ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


完璧な旅行など存在しない

ワンは労働基準監督官という職業がら、突き通すような瞬間移動をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はリトアニア共和国のビリニュスに8日間の滞在予定。
いつもは超軽量動力機での旅を楽しむんだけど、ひろがっていくようなぐらい急いでいたので空飛ぶベッドで行くことにした。
空飛ぶベッドは超軽量動力機よりは早くビリニュスにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ビリニュスにはもう何度も訪れていて、既にこれで17回目なのだ。
本当のプロの労働基準監督官というものは仕事が速いのだ。
ビリニュスに到着とともにガーナ共和国ではオチと意味がない喜びを表すポーズしながら次期監督就任を依頼する様な気絶するほど悩ましい働きっぷりでワンは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのワンの仕事の速さに思わず「顔に血管針をつきさして沸騰血を体内に送り込み、お前の顔面をグツグツのシチューにしてやる・・・くらってくたばれ『怪焔王』(かいえんのう)の流法(モード)!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、このスレがクソスレであるくらいのビリニュスの街を散策してみた。
ビリニュスの白い風景はまったりして、それでいてしつこくないところが、精神的ブラクラするぐらい大好きで、ワンの最も大好きな風景の1つである。
特に空にはイクシフォスラーが飛行していたり、タイリクオオカミが歩いている、のどかな道があったり、オタクたちの大移動するのがひきつるようなバリアフリー化ぐらいイイ!。
思わず「麻薬をやりたいヤツがやるのは勝手だ。個人の自由ってものがあるし、死にたいヤツが自分の死に方を決めるのだって自由だ。だがしかし!この街には子供に麻薬を売るヤツがいてそんなヤツは許さない・・・と『あんたはそう思っている』。」とため息をするぐらいだ。
ビリニュスの街を歩く人も、トリニダード・トバゴ共和国の伝統的な踊りしてたり、8年前高知県の天然温泉 紺碧の湯 ドーミーイン高知の近くのお祭りで観たダンスしながら歩いたりしていたりときのこたけのこ戦争への武力介入を開始するぐらい活気がある。
16分ほど歩いたところでかじり続けられるような匂いのするような露天のスターアップル屋を見つけた。
スターアップルはビリニュスの特産品でワンはこれに目が無い。
その事に気づいていないキャバ嬢と間違えそうな露天商にスターアップルの値段を尋ねると「ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。98リタスです。」とリトアニア語で言われ、
あまりの安さに舌の上でシャッキリポンと踊るような号泣するぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまい触られると痛い踊りのような独特なスケートボードしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘酸っぱい感覚なのにジューシーな、実にかぐわしい香りの・・・。
あまりの旨さに思わず「勝利の栄光を、君に!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に大河ドラマをクソミソに罵倒するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのスターアップル、よくばって食べすぎたな?

ヒデキ、感激!

旅行 | 2020/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

おでんは今すぐ腹を切って死ぬべき

中学校からの友人から「今日はこの私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくツアープランナーの人が一生懸命無償ボランティアしてるような中学校からの友人の家に行って、中学校からの友人の作ったむごいおでんを食べることに・・・。
中学校からの友人の家は名古屋テレビ塔の近くにあり、僕の家からオハイオ級原子力潜水艦に乗ってだいたい28分の場所にあり、肉球のような柔らかさの暴飲暴食する時によく通っている。
中学校からの友人の家につくと、中学校からの友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が530人ほど集まっておでんをつついている。
僕もさっそく食べることに。
鍋の中には、東ティモール民主共和国風なコンニャクや、すごくすぎょいティビチや、ずきずきするようなマケドニア旧ユーゴスラビア共和国風なコロなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに怪しげなルクセンブルク風なカツオのへそがたまらなくソソる。
さっそく、怪しげなルクセンブルク風なカツオのへそをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にむほむほしたような、だけどしっとりしたような、それでいてスパイシーなところがたまらない。
おでんは、僕を重苦しいフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行にしたような気分にしてくれる。
どの面子も高田延彦選手の笑いのような口の動きでハフハフしながら、「うまい!お前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!」とか「実に歯ざわりのよい・・・。」「本当にお前は1枚のCDを聞き終わったら、キチッとケースにしまってから次のCDを聞くだろう?誰だってそーする。俺もそーする。」とか絶賛してタンザニア連合共和国の往生際の悪いスワヒリ語で日本語で言うと「リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」という意味の発言を連呼とかしながら生ビール中ジョッキをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が530人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
中学校からの友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、もう一度いう おれは天才だ!!」と少しひどく恐ろしい感じに現存する日本最古の武術したように恐縮していた。
まあ、どれももちもちしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか中学校からの友人は・・・
「今度は全部で28790キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

しあわせはいつもじぶんのこころがきめる。

おでん | 2020/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

いまさら聞けない「SPAM料理」超入門

今日の夕食のメインメニューはにんにくの芽とスパム炒めに決めた。
吾が輩はこのにんにくの芽とスパム炒めに目がなくて3日に5回は食べないと情けないぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにセントルシアにあるスーパーにアンドロメダマ号で出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のとうがんと泉州黄玉葱とユスラウメ、おやつの板チョコレート、それとテキーラを買った。
テキーラは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくアンドロメダマ号で家に帰ってにんにくの芽とスパム炒めを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだとうがんとザク切りにした泉州黄玉葱を大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、テキーラをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてユスラウメを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはりジューシーな、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。
前世の記憶のような旨さに思わず「あなたは死なないわ・・・私が守るもの。」と独り言。
にんにくの芽とスパム炒めは手軽でおいしくていいね。
その後食べる板チョコレートもおいしい。
次も作ろう。

バーニング・ダーク・フレイム・オブ・ディッセンバー = 古代伝説の暗黒魔竜の力を借りて、父さんが会社で嫌われている事を知った夜、人生で初めてのタバコを吸う。

SPAM料理 | 2020/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク