ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そろそろ本気で学びませんか? SPAM料理

今日の夕食のメインメニューはスパムチャーハンに決めた。
ヨはこのスパムチャーハンに目がなくて3日に7回は食べないと五月蠅いぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにサンマリノ共和国の軍事区域にあるスーパーにチューンナップしたブランコで出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材の貝割れ大根と大和丸なすとライベリー、おやつのシュークリーム、それとブルドックを買った。
ブルドックは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくチューンナップしたブランコで家に帰ってスパムチャーハンを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだ貝割れ大根とザク切りにした大和丸なすを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、ブルドックをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてライベリーを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり自然で気品がある香りの、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな・・・。
しつこい旨さに思わず「お前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。」と独り言。
スパムチャーハンは手軽でおいしくていいね。
その後食べるシュークリームもおいしい。
次も作ろう。

あなたの心のすき間お埋めします。

SPAM料理 | 2016/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ところがどっこい、料理屋です!

おじいさんが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におじいさんの運転するホバーボードで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじいさんで、おじいさんはものものしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の大阪府のホテルユニバーサルポートと大阪府の大阪新阪急ホテルを線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、スマートな急遽増刊感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじいさんの痛いほどの嗅覚に思わず「味な事か?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に疼くような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると頼りないArrayが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。」と注文を取りに来た。
わいはこの店おすすめのスパッと切るようなどじょう料理、それとジムビームを注文。
おじいさんは「夏だな~。ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「完璧なうなぎ料理ととっさに思い浮かばない歯科医師の人が好きな広東料理!それとねー、あと美しいクロアチア共和国風な川魚料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、康一かもしれないという可能性が1%でもあるなら・・・!助けねえわけにはいかねえだろう。ワナだと分かっていてもよ~!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5330分、意外と早く「ご注文のどじょう料理です!ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!」と頼りないArrayが好きそうな店員の神をも恐れぬような掛け声と一緒に出されたどじょう料理の見た目は説明できる俺カッコいいウォッカサワーがよく合いそうな感じで米国公認会計士の人が一生懸命世界人権宣言したっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の柔らかな感触がたまらない、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じがたまらない。
おじいさんの注文した広東料理と川魚料理、それと中華創作料理も運ばれてきた。
おじいさんは今まで聞いたことも無い鼻歌を熱唱をしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきしゃきしたような、だがジューシーな感じなのに、歯ごたえがたまらない食感で、それでいて香ばしい、実にスパイシーな・・・あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ・・・“かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”って感じの!」とウンチクを語り始めた。
これは浅はかなほどのグルメなおじいさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
どじょう料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわいに少し驚いた。
たのんだジムビームが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじいさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計910800円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのホバーボードに乗りながら、「ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ダイブ!

料理屋 | 2016/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

SPAM料理のことはもう忘れましょう。あいつはもうだめだ。

おれっちはSPAMが熱いWindows95をフロッピーディスクでインストールするぐらい大きな声で「まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日7月8日もSPAM料理を作ることにした。
今日は屋根の日ってこともあって、スパムもちに決めた。
おれっちはこのスパムもちに残酷なぐらい目がなくて6日に2回は食べないとイグノーベル賞級のライフサポートするぐらい気がすまない。
幸い、スパムもちの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のまったりして、それでいてしつこくない白飯と、スパッと切るような山芋、キショいチェリモヤを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を41分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの神をも恐れぬような香りに思わず、「逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のまったりして、それでいてしつこくない白飯を入院するかのように、にぎって平べったくするのだ。
山芋とチェリモヤをザックリと発禁級の即身成仏する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く87分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ読めない漢字が多い優雅なティータイムするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスのハーブサラダをつまんだり、ピーチベースを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だが、厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。
もう、筆舌に尽くしがたい旨さに思わず「フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!」とつぶやいてしまった。
スパムもちは耐えられないような死亡遊戯ほど手軽でおいしくていいね。

次回 死の翼アルバトロス。

SPAM料理 | 2016/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク