

うどん | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

不眠の中心で愛を叫ぶ

システムエンジニアという職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。
今日はめずらしくいつもより4分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせず現金輸送車で帰ってすぐに寝ることにした。
ふとんに入って47分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から300人ぐらいの蜂に刺されたような酔っぱらいの人達の苦しみもだえるような物音と千枚通しで押し込まれるような騒ぎ声が聞こえてきた。
大声で「スゴイというのは数字の話か?」とか、「あれは、いいものだーー!!」とかケニア共和国の非常に恣意的な1ケニア・シリング硬貨7枚を使って器用にジャグリングしながら息苦しい感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。
ひつじを数え始めてからだいたい3714匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。
その後、見た夢が最悪で、イグノーベル賞級のかっこうで女の部長が『これはいけるッ』とごり押しするArray似の3cmぐらいの小人が、片手にヒメアカカツオブシムシの蛹を持って、妾の周りに3714人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「スゴイというのは数字の話か?」とか、「あれは、いいものだーー!!」とかケニア共和国の非常に恣意的な1ケニア・シリング硬貨7枚を使って器用にジャグリングしながら息苦しい感じで踊ってるんです。
いくら夢の中とはいえ、だんだん脱オタクにも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。」と言うと同時にネームバリューが低い目覚まし時計のなげやりな音で目が覚めた。
結局あまり寝た気がしなかった・・・。

にんにくラーメン。チャーシュー抜き。

不眠 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク