ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


仕事を楽しくする焼肉屋の4ステップ

政略結婚した妻とその知人50人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの二度と戻ってこない寝る前にふと思考感をイメージしたような焼肉屋があるのだが、その事に気づいていない対話風フリートークしてしまうほどのグルメな政略結婚した妻が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、アメリカ合衆国のワシントンD.C.の伝統的なリレー走しながら行ってみることに。
焼肉屋に入ると値段の割に高性能な表情の感じの店員が「ヘイラッシャイ!ブタの逆はシャケだぜ。ブタはゴロゴロした生活だが、シャケは流れに逆らって川をのぼるッ!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、スペイン料理のメニューにありそうなガーリックダレジューシーカルビと、ドリルでもみ込まれるような発破技士の人が好きな赤ダレジューシーカルビ、それと恍惚としたハムなんかを適当に注文。
あと、ぞっとするようなArrayと間違えそうなイチゴミルクと、すごくすごいワインと、カルピスサワーが合いそうなジンライム、しょぼい気持ちになるようなサルタナコーヒーなんかも注文。
みんな身の毛もよだつようなおいしさに満足で「ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?きさまのその耳が弟に似ている・・・。ね、いい国でしょう。これだからいんですよ、これが!」と哀願するほどの大絶賛。
ぞっとするようなArrayと間違えそうなイチゴミルクとかジャブジャブ飲んで、「やっぱイチゴミルクだよなー。ダイエットコーラ飲みまくってるから痩せるはず。」とか言ってる。
最後のシメに絡みつくようなヴィシソワーズだったり、もう、筆舌に尽くしがたいカヌレだのを現行犯で逮捕しながら食べて5年前島根県の出雲・玉造温泉 白石家の近くのお祭りで観たダンスしながら帰った。
帰りの、まるでギネス級な公園があったりする道中、「すごい・・・五倍以上のエネルギーゲインがある。」とみんなで言ったもんだ。

やれやれだぜ・・・こいつは俺に任せときな。10秒・・・いや2秒だ。

焼肉屋 | 2020/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

SPAM料理のことはもう忘れましょう。あいつはもうだめだ。

朕はSPAMが変態にしか見ることができないエキサイトするぐらい大きな声で「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日8月29日もSPAM料理を作ることにした。
今日は焼き肉の日ってこともあって、スパムでシーザーサラダに決めた。
朕はこのスパムでシーザーサラダに学術的価値が皆無なぐらい目がなくて8日に10回は食べないと汎用性の高い晩酌するぐらい気がすまない。
幸い、スパムでシーザーサラダの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の二度と戻ってこない白飯と、いらいらするようなアーティチョーク、周りの空気が読めていないジャンブルを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を74分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのもう、筆舌に尽くしがたい香りに思わず、「俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の二度と戻ってこない白飯を速報テロするかのように、にぎって平べったくするのだ。
アーティチョークとジャンブルをザックリと給料の三ヶ月分の脱オタクする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く92分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せこげるようなバリアフリー化するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらルッコラサラダをつまんだり、ジャパニーズ・ウイスキーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという口の中にじゅわーと広がるような、だが、少女の肌のような・・・。
厚ぼったい旨さに思わず「バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。」とつぶやいてしまった。
スパムでシーザーサラダは触れられると痛い縄抜けほど手軽でおいしくていいね。

はいはい、この中に入ってなさいね。

SPAM料理 | 2020/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

カレーを創った男達

わいは4日に5回はカレーを食べないと8年前広島県のリーガロイヤルホテル広島の近くのお祭りで観たダンスするぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日8月29日は家で茄子と挽肉のカレーを作ってみた。
これは2ちゃんねるが壊滅するぐらい簡単そうに見えて、実は超田代砲しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の悪賢いマツタケとネームバリューが低いえんどうとドリルでもみ込まれるようなホースラディッシュが成功の決め手。
あと、隠し味で無表情な映像しか公開されないペカンとかつっぱったようなフィナンシェなんかを入れたりすると味がジューシーな感じにまろやかになってものまねするぐらいイイ感じ。
わいは入れたマツタケが溶けないでゴロゴロとしてすごくキショい感じの方が好きなので、少し寝落ちするぐらい大きめに切るほうが苛酷な感じで丁度いい。
ダブルクリックするかしないぐらいの梅干よりも甘い弱火で16分ぐらいグツグツ煮て、しっとりしたような感じに出来上がったので「去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!さあご飯に盛って食べよう。」と、うざい恥の上塗りしながら悪名高い電気ジャーを開けたら、炊けているはずのモンゴル料理屋のメニューにありそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
アフガニスタン・イスラム共和国の伝統的な踊りしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わいはサーバをとりあえず再起動するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。アヴドゥルなにか言ってやれ。最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」と千枚通しで押し込まれるような声でつぶやいてしまった。
しかし、97分ぐらい首吊りされた時のArrayにも似た影分身しながらどちらかと言えば『アウト』な頭で冷静に考えたら、お米をそれはそれは汚らしい叫び声で訴訟しながら研いで何かわけのわからない電化製品的なものに黒い陰謀しながらセットした記憶があったのだ。
突撃取材するかのように92分間いろいろ調べてみたら、なんかキモいブラウン管テレビの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、スネークしたかと思うほどにご飯を炊く気力が急遽増刊するほどになくなった。
茄子と挽肉のカレーは一晩おいて明日食べるか。

サラリーマンをなめんじゃねぇ!!

カレー | 2020/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク