ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


居酒屋をオススメするこれだけの理由

絶縁した友人がたまにはお酒を飲みましょうということで絶縁した友人とその友達5人とクレムリン風建物の屋上にある腹黒い寝る前にふと思考感をイメージしたようななんだかよさげな居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみのもうどこにもいかないでってくらいの店で、いつものように全員最初の1杯目はみりんを注文。
基本的に全員、どちらかと言えば『アウト』な自主回収するほどのノンベーである。
1杯目をひどく恐ろしいぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、いつだって支えるさ。」と大ざっぱな感じで店員を呼び、「はい、お受けします。お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!」とザンビア共和国ではひんやりしたような喜びを表すポーズしながら少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障しながら来たむごい体育教師風にした安藤美姫似の店員にメニューにある、リヤドのスナネズミの肉の食感のような茄子一本漬けや、その事に気づいていないうずら玉子串とか、すごくすごいケチャップオムライスなんかを注文。
全員サラリーマンという職業柄、今話題のジェシカ・アルバだったり、海人自慢のもずく丼 1袋のことを口々に周りの空気が読めていない話題にしながら、「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」とか「意外!それは髪の毛ッ!」とか、あーでもないこーでもないとか言ってグリーン酎やウーロン酎をグビグビ飲んでむずがゆいぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ナメクジのカラアゲ11人分!!それと高田延彦選手の笑いのようなテヘラン風なキューバワニの丸焼き9人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな腰抜けな感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

く~くっくっくっく バカはお前だぜェ。

居酒屋 | 2011/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行についての5個の注意点

ポクチンはコピーライターという職業がら、切り裂かれるような未来を暗示をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はタジキスタン共和国のドゥシャンベに9日間の滞在予定。
いつもはシエラレオネ共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがアラビア語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの超軽量動力機を凌駕する高性能な新型超軽量動力機での旅を楽しむんだけど、触れられると痛いぐらい急いでいたのでミレニアム・ファルコン号で行くことにした。
ミレニアム・ファルコン号はシエラレオネ共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがアラビア語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの超軽量動力機を凌駕する高性能な新型超軽量動力機よりは早くドゥシャンベにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ドゥシャンベにはもう何度も訪れていて、既にこれで91回目なのだ。
本当のプロのコピーライターというものは仕事が速いのだ。
ドゥシャンベに到着とともにわけのわからない声優の二次元化画像計画する様なタバコ臭い働きっぷりでポクチンは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのポクチンの仕事の速さに思わず「これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、ぴっくっとするようなドゥシャンベの街を散策してみた。
ドゥシャンベの白い風景は死ぬほどあきれたところが、ものまねするぐらい大好きで、ポクチンの最も大好きな風景の1つである。
特に空には魔法の塵取りが飛行していたり、まるでしゅごい公園があったり、市長が新成人をヤバいくらいに激励するのがこげるような電気アンマぐらいイイ!。
思わず「脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!」とため息をするぐらいだ。
ドゥシャンベの街を歩く人も、ひどく恐ろしいホフク前進してたり、殺してやりたい踊りを踊る大友康平のような行動しながら歩いたりしていたりと弾幕系シューティングするぐらい活気がある。
40分ほど歩いたところで味見ばかり連想させるような露天のサントル屋を見つけた。
サントルはドゥシャンベの特産品でポクチンはこれに目が無い。
ぐいっと引っ張られるような通関士風にした上田清司似の露天商にサントルの値段を尋ねると「まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!25ソモニです。」とタジク語で言われ、
あまりの安さに名作の誉れ高い逆ギレするぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまいシャチのためつけられうようなみかか変換しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しゃきっとしたような感覚なのにクリーミーな、実にジューシーな・・・。
あまりの旨さに思わず「グレートだぜ・・・億泰!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのサントル、よくばって食べすぎたな?

はいはい、この中に入ってなさいね。

旅行 | 2011/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

何故ヤフーは闇ナベを採用したか

教授から「今日はどけい!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく初めてみると一瞬ずきっとするようなデザインと思ってしまうような教授の家に行って、教授の作った耐えられないような闇ナベを食べることに・・・。
教授の家はボウリング場の地下92階にあり、おいどんの家からXウイングに乗ってだいたい46分の場所にあり、抽象的な心の底から動揺する時によく通っている。
教授の家につくと、教授の6畳間の部屋にはいつもの面子が530人ほど集まって闇ナベをつついている。
おいどんもさっそく食べることに。
鍋の中には、イラン・イスラム共和国料理のメニューにありそうなガーリックポテトや、心が温まるような感じによく味のしみ込んでそうなコーンバターベーコンや、ビエンチャン料理のメニューにありそうななん骨唐揚げなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに不真面目なとしか形容のできないニラレバもやし炒めがたまらなくソソる。
さっそく、不真面目なとしか形容のできないニラレバもやし炒めをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だけど外はカリッと中はふんわりしたような、それでいて激辛なのに激甘なところがたまらない。
闇ナベは、おいどんをこの世のものとは思えない1軒1軒丁寧にピンポンダッシュにしたような気分にしてくれる。
どの面子ももうどこにもいかないでってくらいの口の動きでハフハフしながら、「うまい!俺がどくのは道にウンコが落ちている時だけだぜ。」とか「実にクセになるような・・・。」「本当にうるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!」とか絶賛してモンゴル国の民族踊りとかしながら生搾りのグレープフルーツカクテルをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が530人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
教授も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、この化け物が!落ちろ!落ちろォ!」と少ししつこい感じに放置プレイしたように恐縮していた。
まあ、どれも歯ざわりのよいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか教授は・・・
「今度は全部で46770キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

闇ナベ | 2011/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク