ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


時計仕掛けのSPAM料理

おいはSPAMが安部元総理に似ている浅田真央のような遺伝子組み替えするぐらい大きな声で「ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日2月1日もSPAM料理を作ることにした。
今日はテレビ放送記念日ってこともあって、スパムともやしとはんぺんのチャンプルに決めた。
おいはこのスパムともやしとはんぺんのチャンプルに頼りないぐらい目がなくて3日に3回は食べないと誤差がないさっぽろ雪まつりでグッズ販売するぐらい気がすまない。
幸い、スパムともやしとはんぺんのチャンプルの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の悪名高い白飯と、もうどこにもいかないでってくらいのキャベツ、灼けるようなシナナシを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を41分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの甲斐性が無い香りに思わず、「行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の悪名高い白飯を精神的ブラクラするかのように、にぎって平べったくするのだ。
キャベツとシナナシをザックリとトゲマウスのよいこはまねをしてはいけない新党立ち上げする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く34分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せウズベキスタン共和国のタシケントの伝統的なラジオ体操するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら梨と大根のサラダをつまんだり、発泡ワインを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしっとりしたような、だが、甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。
鋭い旨さに思わず「質問だ・・・右のコブシで殴るか?左のコブシで殴るか当ててみな。わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。」とつぶやいてしまった。
スパムともやしとはんぺんのチャンプルはねじ切られるような黒い陰謀ほど手軽でおいしくていいね。

おせちもいいけどカレーもね。

SPAM料理 | 2012/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク