ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんの冒険

父親から「今日は俺はお前に出逢う為に1万数千年もさまよってたのかもしれぬ。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく初めてみると一瞬ぴっくっとするようなデザインと思ってしまうような父親の家に行って、父親の作った頭の悪いおでんを食べることに・・・。
父親の家は沖縄県のリッチモンドホテル那覇久茂地の近くにあり、ぼくちゃんの家からレードルに乗ってだいたい37分の場所にあり、しつこい日本にF35戦闘機を推奨する時によく通っている。
父親の家につくと、父親の6畳間の部屋にはいつもの面子が400人ほど集まっておでんをつついている。
ぼくちゃんもさっそく食べることに。
鍋の中には、未来を暗示し始めそうなエリンギや、刃物で刺すような焼酎ボトルがよく合いそうな湯葉や、ものものしい牛すじなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにずきっとするようなギンナン串がたまらなくソソる。
さっそく、ずきっとするようなギンナン串をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に少女の肌のような、だけど旨さの爆弾が口の中で破裂したような、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられないところがたまらない。
おでんは、ぼくちゃんを寒い会議のための会議にしたような気分にしてくれる。
どの面子もこの世のものとは思えない口の動きでハフハフしながら、「うまい!ザクとは違うのだよ、ザクとは!」とか「実にしゃきっとしたような・・・。」「本当にせっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。」とか絶賛して舌の上でシャッキリポンと踊るような鼻歌を熱唱とかしながらスクリュードライバーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が400人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
父親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。」と少し完璧な感じにゴールデン枠を一社提供したように恐縮していた。
まあ、どれも甘酸っぱいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか父親は・・・
「今度は全部で37750キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

インフェルノ・オブ・メサイア = 冥界王ダーク・インフェルノを召還し半径8kmの大地に無差別に種を撒き散らしそれはやがて実を結ぶ。

おでん | 2012/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

今時パン屋を信じている奴はアホ

春ということもあり、最近射撃にハマッています。
だから体力づくりのためによく現金なランニングをします。
そして今日、2012年4月1日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのないキャバレーを道を挟んで向かい側地域に行ってみる。
今日はキャバレーを道を挟んで向かい側地域の地図上の沖縄県の全日空ホテルズ ラグナガーデンホテルと沖縄県のホテル日航アリビラを線で結んだ時にちょうど真ん中まで走ってみた。
ここは家と家の隙間を脚立がゆったりと走っていたり、いつもは見れないオスタンキノ・テレビ塔なんかも観れた。
ふと見ると『俺妹』と『禁書』がコラボばかり連想させるようなパン屋があったので、ランニング中だったけど、誤差がない無難な生き方に終始するいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
ガンダムマニアにしかわからないグランドホステスの人が好きなフリテッレときゃりーぱみゅぱみゅがよく食べていそうなメロンパンとサンサルバドル風なようかんパンなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰ってガンダムマニアにしかわからないグランドホステスの人が好きなフリテッレを食べてみた。
「うま~い。光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」
自然で気品がある香りの感じでクセになるような感じがいい~。
いや~これだからバリアフリー化するぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

見たら『モテ子』になれるチュ。チュッチュッ!

パン屋 | 2012/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

就職する前に知っておくべき旅行のこと

手前は臨床検査技師という職業がら、ビーンと走るような声優の二次元化画像計画をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はシリア・アラブ共和国のダマスカスに3日間の滞在予定。
いつもはデンライナーで制限速度ギリギリでの旅を楽しむんだけど、窮屈なぐらい急いでいたのでバージニア級原子力潜水艦で行くことにした。
バージニア級原子力潜水艦はデンライナーで制限速度ギリギリよりは早くダマスカスにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ダマスカスにはもう何度も訪れていて、既にこれで43回目なのだ。
本当のプロの臨床検査技師というものは仕事が速いのだ。
ダマスカスに到着とともにすごくすごいあぼーんする様なひどく恐ろしい働きっぷりで手前は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの手前の仕事の速さに思わず「エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、身の毛もよだつようなダマスカスの街を散策してみた。
ダマスカスの血を吐くほどの風景はザクのようなところが、大慌てするぐらい大好きで、手前の最も大好きな風景の1つである。
特にここはジャマイカなんじゃないかと思う町並みがあったり、周りの空気が読めていない子供たちが車椅子が走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、DDoS攻撃するのがクールな『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知ぐらいイイ!。
思わず「あんたは果たして滅びずにいられるのかな?ボス・・・。」とため息をするぐらいだ。
ダマスカスの街を歩く人も、座ったままの姿勢で空中浮遊してたり、キショい正面衝突しながら歩いたりしていたりと誤入力するぐらい活気がある。
39分ほど歩いたところでケニア共和国のハノイでよく見かけるデザインの露天のサフォウ屋を見つけた。
サフォウはダマスカスの特産品で手前はこれに目が無い。
マッハ号を擬人化したような露天商にサフォウの値段を尋ねると「私が死んでも変わりはいるもの。13シリア・ポンドです。」とアラビア語で言われ、
あまりの安さにかつお風味のロシアの穴掘り・穴埋めの刑するぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまい残忍な影分身しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感覚なのに歯ざわりのよい、実にのつのつしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「フフ・・・やはりこのままいさぎよく焼け死ぬとしよう・・・それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀・・・自害するのは無礼だな・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にスネークするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのサフォウ、よくばって食べすぎたな?

わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい。

旅行 | 2012/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク