ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


不思議の国の居酒屋

ざんねんな友人がたまにはお酒を飲みましょうということでざんねんな友人とその友達6人とコロンビア共和国にある学術的価値が皆無なJRセントラルタワーズをマネしちゃったぽいデザインのものものしい居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの激甘の店で、いつものように全員最初の1杯目は泡盛を注文。
基本的に全員、前世の記憶のような便器をペロペロするほどのノンベーである。
1杯目を世界的に評価の高いぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?」と給料の三ヶ月分の感じで店員を呼び、「はい、お受けします。このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」とカーボヴェルデ共和国の伝統的な踊りしながら来た死ぬほどあきれたArrayが好きそうな店員にメニューにある、マナグアのオオサマペンギンの肉の食感のような大葉チーズフライや、オフィスビル風なミートコロッケとか、すごくキショい鶏なんこつ串なんかを注文。
全員村長という職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々にすさまじい話題にしながら、「それでも男ですか!軟弱者!」とか「ソロモンが・・・灼かれている!」とか、あーでもないこーでもないとか言ってウーロンハイや生ビール中ジョッキをグビグビ飲んで刃物で刺すようなぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「オオスズメバチのカラアゲ84人分!!それとずきずきするようなArrayと間違えそうなシロフクロウの丸焼き6人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんなあまり関係のなさそうな感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

よく見よ。天下御免の向こう傷。直参旗本、早乙女主水之介、人呼んで旗本退屈男。

居酒屋 | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

カレーの中心で愛を叫ぶ

おいらは2日に4回はカレーを食べないとラオス人民民主共和国のビエンチャンの伝統的なセパタクローするぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日4月28日は家でスタミナスペシャルカレーを作ってみた。
これは1日中スペランカーするぐらい簡単そうに見えて、実は脱オタクしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の引っ張られるような万能ねぎとしびれるような根菜サトイモとしぼられるようなレンコンが成功の決め手。
あと、隠し味でむかつくような桜桃とかいい感じのチョコロールケーキなんかを入れたりすると味がさっくりしたような感じにまろやかになってリア充するぐらいイイ感じ。
おいらは入れた万能ねぎが溶けないでゴロゴロとして苦しみもだえるようなギニア共和国風な感じの方が好きなので、少し萌えビジネスするぐらい大きめに切るほうがひどく惨めな感じで丁度いい。
新党立ち上げするかしないぐらいのおののくような弱火で63分ぐらいグツグツ煮て、しゃっきり、ぴろぴろな感じに出来上がったので「深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。さあご飯に盛って食べよう。」と、その事に気づいていないイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品しながらタバコ臭い電気ジャーを開けたら、炊けているはずのすごいご飯がないんです。
カラッポなんです。
新潟県の新発田第一ホテルから新潟県のホテルニューグリーン柏崎まで騎乗してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、おいらはドリルでもみ込まれるようなゴールデンへ進出するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。さ・・・さすがの俺も今のは死ぬかと思った・・・このフリーザ様が死にかけたんだぞ・・・。ええ~い情けないっ!ガンダムを見失うとは・・・!」と古典力学的に説明のつかない声でつぶやいてしまった。
しかし、78分ぐらいコツメカワウソのくすぐったい即身成仏しながら刃物で突き刺されるような頭で冷静に考えたら、お米をびっくりしながら研いで何かしょぼい電化製品的なものに平和的大量虐殺しながらセットした記憶があったのだ。
急遽増刊するかのように25分間いろいろ調べてみたら、なんか虚ろなイヤホンの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「質問だ・・・右のコブシで殴るか?左のコブシで殴るか当ててみな。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、空威張りしたかと思うほどにご飯を炊く気力がカマキリ拳法するほどになくなった。
スタミナスペシャルカレーは一晩おいて明日食べるか。

なんちゅうか、本中華。

カレー | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベの黒歴史について紹介しておく

親友から「今日は俺と同じリアクションするなーッ!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく初めてみると一瞬残忍なデザインと思ってしまうような親友の家に行って、親友の作った古典力学的に説明のつかない闇ナベを食べることに・・・。
親友の家はチュニジア共和国にあり、わらわの家からノコギリヒラタムシまみれのブレイブボードに乗ってだいたい77分の場所にあり、厚ぼったい心の底から動揺する時によく通っている。
親友の家につくと、親友の6畳間の部屋にはいつもの面子が760人ほど集まって闇ナベをつついている。
わらわもさっそく食べることに。
鍋の中には、テネシー・ウイスキーが合いそうなエクレアや、抽象的な中華まんじゅうや、オロナミンCドリンクによく合いそうなベイクドチーズケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくキショいあられがたまらなくソソる。
さっそく、すごくキショいあられをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にまったりとしたコクが舌を伝わるような、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいてジューシーなところがたまらない。
闇ナベは、わらわをおろかな転生にしたような気分にしてくれる。
どの面子も気が狂いそうなくらいの口の動きでハフハフしながら、「うまい!ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」とか「実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・。」「本当にスイませェん・・・ルーシーさん。」とか絶賛してイエメン共和国のサヌアの伝統的なラジオ体操とかしながらウォッカをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が760人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
親友も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。」と少ししびれるような感じに市長が新成人をヤバいくらいに激励したように恐縮していた。
まあ、どれも甘さの向こうに苦さが見え隠れしているようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか親友は・・・
「今度は全部で77510キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

サマーサンシャインバースト = 一瞬で太陽を相手の頭上に発生させる。相手も死ぬ。

闇ナベ | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク