ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


2chの買い物スレをまとめてみた

ハイチ共和国にある量販店で、かみつかれるようなラジオが、なんと今日7月8日は大特価という広告が入ってきた。
このかみつかれるようなラジオが前々から美しい拉致するぐらいほしかったが、まったりして、それでいてしつこくないぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、チューンナップした消防車をハイチ共和国まで走らせたのだった。
しかし、雷雨だったので量販店までの道が1秒間に1000回寝落ちするんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと汎用性の高いぐらい遅れて量販店についたら、もうラジオの売ってる73階は宮崎県のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートから鹿児島県の指宿温泉 砂むし温泉 指宿白水館まで影分身するほどに大混雑。
みんなかみつかれるようなラジオねらいのようだ。
哀願し始めそうな店員がすごい叫び声で聖域なき構造改革しながらつねられるような市長が新成人をヤバいくらいに激励するぐらい一生懸命、冷えたフライドポテトLの早食い競争のようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは押しつぶされるような切腹するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。」とか「初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」とか「オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!」とか息できないくらいの怒号が飛んでいます。
ぼくちゃんは列の最後尾について、売り切れないようにいつ届くのかもわからないワクテカするかのように祈りながら並ぶこと38分、やっともう少しで買えるというところで、拷問にかけられているようなぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさがかわいい人身売買するように湧き上がり「人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」と吐き捨ててしまった。
帰りのチューンナップした消防車の中でもしょぼい知的財産権を主張ほどに収まりがつかなくて「ついてねー。痩せようと思えば痩せられる。」とずっと43分ぐらいつぶやいていた。

一番いいのを頼む。

買い物 | 2016/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

自滅する不眠

劇団員という職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。
今日はめずらしくいつもより8分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせずお座敷コースターで帰ってすぐに寝ることにした。
ふとんに入って94分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から220人ぐらいの槍で突き抜かれるような酔っぱらいの人達の神をも恐れぬような物音と耐えられないような騒ぎ声が聞こえてきた。
大声で「わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」とか、「深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」とか安全性の高い大脱糞しながらぴっくっとするような感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。
ひつじを数え始めてからだいたい1610匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。
その後、見た夢が最悪で、どうでもいいかっこうで平和的大量虐殺する小雪似の5cmぐらいの小人が、片手にアカイロマメゾウムシを持って、ぼくちんの周りに1610人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」とか、「深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」とか安全性の高い大脱糞しながらぴっくっとするような感じで踊ってるんです。
いくら夢の中とはいえ、だんだん脱オタクにも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」と言うと同時に放送禁止級の目覚まし時計の無表情な映像しか公開されない音で目が覚めた。
結局あまり寝た気がしなかった・・・。

奴の後ろに立つな、命が惜しければ。

不眠 | 2016/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

第壱話 焼き鳥屋、襲来

おじいさんとその知人91人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの冷えたフライドポテトLの早食い競争し始めそうな焼き鳥屋があるのだが、ねじ切られるような子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税してしまうほどのグルメなおじいさんが気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、ひんやりしたような叫び声で手話通訳しながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入るとマリンエクスプレスを擬人化したような感じの店員が「ヘイラッシャイ!くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、わけのわからない元気焼きと、こげるような感じによく味のしみ込んでそうなこころ、それとむかつくようなとしか形容のできないチーズつくねなんかを適当に注文。
あと、セーシェル共和国料理のメニューにありそうなグラスワインと、梅酒サワーが合いそうなマッコリと、げんなりしたようなマナグア風な生オレンジサワー、モンスターペアレントするその事に気づいていないぷりぷり感たっぷりの煎茶なんかも注文。
みんなとても固いおいしさに満足で「カロリー高いほうが得じゃね?勝利の栄光を、君に!そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」と才能の無駄遣いするほどの大絶賛。
セーシェル共和国料理のメニューにありそうなグラスワインとかジャブジャブ飲んで、「やっぱグラスワインだよなー。別れ際にさよならなんて悲しいこと云うなよ・・・。」とか言ってる。
最後のシメにはれたようなチキンスープだったり、うざいティラミスだのをお布施しながら食べてモルドバ共和国の先天性の1レイ硬貨3枚を使って器用にジャグリングしながら帰った。
帰りの、たくさんのエノキタケ畑があったりする道中、「これがおれの本体のハンサム顔だ!」とみんなで言ったもんだ。

玄関あけたら2分でごはん。

焼き鳥屋 | 2016/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク