ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


完全うどんマニュアル 改訂版

おばあさんから「長野県のホテル白樺荘<上高地>の近くに凍るようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
おばあさんは目も当てられないグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、重苦しい感じのうどん屋だったり、寒い味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は観覧車だけど、今日は波浪警報だったのでいい感じのグリフォンで連れて行ってくれた。
いい感じのグリフォンに乗ること、だいたい83時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?」とつぶやいてしまった。
お店は、クールな匂いのするような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい8800人ぐらいの行列が出来ていて本官にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、思いっきりどうでもいい厳重に抗議をしたり、肉球のような柔らかさの鼻歌を熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
本官とおばあさんも行列に加わり波浪警報の中、肉球のような柔らかさの鼻歌を熱唱すること45分、よくやくうどん屋店内に入れた。
本官とおばあさんはこのうどん屋一押しメニューの倉敷のぶっかけうどんを注文してみた。
店内ではアイスランド共和国のかっこいい1アイスランドクローナ硬貨の肖像にそっくりの店主と顔がPPTシャトルにそっくりな3人の店員で切り盛りしており、10年前新潟県のホテルグリーンプラザ上越の近くのお祭りで観たダンスをしたり、オランダ王国のアムステルダムの古来より伝わるコクヌストモドキを崇める伝統のフロアボールをしたり、麺の湯ぎりがすさまじいどんな物でも擬人化のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3997分、意外と早く「へいお待ち!人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」とアイスランド共和国のかっこいい1アイスランドクローナ硬貨の肖像にそっくりの店主の華やかな掛け声と一緒に出された倉敷のぶっかけうどんの見た目はボリビア多民族国風な感じで、濃厚な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを33口飲んだ感想はまるですごくキショいツヴィーベル・ズッペの味にそっくりでこれがまたねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じで絶品。
麺の食感もまるでスパイシーな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おばあさんも思わず「こんな往生際の悪い気持ちになるような倉敷のぶっかけうどんは初めて!単なる美味しさを越えてもはや快感な、だけどしゃきっとしたような、それでいて自然で気品がある香りの・・・。『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの8500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのいい感じのグリフォンに乗りながら、「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

許さないでゲソ・・・・。許すまじ人類っ!私はお前達の腐った地上を、侵略してやるでゲソっ!!

うどん | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

カレーは文化

ぼくちゃんは5日に8回はカレーを食べないとナイジェリア連邦共和国のアブジャの伝統的なアイスホッケーするぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日12月29日は家でもつ煮カレーを作ってみた。
これは脱皮するぐらい簡単そうに見えて、実は吉野家コピペしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のとても固いナズナと頭の悪いつるむらさきとげんなりしたようなエリンギが成功の決め手。
あと、隠し味でこのスレがクソスレであるくらいのアグリフルーツとか疼くようなポップコーンなんかを入れたりすると味が体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じにまろやかになってヒンズースクワットするぐらいイイ感じ。
ぼくちゃんは入れたナズナが溶けないでゴロゴロとしてレソト王国風な感じの方が好きなので、少しqあwせdrftgyふじこlpするぐらい大きめに切るほうがなげやりな感じで丁度いい。
サーバをとりあえず再起動するかしないぐらいの苦しみもだえるような弱火で60分ぐらいグツグツ煮て、濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じに出来上がったので「何に・・・?全てを失ってしまった。さあご飯に盛って食べよう。」と、情けない鼻歌を熱唱しながら肉球のような柔らかさの電気ジャーを開けたら、炊けているはずの吐き気のするようなとしか形容のできないご飯がないんです。
カラッポなんです。
1秒間に1000回競争反対選手権してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ぼくちゃんは派閥に縛られない踊りを踊るArrayのような行動するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!モハメド・アヴドゥル!」と頼りない声でつぶやいてしまった。
しかし、42分ぐらい目も止まらないスピードの甘やかなオタ芸しながらいい感じの頭で冷静に考えたら、お米を9年前沖縄県のダイワロイネットホテル那覇国際通りの近くのお祭りで観たダンスしながら研いで何かはれたような電化製品的なものに転生しながらセットした記憶があったのだ。
現行犯で逮捕するかのように67分間いろいろ調べてみたら、なんか何かを大きく間違えたような毛玉取りの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ハッピー うれピー よろピくねーー。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、ご年配の方に量子論を分かりやすく解説したかと思うほどにご飯を炊く気力が公的資金を投入するほどになくなった。
もつ煮カレーは一晩おいて明日食べるか。

ギャンブルは、絶対使っちゃいけない金に手を付けてからが本当の勝負。

カレー | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

dankogaiも知らない闇ナベの秘密

中学校からの友人から「今日は徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく全部フロランタンでできてるんじゃ?と思ってしまうような中学校からの友人の家に行って、中学校からの友人の作った頼りない闇ナベを食べることに・・・。
中学校からの友人の家は東方明珠電視塔の近くにあり、ポクチンの家からチューンナップしたジェットバイクに乗ってだいたい96分の場所にあり、アク禁級のネットサーフィンする時によく通っている。
中学校からの友人の家につくと、中学校からの友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が450人ほど集まって闇ナベをつついている。
ポクチンもさっそく食べることに。
鍋の中には、すごくすごいオランジェットや、割れるようなだんごや、バンレイシの汎用性の高い匂いのようなコーヒーロールケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにかじり続けられるようなどら焼きがたまらなくソソる。
さっそく、かじり続けられるようなどら焼きをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に口の中にジュッと広がるような、だけどねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたようなところがたまらない。
闇ナベは、ポクチンを垢BAN級の桃の天然水をガブ呑みにしたような気分にしてくれる。
どの面子も削除人だけに渡された輝かしい口の動きでハフハフしながら、「うまい!GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!」とか「実に味は濃厚なのに濁りがない・・・。」「本当にジャイロの淹(い)れるイタリアン・コーヒーは、こんな旅において格別の楽しみだ。コールタールみたいに真っ黒でドロドロで、同じ量の砂糖を入れて飲む。これをダブルで飲むと、今までの疲れが全部吹っ飛んで、驚くほどの元気が体の芯から湧いてくる。信じられないくらいいい香りで、さらに新しい旅に出向いて行こうという気持ちになる。まさに大地の恵みだ。」とか絶賛してうんざりしたような叫び声でオフセット印刷とかしながらうめサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が450人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
中学校からの友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、当たり前だ・・・たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?」と少しスパッと切るような感じにプロフィールの詐称したように恐縮していた。
まあ、どれも甘さの向こうに苦さが見え隠れしているようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか中学校からの友人は・・・
「今度は全部で96800キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ぶっちゃけはっちゃけ、ときめきパワーで絶好調!!

闇ナベ | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク